しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

タブレット

ZENPAD10よりもiPad のほうが価格が安いと気が付いて比較してみた結果

FirmBee / Pixabay

 

タブレットを探し続けて約半年、うえけんですおはようございます。

まあ、探しているときが一番楽しいってなものでですね。本来、ブログの記事としては「タブレット買いましたー」で十分なんだと思うんですよね。

ただ、探している楽しい過程をブログに起こすのもこれまた楽しい。

また、多分このタブレットを比較検討中だけど、どんなタブレットを選んでいいか分からない、という方もいらっしゃると思うんですよね

ただ、何の事前準備を行わずに店頭に行くのではなく、店員さんと話を聞くにも予備知識が必要

でないと、大安売りされている在庫処分に協力するだけで、安かろう悪かろうの商品を掴まされる可能性だってあるわけですから。

ということで今回もタブレット比較の記事をアップしたいと思います。

ここまでの経過

少々前置きが長くなりましたが、ここまでワタシがタブレットを買おうと思い比較しし続けてきた記事はこちらになります。

最初はタブレットなんて安くていい、と思ったんです。

ただ、調べてみると安いものは性能も落ちる。これまでパソコンやスマホなど値段を気にするあまり、すぐ壊れたり調子が悪いのも掴まされてきた経験を思い出しました。

なので、値段も大事だけど、性能面も重視しなければ、と思い始めてきました。

当初の予定よりも予算オーバー(笑)

最初はHuaweiの2万円前後の安いタブレットを買えば十分と思っていたのですが、いいものを選ぶと値段も張ってきます。

これまでの比較の中で最も性能がいいのが、ZenPad 10 Z500MLという商品でした。ただ、値段が若干高めなんですよね。

この値段ならiPadが買える

で、さらに調べてみると、ZenPad 10 Z500MLを買うならiPadを買えるじゃん、ということに気が付いたんですよね(いまさら)。

そもそもiPadは値段が高いのでこれよりも安価なAndroidを探してきました。

しかし、探しているうちに値段も高いものが欲しくなってきて、いつの間にかiPadと同じ金額まで予算は引き上げられてしまったわけです。

スペックを比較してみる

で、今候補となっているandroidのハイスペックタブレットと同価格帯で今年春のモデルiPad2017年春モデルを比べてみます。

型番 MediaPad M3
Lite 10
ZenPad 3S 10
LTE Z500KL
iPad 2017
春モデル
メーカー Huawei ASUS APPLE
接続タイプ Wi-Fiモデル LTEモデル Wi-Fiモデル
OS種類 Android 7.0 Android 6.0 iOS 10
CPU MSM8940
1.4GHz+1.1GHz
Snapdragon 650
1.8GHz
A9
コア数 オクタコア ヘキサコア
メモリ 3GB 4GB
記憶容量 32GB 32GB 32GB
microSDカード
microSDHCカード -
microSDXCカード -
バッテリー性能 6660mAh 7800mAh 32.7Wh
指紋認証
加速度センサー
ジャイロセンサー -
光センサー
デジタルコンパス
防水機能 × × ×
防塵機能 × × ×
Office詳細 Office Mobile × ×
GPS
画面サイズ 10.1 インチ 9.7 インチ 9.7 インチ
パネル種類 IPS IPS IPS
画面解像度 1920x1200 2048x1536 2048 x 1536
Bluetooth Bluetooth4.1 Bluetooth4.2 Bluetooth4.2
背面カメラ画素数 800 万画素 800 万画素 800 万画素
前面カメラ画像数 800 万画素 500 万画素 120 万画素
幅x高さx奥行 173x7.1x240 mm 164.2x6.75x242.3 169.5×7.5×240
重量 460 g 490g 469g

androidとiOSでは比較できる項目に差があります。コア数とかROMとか未公表ですしね。ただ、iPadで気になる点があるのも事実。

例えば、前面カメラは他のandroidモデルの画素数120万画素と少ないです。

androidタブレットのいいところはSDカードを挿入してストレージ領域を拡張できる点。iPadの場合はSDカードが挿入できないほかROMも32GBと少ない点も気にかかります。

決定的なコスパの差

これらのモデルをAntutuで比較してみます。

製品 MediaPad M3
Lite 10
ZenPad 3S 10
LTE Z500KL
iPad 2017春モデル
発売日 2017年8月21日 2016年12月9日 2017年3月25日
antutu 約46,000 約75,000 約120,000
金額 26,950円 40,000円 36,187円

Antutuの数値は適当にネットに掲載されている情報をもとに概算値として記載しました。また、価格は11月19日現在のものです。

iPad 2017年モデルはZenPad 10 Z500KLよりも値段が安く、しかもAntutuの性能は約1.6倍以上、ということになります。

この比較で、どのタブレットを買うべきか、私のココロは固まりました(笑)

比較した感想

これまで数回に分けて10インチタブレットに関する比較記事を書いてきましたが、簡単にまとめるとこのようなことになると思います。

○単にウェブ閲覧、Youtubeなどの動画鑑賞等の目的で使いたい、というとHuaweiのMediaPad M3で十分。

○ウェブ閲覧、動画鑑賞に加え、ゲームなどにも使いたいひと。写真やデータなどをタブレット本体に保存しておく必要がある人はZenPad 10 Z500MLをおススメ。

○ウェブ閲覧、動画鑑賞に加え、ゲームなどに使い、より素早いブラウジングや安定した動作、そして端末に対する信頼性を求めたい人はApple iPad 2017年モデルがおススメ

こんな感じになろうかと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか、ワタシのタブレット選びも概ね結論が出てきました。あとは実際に店舗にいてタブレットを手にしてみたいと思います。

タブレット端末を始め、どの商品が適当かはみなさん個人の利用目的などによって異なります。タブレット選びの一助になると幸甚です。

 

-タブレット