レストラン

超お得?Go To Eatキャンペーンとは何?その概要をまとめてみした

GoTo Eatキャンペーンがいよいよ実施へ

少し前の話になりますが、GoToEatキャンペーンの詳細が発表されました。

GoToトラベルは、世間の評判では失敗に終わった…なんていう声もありますけど、開始から1か月程度で400万人が利用したとのこと。

一番の問題点は、何が失敗で何が成功なのか、判断基準が明確化されていないことだと思うのですが、今のところは、やらないよりはやったほうが良かった、という評価が妥当でしょう。

で、この次に控えるのGoToイートキャンペーン

先日のブログでは、GoToイートキャンペーンが延期になったことを記事にしました。

今日はこのGoToEatキャンペーンとは一体どんなものなのかについて、簡単にまとめてみることにします。

GoToEatキャンペーンの概要
・GoToEatキャンペーンとはコロナ禍で頑張る飲食店を応援するキャンペーン。
・プレミアム付商品券かオンライン飲食予約でお得に食事が楽しめる
・今回、キャンペーンを主催する事業者が決定
・東京は現時点で対象外。ただし、二次募集あり

では詳しく見て行きましょう!

GoToEatキャンペーンの概要

そもそもGoToEatキャンペーンとは何か?GoToEatキャンペーンの説明については、農林水産省のホームページに以下のような記載があります。

「Go To Eatキャンペーン事業」は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う外出の自粛等の影響により、甚大な影響を受けている飲食業に対し、期間を限定した官民一体型の需要喚起を図るものです。

すべてのお店が対象となるわけではなく、国が定めたガイドラインに従って対策を講じている店舗であることが最低限の条件となります。

Go To Eatキャンペーンに該当するお店はまだ決まっていません。近々、募集を開始するとのこと。

Go To Eatキャンペーンって何?

Go To Eatキャンペーンとはどのようなキャンペーンなのでしょうか。

一言で言うと、割引を受けられるクーポンを事前購入することで、私たちはお得に外食を楽しめる、というものです。

このクーポンは大きく分けてふたつあります。

・プレミアム付き食事券
・オンライン飲食予約

なお、テイクアウト、デリバリー、ケータリングは対象外とのことなので注意が必要です。

プレミアム付食事券

プレミアム付食事券は、事前に食事券を購入する方法です。

プレミアム付食事券の概要
・購入額の25%分を上乗せされる
・1セット1万2500円を1万円で購入できる
・購入制限1回の購入辺り2万円分
・おつりでない

販売は2021年1月末まで、有効期限は3月末までとのことです。

オンライン飲食予約

オンライン飲食予約は、専用予約サイトで予約して来店した場合にポイントがもらえる仕組みです。

・ポイントは次回以降に利用できる
・昼食時間帯は500円分、夕食時間帯(15時以降)は1000円分のポイント
・ポイント付与の上限は1回の予約当たり10人分(最大10000円分)まで

プレミアム付商品券同様に販売は2021年1月末まで、有効期限は3月末までとのことです。

事業者が決定も東京は対象外

8月25日にオンライン予約事業者、食事券発行事業者が決定されました。

オンライン予約事業者とは、ぐるなびとか一休とか、予約サイトを展開している事業者のこと。オンライン飲食予約事業者は、18件の応募があり、13件が採択されました。

食事券発行事業者とは、プレミアム付食事券を販売する事業者です。食事券発行事業者は、33府県35件が採択されていて、県単位での利用が可能となります。現時点では東京は対象外となっています。

ただし、今後も二次募集があるとのことです。

東京23区はほかの都道府県に比べてもさらに厳しい営業時間制限を食らっていることから、このキャンペーンに申し込まない理由はないと思うのですがね。

GoToトラベルのように安易に対象外としないでもらたいものですわ。

最後に

ということで今日はGoToEatキャンペーンの概要についてまとめてみました。

今回のGoToEatキャンペーンにあわせて店舗独自のポイントも上乗せができるようのですので、そのあたりにも期待したいです。

普段ワタシはお昼はお弁当なんです。これが一番節約できるもので。

でもGoToEatキャンペーンでお得にランチができるのなら、その期間は外食して何かの手助けをしたいと思いますね。

今後のGoToEatキャンペーンに注目です!

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。