節約家族旅行

【超お得!】お得な旅行ができるGoToTravelについて調べてみた!

今日はGoToTravelキャンペーンについてまとめてみます。

おはようございます。うえつん@しがないサラリーマンです。

そろそろ夏休みに向けて旅行の計画を立てている家庭も多いんじゃないでしょうか

でもね今年は例年の夏休みと事情が違いますよね。

  • コロナウイルス感染懸念
  • 小中学校は夏休み期間短縮
  • コロナウイルスで収入減や支出増

我が家も変則的な時差登校で民間の学童などを使わざるを得なくなって…

ワタシ

すんごい支出が増えましたわ(涙目

でも、せっかくの夏休みぐらい、コストは二の次、家族みんなで楽しい旅行に行きたいところ。

そんな可能性があるのが、今年の夏から開始となるGo To Travelキャンペーンというものです。

Go To Travelキャンペーンとは

旅行業者等を経由で、期間中の旅行商品を購入した消費者に対し、代金の2分の1相当のクーポン券等を付与するキャンペーンのことを言います。

Go To Travelキャンペーンのクーポン券は最大1人2万円が上限とされます。

もしも旅行に行くなら活用しない手はないですよね。

ということで今日はGo To Travelキャンペーンについてまとめてみることにしました。

Go To Travelキャンペーンの概要

Go To Travelキャンペーンのポイントは以下のとおりです。

キャンペーンのポイント
  • 対象エリアは日本全国
  • 旅行会社が販売する旅行商品、宿泊予約サイト、宿泊施設直販予約システムで販売する宿泊プラン
  • 対象は日帰り、宿泊両方
  • 補助金額は旅行代金の最大半額(補助金はの7割は割引。3割は現地クーポン)
  • 上限は一人1泊あたり2万円(日帰りは1万円)

コロナウイルス感染の終息が最優先されるところですが、一方で地方経済も相当な打撃を受けています。

国としても地方産業の活性化を図るために、官民一体の需要喚起キャンペーンを講じることになったわけです。

 

予算は1兆6千億円超とかなりの規模。すでに委託業者の公募も終了していますので、キャンペーン開始が待ち遠しい限りです。

Go To Travelキャンペーン利用の注意点

キャンペーン開始は8月以降

今のところ、キャンペーンの開始時期は不明です。

6月19日から県境を越えた行き来が可能になります。

当初は7月の上旬から開始、とも言われましたが、事業の立ち遅れのため、8月上旬からの開始が見込まれているようです。

でも、この時期だと夏休みの旅行には使えなそうね…

そうなんです。なので、小学生・中学生がいるお子さんの場合は、日程的に厳しそう。

9月以降に旅行に行けるような比較的自由に旅行に行けるご家庭向けのキャンペーンと言えるかもしれません。

旅行会社では特集を組んでいるウエブサイトも

詳細な内容はまだ分からないGo To Travelキャンペーン。一部の旅行会社ではすでにキャンペーンサイトを立ち上げています。

一番分かりやすいのはこちらのサイトでしょうか。

ネットのニュースだけではなく、こうした旅行会社のサイトを日々チェックするとキャンペーンに関する最新情報を入手することができるかもしれません

他のキャンペーンも続々実施へ

Go To Travelキャンペーン以外にも、観光需要の活性化と銘打って色々な補助事業が開始される見込みです。

Go To Travelキャンペーンなどと併せて利用することさらにお得に旅行が楽しめそうです。

最後に

ということで今日は、国が中心となって進めているGo To Travelキャンペーンについてまとめてみました。

我が家の夏休みには到底間に合わないので、できるなら秋以降の旅行に活用してみたいですね。

半額補助なら、普段使えないような高級な旅館に宿泊するのもありかもしれません。

Go To Travelキャンペーンの詳細は後日発表されるでしょうから、このブログでも引き続きフォローしていきたいと思っています。

それでは、また明日!

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください