節約家族旅行

実際にホテルに宿泊して感じたGoToトラベルの本当の問題点

某所に宿泊してきました!

先日のことですが、某所ホテルにて宿泊してきました。ちょっとした特別な事情もあって宿泊することになったのですが、このコロナ禍において実際にホテルに宿泊してみて感じた感想をまとめたいと思います。

実際にテレビやネットニュースで流れている情報を体感することができました。

  • ホテルのコロナ対策は万全
  • 客数もまばらでほぼ3密なし
  • 宿泊者のマスクの心がけが徹底

一方でGoToトラベルが失敗に終わったのでないか、という疑問も根強いのですが、この議論に、涙ぐましい努力をしているホテルや旅館が蚊帳の外になっているのが残念でなりません

ホテルのコロナ対策

宿泊先のコロナ対策については、旅館やホテルによって違いもあるでしょう。ワタシが宿泊した宿は、コロナ対策は万全な対応をしていました。

入館時の体温チェック

入館すると入り口にはサーモグラフィが設置されていました。当日は40度近い暑さだったせいか、体温が37.5度あると判断されました。が、非接触型の体温計を当てて再チェックされた結果、体調に問題はなく入館。

チェックイン時

チェックイン時は、フロントで指名を書くのではなく、記載台があり、ボールペンは消毒済み。

指名記載後にチェックイン。責任者の身分証明書の提示を求められました。

ホテルマンの身なり

ホテルマンの身なりですが、コロナ禍をかなり意識した仕様です。

  • 防塵用の眼鏡
  • マスク
  • フェイスシールド
  • 両手に使い捨て手袋

夏場の暑い時期にこれほどの重防備はとても大変です。とにかく絶対に感染しないという意思がひたひたと感じられました。

アルコール消毒があらゆるところに設置

エレベーターホールやエレベーターの中、共同風呂の脱衣所、トイレ、客室内などあらゆるところにアルコール消毒が設置されていました。

ホテル内、何本置いてあるのだろう、というぐらいの本数で、消毒薬に対する経費は相当なコスト負担になるはずです。

休憩室などの利用は禁止

宿泊したホテル内には日帰り温泉施設も併設されていたんですけど、休憩室やお食事処などは閉鎖中

各階の共同トイレも利用禁止となっていました。

これらは宿泊者には不便さを感じることはありません。あまり影響がない範囲。

ブッフェは手袋を付ける

朝食のブッフェはかなりルールが変わっていました。

  • 各テーブルにはアルコール消毒完備
  • 料理を取りに行く際は、マスクと使い捨て手袋を着用
  • 料理は小皿に盛られていたものを取る
  • 味噌汁、ごはん、パンなど配膳のための専用要員が付く

かなり手間がかかるルールなのですが、利用者は自覚があるのかきちんとそのルールを守っていました

また、消毒剤や使い捨て手袋の設置、料理の小分けなどコストも手間もだいぶかかるだろうという印象です。

小皿はおそらく枚数が足りないのでしょうね、ウエイターが「ごゆっくりどうぞ」と言いつつ、「食べ終わったお皿をお下げします」と頻繁に来るのが印象的でした。

実際に宿泊した感想

とにかく宿泊したホテルからは、

  • 来てもらったお客さんに最高のサービスをしよう
  • ホテルの従業員から感染させたり、感染しないという意思が伝わってきた。
  • ホテルの対応としては完ぺきだった。
  • 宿泊客もマナーを守り、みんなマスクをしていたし、混在するエレベータに乗り込んだりすることもなかった。

要は、このホテルで感染するってあり得ないんじゃないか…そんな気さえ思うようになりました。

GoTo トラベルは失敗だったか?

最近になって菅さんもテレビ出演される機会が増えたせいか、GoToトラベルが失敗だったのでは、という話題で持ちきりです。

私もこの政策は失敗だったと思います。

制度自体がとても複雑で見切り発車。途中で東京都民が対象から外されたり、予約キャンセル代負担などの方針もコロコロ変わったりしていました。

観光や宿泊喚起のため、急がなければならない事情もあったのでしょうが、制度設計はきちんと行わなければ混乱を招くばかりです。

ホテルの宿泊旅行のほうが安全では?

今回のホテルの対応をみてもとても素晴らしく感じました。

この対応と比較すると、市中のスーパーマーケットや毎日の通勤ラッシュのほうがよっぽど3密です。

テレビでは相変わらず感染者数のニュースばかり放送されています。

マスメディアにまともな放送を望むのは無理です。私たちもそんな煽りに振り回されることなく、日常生活を取り戻すことが最優先課題です。

こんなにホテル業の人々が歯を食いしばって頑張っているのに、報われないでいる今の状況がとても納得できないのです。

国、地方、都心、田舎、若者、高齢者…さまざまな対立軸が生まれて久しいですが、そろそろ国民全体が一致団結しないと本当にヤバいんじゃないの?という感じです。

最後に

ということで今日はコロナ禍におけるホテルの対応についてまとめてみました。

感染リスクか経済か、地方が悪いのか国が悪いのか…そんな議論の蚊帳の外で、一番被害を受けているのがホテル・観光業の方々であることをわすれてはならないでしょう。

 

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。