しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

スマホ

今話題のHuawei nova のスペックを比較してみた

2017/09/10

 

格安SIMユーザーが増加傾向にある中、SIMフリー端末も少しずつではありますが注目されつつあります。最近で言えばZenfone3などもそうですし、総務省からはSIMロック解除の期間短縮などの意見も出されるなど、SIMフリー端末に対する考え方も認知されてきた印象があります。

そんな中、最近、話題になっているのがSIMフリー端末「Huawei nova」です。

Huawei は中国メーカーではありますが、スマホ端末を始めネットワーク機器など世界シェアを占める大企業。なによりワタシもHuawei Ascend P7を2年に渡り使い続けてきた経過もあります。

最近ワタシはMOTO Z PLAY を購入したばかりで、スマホを買い替える気持ちはありません。ただ、ここまで世間が騒ぎ始めるとその評価を知りたくなるのも事実。

ということで今日は何かと話題のHuawei novaについて調べてみることとしました。

MOTO Z Play との比較

単にスペック表を並べるだけでは分かりにくいので、現在ワタシが使っているMOTO Z Play と比較してみることとしました。

製品名Moto Z PlayHUAWEI_nova
メーカーMOTOROLAHUAWEI
OSAndoroid 6.0Andoroid 6.0
プロセッサーQualcomm
Snapdragon 625
(オクタドコアCPU)
Qualcomm
Snapdragon 625
(オクタドコアCPU)
メモリ3GB3GB
解像度1920×10801920×1080
パネルSuper AMOLEDIPS液晶
内臓ストレージ32GB32GB
アウトカメラ1600万画素1200万画素
インカメラ500万画素800万画素
SIM-SIZEnano-SIMnano-SIM
外部ストレージmicroSDXCメモリーカードmicroSDXCメモリーカード
無線LAN規格802.11 a/b/g/n802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 + LE + EDRBluetooth 4.1 BLE
バッテリ容量3510mAh3020mAh
重量165g146g
モニタ5.5インチ5.0インチ
サイズ156.4×76.4×6.99141.2x69.1x7.1
防水・防塵撥水ナノコーティング-
急速充電
インターフェイスUSB type-C USB type-C
DSDS
価格(Amazon)44,359円41,018円

まず見て分かるのがHuawei novaはMOTO Z Play のスペックと非常に似通っている点です。

CPUにしても解像度にしてもROM/RAMにしてもほぼ同じ数値が並んでいます。MOTO Z Play と同様にHuawei novaもDSDS対応ということもあって意識した作りになっているのかもしれません。

Huawei novaのいいところ

このスペック表を見てHuawei novaのいいところをワタシなりにまとめてみます。

サイズ・重量等

MOTO Z Play は5.5インチなので片手で操作するのはなかなか難しいですし、特に女性の場合は端末も重く感じられると思います。

その点、Huawei novaはモニタのサイズが5.0inchとなっていおり、端末本体のサイズもMOTO Z Play よりも一回り小さいです。また、重量も20g程度軽いので携帯性という点では優れていると言えます。

携帯性の向上に加え、本体のカラーもローズゴールドを用意するなど手の小さい女性向けとしてもオススメなスマホです。

カメラの画素数

カメラの画素数はMOTO Z Play 1600万画素に比べ、Huawei novaは1200万画素とやや小さいです。ただ、画素数の多寡はカメラの評価に直結しないですし、画像データの容量ばかりが大きくなることを考えれば画素数を抑えたことはマイナスではないと考えます。

逆にインカメラ(自撮り)のほうは画素数がHuawei novaの上です。SNSなどを意識しているのかもしれませんが、この辺りのメリハリはきちんと考えられて設計されているようで好感が持てますね。

充電機能も充実

急速充電に対応していて、バッテリ容量も大きいのが嬉しいところ。MOTO Z Play は5.5インチモニタであるので単純な優劣比較は困難ですが、ZENFONE 3 や弟分のHuawei nova LITE などと比べるとバッテリ容量が10%以上大きいです。充電が持つのは普段使いの面からもとてもありがたいことですね。

Huawei Ascend P9と比べても割安

昨年発売されたHuawei Ascend P9と比べてもスペック的にはほぼ同一。また、カメラの性能も上がったように見えますし、DSDSも搭載。それでいて価格はHuawei novaのほうが安い、という価格設定です。これはなかなかお得なんじゃないでしょうか。

Huawei novaのちょっと残念なところ

いいところばかりに見えるHuawei novaですが、スペック表から見る限りではちょっとだけ気になる点もあります。このあたりは量販店で実機を見て操作してみるなり、店員さんに聞いてみるなど確認が必要です。

モニタ

Huawei novaのモニタはIPS液晶ですが、MOTO Z Play はSUPERAMOLED(有機EL)を使っています。屋外で使う分にはMOTO Z Play のほうに分があるのでは、と思います。実際にどれぐらい差があるかは微妙ではありますが。

Dual SIM も排他利用

DSDSで2枚SIMカードを挿せるのですが、MicroSDカードを挿すとSIMは1枚しか指すことができなくなります。SIM2枚+MicroSDをさせる端末はMOTO G4 PlusとMOTO Z Play しかないようです。

そもそもDSDSにどこまで需要があるのかも疑問なのですが、ワタシのようにSIMを2枚さすユーザにとって内部ストレージ32GBは使い勝手が悪くなるのも事実ですね。

FOMA SIM が使えない?

スペック表をよく読むと注意書きにこのような記載がありました。

本端末はFOMA SIMカード(3G通信のみのSIM)には対応しておりません。

最近のスマホは4Gのみ対応している機種も多いようで、ASCEND P9のときも同様だそうです。DOCOMOショップに行ってFOMA-SIMをLTE-SIMを交換してもらえるそうですが、FOMAプランは使えなくなるようです。

このことからワタシが使っているような通話SIMとデータ通信用SIMの使い分けは困難、ということになりそうですね。

ワタシはDSDSにこだわる理由はこちらをご覧ください。

ドコモにMNPして2円運用ガラケーを作ってみた - うえけんの経済的自由を目指すブログ

評判どおり素晴らしい機種

MOTO Z Play と比較しながらHuawei novaについてまとめてみました。ワタシの使用用途としてはFOMA-SIMを使えないHuawei novaは見送り、ということになります。

ただ、DSDSにもFOMA-SIMにもこだわらない、SNS、ネット、データ通信をハードに行わないゲームをメインに使うライトユーザーにとっては、ストレスなく使えるスマホです。このスマホが4万円弱という価格設定はお買い得なのではないかと感じます。

格安SIMとセットで買うとさらにお得に

スマホを購入したいと考えている方で、格安SIMの変更も可能なユーザーは双方セットで乗り換えたほうがさらにお得になります。

中でも実際にワタシが使っている格安SIM、Biglobe-SIMとNifMoはデータ通信も安定していてオススメです。いくら大幅値引が見込める格安SIMでも安定したデータ通信・通話など使い勝手が悪いと利用価値はありませんから。

Biglobe-SIMとNifMoもHuawei novaとのセットで契約するとキャッシュバックなどのサービスがあります。





自分にあったスマホ選び、格安SIM選びも楽しいスマホライフの一つです。SIMフリースマホもやや飽和状態となりつつあるように感じますが、ユーザーにとってより良い端末が出回ることを期待したいと思います。

 

-スマホ