しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で、豊かな日常生活を目指します

ふるさと納税

【2018年6月現在】ふるさと納税で米20kgもらえる自治体のまとめ

2018/06/28

ふるさと納税の返礼品が到着

先日、佐賀県大町町にふるさと納税しました。15000円の寄付で20kgのお米がもらえるんです。最近、ワタシが弁当を持参して会社に行っているせいか、米の減りが早くて気が付くと米の在庫が少なくなっていました。

当時は楽天お買い物マラソンも開催中の時期でしたから、ちょうどよい機会と思い、いつもどおり楽天市場からふるさと納税。

返礼品で米20kgを頼んだのは今年2回目のこと。前回は和歌山県北山町のふるさと納税でした。

返礼品の縮小進む

以前、米20kgの相場は寄付金10,000円だったんですよね。ただ、最近はこんな高還元率のふるさと納税は少なくなってきました

最近は寄付金10000円だと返戻品は米15キロが相場のようです。うむ、昔はお得で良かったですねえ。

今回は致し方なく、15,000円の寄付で20kgの米がもらえる佐賀県大町町のふるさと納税を選んだわけです。

発送予定が先のものがほとんど

実は、一部で10,000円で米20kgがもらえる自治体もあるんです。しかし、高還元率である一方で、発送予定が秋以降のものばかり。

我が家の場合はすぐに米がないと困るわけなので、秋まで全然待てません。

ということで、少々高くても仕方がない、すぐにでも返礼品として米がもらえる自治体はないかと探し当てたのが佐賀県大町町だったのです。

佐賀県大町町の返礼品の中身

ということで佐賀県大町町の返礼品の中身です。袋のカラーはブラックでとても斬新ですね。表には「一等米」と大きく描かれています。

さがびよりは佐賀県オリジナルのブランド米。日本穀物検定協会では平成22年から7年連続で「特A」評価を受けています。

特徴は、つやがよく食感はもっちりしていて時間がたってもおいしい、とのことで、これは早く食べてみたいものです。

今回は20キロ分ということで5kg入りが4つに分けて納品してくれました。申込から一週間弱、とても早い対応はありがたいです。当面米不足からは解放されそうです。

米がお勧めなふるさと納税

ということで質よりも量にこだわる我が家ではありますが、寄付金1万円で20kgの米を返礼品としている自治体も少しだけ残っています。

寄付金1万円で20kgの米を返礼品としている自治体

  • 長崎県阿南町(あなんの誉)*受付停止中
  • 茨城県境町(4種食べ比べ)
  • 香川県三木町(香川県産ひのひかり)*
  • 千葉県長生村(千葉県産ふさこがね)
  • 茨城県河内町(茨城県産コシヒカリ)*
  • 岡山県総社市(そうじゃのお米)

ふるさと納税サイトふるさとチョイスより抜粋

秋以降に発送予定のものもありますが、すぐに返礼品が欲しい場合は、香川県三木町か茨城県河内町をチョイスするとよいと思います。

ただ、長崎県阿南町のように受付停止中のものも散見されます。お得な返礼品は早く在庫がなくなるケースもありますので早めに申し込むか、先を見越して今から秋の発送に向けて寄付をしてくほうがベターでしょう。

ふるさと納税を上手に活用しよう

ということで最近のふるさと納税事情について感じたことをまとめてみました。

昔に比べたら規制がかかりつつある返礼品ですが、それでも十分に家計が助かっていますからありがたい制度です。おかげでこの2年間米を自腹で買ったのは1回だけです。

今回の記事は2018年6月現在のものです。返礼品の内容や注文不可は日々変動します。ふるさと納税の中には期間限定の返礼品もありますし、日ごろから情報収集に努めたいものですね。

せっかくふるさと納税をするなら少しでもお得なほうがいいですよね。楽天市場ならふるさと納税で楽天ポイントが付与されます。

ふるなびでふるさと納税をするとAmazonギフト券がもらえます。

 

-ふるさと納税