節約

HELLO CYCLINGを実際に使って感じたメリットとデメリット。ユーザさんからいただいた評判や感想など

HELLO CYCLING(ハローサイクリング)を予約してみた

*注 2019年10月14日記事更新
 修正・リライトした結果、本記事のタイトルを以下のように見直すこととしました。 詳細はこちらの記事にも書いていますのでご確認ください。

ハローサイクリングで色んな意見をいただいたので記事を見直してみた ハローサイクリングの記事がアクセス上位を記録した結果 先日から我がブログの最近の動向ですが、ハローサイクリングの記事がアクセス上...

*‐---------------------------

ということで昨日の続き。

HELLO CYCLING(ハローサイクリング)もアカウント登録も行い、スマホから利用の予約もできた。ということであとは自転車を借りるだけ、ということでステーションに向かいました。

ここまでの経過についてまだお読みいただいていない方はこちらを先にご覧ください。

HELLO CYCLINGレビュー~予約方法や料金など使い方のまとめHELLO CYCLING(ハローサイクリング)とは? HELLO CYCLING(ハローサイクリング)とはいわゆる「シェアリ...

ここまでの登録があまりに簡単で、「このビジネスモデルすげえ」と思っていたのですが、 借りた当時は レンタルしてみたらまったく期待外れでした。

今日はHELLO CYCLING(ハローサイクリング)を使ってはいけないと、借りた当時に感じた理由をまとめてみます。

ワタシがHELLO CYCLING(ハローサイクリング)をおすすめできない理由

フル充電かどうか確認できない

2019年9月現在、アプリがバージョンアップされ、バッテリ状況が遠隔から確認できるようになりましたのでこの問題は改善されています。

ただ、サービスが始まった当初は、スマホアプリからアプリ上からはフル充電になっている自転車はどれかは確認できませんできませんした

なので、予約した電動アシスト自転車のバッテリーがゼロだったことが現地で初めて気づく、なんてことが普通にあったわけです。

実際にワタシがレンタルした自転車は充電切れの状態で、坂道も全然アシストしてくれないし、自転車こぐのに汗だくになってしまいましたよ。

つながりにくいコールセンター

FAQによると連絡予約した自転車のバッテリーがない場合、運営事業者に連絡してくださいと記載されています。しかし、このコールセンター、ほとんどつながりませんでした。

ワタシも実際電話して20分以上待たされましたが、結局電話で話すことができずあきらめることになりました。開始して間もないサービスとは言え、サポート体制は良いとは言えませんねえ。

運用事業者窓口が20時までのところも

HELLO CYCLING(ハローサイクリング)の利用は24時間いつでも…というアピールがされています。しかし、借りる自転車によってはコールセンターが20時までとなっているものもあります。

夜間利用中にトラブルが発生したらどうなるんでしょうかね。

ちなみに私は夜9時過ぎに通信エラーのトラブルに巻き込まれてしまい、コールセンターに電話しようとも夜9時ではなんの手立てもない状況に陥りました。

このような無人のサービスだからこそ、コールセンターの役割はとても重要になります。とにかくきちんとサポートをしっかりやれ、と言いたいです。

通信状態が悪いステーションも?

実際にワタシが出くわしたトラブルですが、ステーションに戻って、返却手続を行おうとマニュアル通りに操作を続けていったところ、最後に「通信エラーが出ました。運営事業者に連絡してください」と表示されました。

どうやら通信トラブルにより返却手続が行えないケースがあるようなのです。

ワタシの場合、すでにステーションのポートに自転車を返却しているのに、通信エラーによって返却手続が完了できず。利用していない時間帯の分まで利用料金に加算されてしまいました。

信頼性がいまひとつ

この手のサービスで最も大切なのは「信頼性」です。

このサービスではGPSなどの機能を備えたサービスですが、値段は安いけどトラブルが多い、とか、借りた自転車がいつも充電がないなどトラブル満載です。

無人だからこそきちんとトラブルに対処できないと信頼性も低下するだろうし、使いたいと思う人は激減すると思いますよ。

どうしてもHELLO CYCLEを使いたい場合

ということでHELLO CYCLING(ハローサイクリング)を使いたいと思うヒトは以下のことに注意してみては、と思います。

アプリでバッテリ状況を確認して予約する

先ほども申し上げたとおり、アプリ上でバッテリ状況を確認することができるようになりました。

なので、特に長時間利用する場合は、バッテリ状況をアプリで確認して予約することが望まれます

また、使う前には実際の自転車のバッテリ残量も確認しておきたいところ。

ステーションに設定されている自転車のハンドル左手にある四角いボックスの電源ボタンを押すと充電状況自力で充電状態が確認できます。 

できるだけ日中帯に使う

「24時間いつでも借りれる」というキャッチコピーを使っているものの、夜8時でコールセンターをクローズする運営主催者も存在します。

電動自転車の場合、いくら利用者自身で管理していも電気系統などやられるなど、不遇のトラブルに出くわすことが多々あります。なので、運営事業者に確実に連絡が取れる日中に利用するほうが無難と言えましょう。

今後のサービス向上に期待

ということでHELLO CYCLING(ハローサイクリング)についてまとめてみました。

HELLO CYCLING(ハローサイクリング) はレンタルするステーションごとに運営事業者が異なります。なので、すべての運営事業者のサービスが悪いとは言い切れません

HELLO CYCLING(ハローサイクリング) はアプリのバージョンアップなど、少しずつサービス改善がみられています。

ネットでの評価を見ても、レンタサイクルの返却方法などの課題も残っている模様です。 HELLO CYCLING(ハローサイクリング) がよりの使いやすくなるように期待したいですね!

