しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

自治体ポイント

マイナンバーカードで25%キャッシュバックが受けられる?国が進めるポイントプログラムの本当の問題点

2020年から国がポイントプログラムを開始する??

世の中、PayPayとかLINEペイなどバーコード決済が盛んなご時世。キャッシュレス決済の波に乗っていろいろな大キャンペーンに相当疲労してしまっている人も多いのでないでしょうか。

ヨメ
ホントに!いろんなキャンペーンがあり過ぎて全然ついていけてないわ

 

そう、ワタシもすっかりポイントキャンペーンに振り回されている一人です(エヘン)

そんな中、国が率先してポイントプログラムを開始する、というニュースを見ました。ネットの情報によると2020年10月から開始されるとのことで。

正直、ネットで調べても詳細がよく分からないのですが…

  • マイナンバーカードを取得する
  • 国の専用サイトにアクセスしてアカウント(マイキーID)を取る
  • 国の専用サイトにアクセスして〇〇ペイなどにチャージする。
  • チャージした金額に対して〇割かのプレミアムが上乗せされる

こんな感じなのではないでしょうか。詳細はこれから少しずつ分かってくることでしょう。

マイナンバーカードでキャッシュレス化に?

ただ、ひとつ確実なことは、マイナンバーカードを取得しなければキャッシュバックの対象にならないという点です。

こうすると、相変わらずこのような声が聞こえてくるんですよね。

・ そんなことしたら、何を買ったかマイナンバーでバレてしまう。
・ マイナンバーは社会保障とか税で使うものなのにさっそく国は嘘をついている。

ジャーナリストなどという肩書を書いている人さえ平気でこんなウソな情報を流しますので油断なりません。

 

そもそもマイナンバーカードをキャッシュレス決済に活用する場合、マイナンバーを使うのではなく、マイナンバーカードのICチップの中にあるシリアル番号(正式に言うと利用者証明用電子証明書発行番号)を利用するのです。

このことに関しては少し前にこのような記事を書いております。

国が信用できないので「情報漏洩のリスクが高まる」という批判には理解できますが、なんでもマイナンバーに結び付けて不安をあおるようなウソをかいてはいけませんね

国のポイントプログラムの課題

国が始めるポイントプログラムの還元率は25%になるとも聞きます。この還元率なら…

ワタシ
これならワタシも使ってみたいな~

 

でも、やっぱり心配な点はいっぱいあるんですよね。

仕組みが分かりにくい

このポイント還元制度を使うためには、まずはマイキーIDを設定する必要があります。マイキーIDとは、ポイントプログラムを利用するための会員番号みたいなもの。

いわゆる自治体ポイントと同じような仕組みを、このポイントプログラムにも活用していくのではないか、と想像できます。

この自治体ポイントナビというサイトに自分でアクセスし、マイキーIDを登録することがキャッシュバックを受ける第一歩となります。

実はワタシはすでにマイキーIDは登録済みです。まあ、登録しただけでなんにも使ってはいないんですけどね。

で、どうやら、マイキーIDを取得した後は、再度専用サイトにアクセスして、提携しているキャッシュレスカードにチャージすることが必要になります。チャージすると25%分のプレミアムが上乗せされるなんて情報も流れています。

 

でもね、これってお年寄りとかってこの作業絶対無理ですって。

ふるさと納税でもなんでもそうなのですが、一定以上知識や経験がないと減税や免税の恩恵が受けられないという仕組みってどうも納得できないんですよね。

情弱だから仕方がないんじゃ?と厳しい意見もありますでしょう。

でも、国のやることですからね、公平性とかむしろ弱い人こそ救済できる仕組みとする必要があるのではないかと思うんです。

自治体によって温度差がある?

これも現時点ではなんとも言えませんが、このようなポイントプログラムに対して私たちが住んでいる自治体がどの程度積極的に推進かも重要だと思うんです。

例えば、このプログラムを実施するにあたって、マイナンバーカードの申込みが殺到した場合はどうするのか。出前型で出張をやっている自治体などもあると聞きます。

また、マイキーIDはパソコン操作できない人でも登録できるように、例えば近所の商店街や公民館でも登録できるような仕組みとするのかどうかとか。

自治体の温度差によって、マイナンバーカードやマイキーIDの取得のしやすさもだいぶ変わってくると思います。

どんなお店で使えるかは不明

ネットの記事によると、クレジットカード会社らと提携してこのポイントプログラムを開始するとのことで。

おそらく、百貨店や大手のショッピングモール、コンビニなどでは利用可能となることでしょう。

ただ、未だにクレジットカード導入に積極的ではないお店(例えば業務スーパーとかね)は利用できるか不明です。

あと、個人経営のお店が連なる商店街などはバーコード決済もクレジット決済も未導入のお店が多いでしょう。

このように使える店、使えない店が乱立することになり、他のキャッシュレス決済と合わせてもそれぞれのお店のレジでは相当な混乱も懸念されるのではないしょうか。

最後に

ということで、国が実施予定のマイナンバーカードを用いたポイントプログラムについてまとめみました。

この事業自体、うまくいかないなどとネットでは評判ですが、この事業がうまく行くか行かないか、ということよりも、自分にとって得できるかどうかのほうが数十倍も重要です

これからいろいろな情報が明らかになってくると思います。せっかく目の前にぶら下がっているオイシイ情報ですから、とりっぱくれのないようにしっかりと準備を進めたいですね。

 

-自治体ポイント