しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

スマホ

Galaxy S9(SCV38)とS9+(SCV39)のどちらを買うか比較してみた

2019/01/20

次の乗り換え先はUQモバイルが候補に?

いまだに次のスマホの乗り換え先を迷っておりまして。そんなこんなで契約更新月25か月目の1月が過ぎちゃうよ、と少々焦り気味な日々を過ごしております。

で、現時点ではUQモバイルが有力なんですけど、その場合に、考えておかなければいけないのが使用するスマホ。

え?SIMフリー端末で十分?

スマホセットのiPhoneを使えばいいじゃん!

そんな声も聞こえてきそうです。

確かにSIMフリーの端末って値段は安いんですよ。キャリアも選びませんしね。

でも特徴がないというか、面白みがないというか。

スマホセットにしても、iPhoneSEとかiPhone6sとか何年前の機種だよ?って感じで。値段も安いんですけどね、そんな古い機種、使ってられっか、という感じです。

スマホって、日々ワタシと帯同するツール。そう、まさに相棒のようなもので、うちのヨメよりも一緒にいる時間が長いんです。

そう考えると、SIMは安いものを使っても、スマホはハイスペックでかっこいい機種を選ぶのって理屈にあってると思うんですよね。

UQモバイルの場合、安心して使える白ロム端末と言えば、やはりGalaxyシリーズ

慰安婦問題、徴用工問題など最近の韓国政府の行動は理解しにくいものがありますが、スマホだけは別。Galaxyシリーズはandroidスマホの中でも秀逸だと思うんです。

Galaxyシリーズに馳せる想い

ねー、これ買ってえ、うちの娘(小学1年生)にせがまれるのがGalaxyNote9。

そうそう、このCMね。あのSペンていいよねー。みんなで写真取るときは遠隔でボタンを押せるし。確かにカッコいいし、憧れます。

でも、CMにあるような全体写真をスマホで撮る機会って年間何回あります?

スマホをメモ代わりに使うか?うん、多分数カ月で飽きるでしょうな。

しかも値段も高い。楽天市場で見ても未使用品で11万円オーバーです。

ということでワタシが視野に入る機種はGalaxyS9またはS9+のどちらかとなるわけです。

S9とS9+スペック比較

ではGalaxyS9(SCV38)とGalaxyS9+(SCV39)のどちらを買うか、とても悩ましいところです。

まずはスペック比較。

種別 Galaxy S9
(SCV38)
Galaxy S9+
(SCV39)
キャリア au
販売時期 2018年夏モデル
OS種類  Android 8.0
CPU Snapdragon 845 SDM845
CPUコア数 オクタコア
ROM 64GB
RAM 4GB 6GB
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
バッテリー容量 3000 mAh 3500 mAh
最大待受時間 約400時間 約430時間
インターフェース USB Type-C
外部メモリ最大容量 400 GB
画面性能
画面サイズ 5.8 インチ 6.2 インチ
パネル種類 Super AMOLED
画面解像度 2960x1440
ネットワーク
データ通信サービス 4G LTE/WiMAX 2+
下り通信速度 958Mbps
Bluetooth Bluetooth 5.0
テザリング対応 
LTE対応
NFC対応 
無線LAN規格 802.11 a/b/g/n/ac
カメラ
背面カメラ画素数 約1220万画素 約1220万画素
複数レンズ -
前面カメラ画素数 約800万画素
4K撮影対応 
撮影用フラッシュ
手ブレ補正
スローモーション撮影
その他
耐水・防水機能 IPX5/IPX8
イヤホンジャック
ワンセグ
ハイレゾ
おサイフケータイ
認証機能 指紋/顔/虹彩認証
フルセグ
GPS機能
ワイヤレス充電
センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
ホールセンサー
照度センサー
近接センサー
気圧センサー
バロメーター
心拍センサー
サイズ・重量
幅x高さx厚み 69x148x8.8 mm 74x158x8.9 mm
重量 161 g 187 g
カラー
チタニウム グレー
ミッドナイト ブラック
ライラック パープル

両者に共通しているのはSoCは高性能なスナドラ845を搭載。高解像度・AMOLEDでキレイな画面が楽しめそうです。

スペックの違い

  • SCV39はデュアルカメラ
  • SCV39のメモリ6GB
  • SCV38のほうがサイズ、重量ともにコンパクト

大きな違いはスペックの高さ。SCV39のほうがメモリ、バッテリ容量などSCV38よりもハイスペックとなっています。ただ、これは画面がSCV38よりも大きくなっているためなので、結局はサイズ感の違いをどう考えるかによりますね。

SCV39で良いのはカメラ性能。広角、遠隔のデュアルカメラ搭載。カメラ性能にこだわるならSCV39にするのも手かもしれません。

値段はSCV38に軍配

価格はSCV38のほうが安いです。その差は約3万円程度。SCV38は前モデル(Galaxy S8)とほぼ同額まで値下がりしているので、価格で選ぶならSCV38のほうですね。

SCV38とSCV39の売れ筋は?

カカクコムによれば、SCV39のほうが上位にランクインしているのですが、先日、某家電量販店の店員さんに聞いたところ、SCV38のほうが売れているとのこと。

やはり、本体の持ちやすさ、手ごろな値段、スペックも大きな差がないといったところが評価されているとのことです。

最後に

ということで、galaxyS9(SCV38)とS9+(SCV39)の違いをまとめてみますとこんな感じでしょうか。

Galaxy S9+(SCV39)向きの人

  • カメラの性能に徹底してこだわりたいひと
  • 大きめの画面にこだわりたいひと

Galaxy S9(SCV38)向いている人

  • コンパクトさ、持ちやすさを重視したい人
  • スマホを安く手に入れたい人

お金持ちの人は両方買っちゃいましょう。ワタシは時間ギリギリまで楽しみながらゆっくり考えたいと思います。

-スマホ