しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

お得な子ども向けプール

平和島公園プールは格安で一日楽しめておススメ!夏場の混雑度やアクセスなど

2018/07/26

平和島公園プールに行ってきました!

先日の記事では平和島にある平和の森公園フィールドアスレチックに行ったという記事を書きました。

今日はそのアスレチックに隣接する平和島公園プールに行ってきました。夏休み前で空いていると思ったんですが、それはもうスゴイ混んでいて、地元住民を中心に人気のプールのようです。

今日はこの平和島公園プールについてレビューします。

平和島公園プールのアクセス

マイカーで行く場合は、首都高速1号羽田線で上りは平和島ランプより都道316号線経由で約5分、下りは鈴ヶ森ランプより国道15号線経由で約8分のところにあります。

京浜急行平和島駅下車徒歩約15分、JR大森駅東口から森ヶ崎行きバスで平和島駅下車徒歩約5分です。

平和島公園プールの駐車場

平和島公園プール周辺には駐車場がいくつもあります。一番混雑するのは平和島公園プールに隣接した駐車場で、朝10時前には満車になってしまいます。

ここが満車で入庫できない場合は、少し離れてしまいますが、平和島ポンプ場に隣接する駐車場か、平和の森公園フィールドアスレチックに隣接する駐車場に停めるのがベストな選択になります。少々歩きますけど30分100円と料金設定も同額で、こちらのほうが比較的空車になっていることが多いです。

平和島公園プールの概要

いつも写真をバシバシ撮るワタシですが、さすがに今回は写真撮影できませんでした。平和島公園プール公式ホームページとともにご紹介したいと思います。

プールは全部で4つ

平和島公園プールは多く分けて2種類のプールがあります。

ひとつは室内プールで25mプールと深さ40cm程度の幼児プールがあります。この二つのプールは冬季もやっている温水プールなのだそうです。

もう一方は夏季限定の室外プール。水深40cmから80cmの子ども用プールと50mプールです。50mプールは身長140cm以上が条件となりますので、小さいお子さんは子ども用プールメインであそぶことになります。

遊具には制限多し

プールと言えば、いろいろな遊び道具を持ち込みたくなるもの。

でもこのプールでは浮き輪以外ほとんどが持ち込みを禁止されています。水鉄砲、ビーチボールなどは全面利用禁止です。また、浮き輪も子ども用プールだけの利用となります。

まあ、夏場は混みますからね、残念ですがルールは守りましょう。

1時間に10分の休憩あり

公営プールってなぜか知りませんけど、1時間に10分程度の休憩時間があることが多くないすか?

何の目的で設定されているか分かりませんけど、このプールも例外ではないようで。この10分が結構暇なんですよね。休憩時間を利用して水分補給とかかき氷を食べて力を溜めましょう。

入れ替え制はなし

公営プールにありがちなルールの一つとして完全入れ替え制があります。かなり前にご紹介した萩中公園プールは2時間完全入れ替え制でした。なので、水に慣れたころに、はいおしまい、なんて感じで不完全燃焼になることが多いんですよね。

でも、平和島公園プールは入れ替え制ではないので、その分、朝から晩まで時間を気にせずに遊ぶこともできるのがよいですね。

平和島公園プールの評価

利用料金は激安

平和島公園プールのメリットは利用料金。大人360円、子ども100円と超激安で、親子二人ワンコインで楽しめちゃいます

ロッカー代金も無料なので小銭もかかりません。ただ、ロッカーは靴箱と勘違いするぐらい小さいので、大きな荷物はロッカーに入りません。そのときは入場券を渡す係員に申し付けることで大きな荷物を一時保管してくれるそうです。

プールとしての楽しみはやや劣る

基本、プールには滑り台が3本あるだけで他は普通のプールです。流れるプールなどもありませんのでアミューズメントとしての楽しさはやや欠けます。

夏場は激込み

このプールの定員は1800名とのことですが、夏場は超激込みとなります。特に屋外の子ども向けプールはまさにイモ洗い状態。水浴び程度に思っておいたほうが良いと思います。

休憩場所が少ない

日陰の場所、ベンチなどの休憩スペースが少ないです。なので、レジャーシートなどを持ち込むことをおすすめします。

売店はあるがメニューが少ない

ネットの口コミを見ても売店のメニューが少ないとのこと。ワタシは、200円のかき氷を食しただけで満足だったのですが、朝から1日気合を入れてこのプールで過ごしたい場合は、食事などは持参したほうがよいでしょう。

最後に

ということで平和島公園プールについてまとめてみました。

これ以外にも詳しい利用ルールや利用期間などがありますので、平和島公園プールの公式ホームページをご覧ください。

総評としては小さなお子さんの水遊びをさせるつもりで行く分には満足できるでしょう。大人も50mプールを利用できるので親子そろって激安で楽しめる施設だと思います。

夏休みの場合は相当混雑します。ただ、コストも安く家族全員で楽しみたい家族にはお勧めできる平和島公園プール。みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか。

 

-お得な子ども向けプール