それではまた!

 

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

POSTED COMMENT

  1. アバター M より:

    ハローサイクリングを使ってがっかりした者です。簡単に登録でき、日常的に短時間で使用してました。ある時返却作業がされていなかったとのことで8日間の連続使用分を請求されました…運営会社に問い合わせましたが、規約ですのでお客様の責任ですの一点張り。簡単に使えるからと気楽に使うと罠にはまりますね。かといって気楽に使えないのであれば意味がないので、私はもう使わないと決めましたが。使う前にこのブログ記事に出会いたかったです。

    • Mさん
      コメントありがとうございます!
      ワタシが使ったのはこのサービスが始まった直後だったので、時間とともに運営もこなれてくるかな、と思っていたのですが、あまり変化がなさそうですね。
      基本無人のサービスなので重要なのは信頼性だと思いますが、このあたりが改善しないと普及は難しそうですね!
      ワタシも当分は利用を控えようかな?

      今後ともよろしくお願いします!

  2. アバター りゅ より:

    私も夜中に返却エラーに悩まされましたが、時間と場所と状況がわかる動画を、サポセンにメールして乗り捨てて
    後日電話やりとりして、解決でしたよー

    • りゅさん、コメントありがとうございます!
      そのような解決策もあるのですねー。参考になります。
      ただ、できればそのようなエラーが出ないような対策を運営事業者に進めてもらいたいところですが。
      今後ともよろしくお願いします!

  3. アバター 匿名 より:

    絶対に~みたいなタイトルで釣るブログは好きではありません。

  4. アバター ゆずこ より:

    私は数ヶ月に一度、駅から徒歩で15分くらいの場所に訪問する用事があり
    いつも二往復しなければいけないので面倒で困ってました。
    今日、まさにその用事の日。
    1往復目にこのシェア自転車を見つけて
    次の往復で使ってみようか思案中、
    こちらの記事を見つけました。
    予約する際の注意点が役にたちました!
    充電を確認してから借りてみたいと思います。返却時のトラブルも注意します。
    こちらのブログに感謝です。

    • ゆずこさん
      コメントありがとうございます!お役立ちになれたようで光栄です(^o^)

      この記事を書いてからかなり日も経っているので最近はサービスも改善されているかもしれませんが、利用にあたってはいろいろとお気をつけいただければと思います。

      今後ともよろしくお願いします!

  5. アバター 匿名 より:

    アプリで電池残量が確認できるようになってますね。運営がこのブログを見たのでしょうか(笑)
    今後の進化にも期待します

  6. アバター 匿名 より:

    コールセンター営業時間外でも留守電に状況を吹き込めば後で対処してくれる。
    俺は鍵が閉まらなくなって返却できなかったことがあったけど翌日電話がかかってきてちゃんと対応してくれた。

  7. アバター 利用者 より:

    今は返却時にメールが来て、アプリでも返却完了していることが確認できます。
    また、返却ミスがあったかどうか、ステーションに置いてあって返却完了できていない利用者にはリマインド通知があります。
    こういう否定的なタイトルのブログで、誹謗中傷が目的ではないのなら、改善点で今はそういったことが軽減されている点も言及をお願いします。

    このサービスは、利用者が多いほうが返却場所にも空きができて、利便性が向上します。こうした否定的なタイトルで、利用者が減っては、利用者の迷惑です。偽計業務妨害罪の疑いもあります。
    釣り目的ではないのなら、あらためてもう一度利用し、ブログの更新をお願いします。

    • コメントありがとうございます!
      最近この記事のアクセスが急増していることもありますし、書いてからだいぶ時間も経過しているので、折を見て最近の使い勝手をレビューしたいですね。

      便利になったことは皆さんのコメントでよくわかりますよー。
      今後ともよろしくお願いします!

  8. アバター 匿名 より:

    そら誹謗中傷のたぐいの釣りタイトルならアクセス数も上がるわな
    いいぞもっとやれ

  9. アバター 4歳男の子のママ より:

    本日初めてhello cyclingを使った者です。画像付きでメリット、デメリットが詳しく書かれていて非常に参考になりました!ありがとうございました。個人的には、今後幼児席もある車種も出るといいなと思います。

    • 4歳男の子のママさん

      コメントありがとうございます!そう言っていただけると励みになります。
      おっしゃるとおり、子乗せの電動自転車があるとより便利になりますね。
      今後ともよろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください