気になるポイント

マイナポイントはどの決済サービスで予約するのがお得か?

7月からマイナポイントの予約開始

今日はマイナポイントの予約についてまとめてみます。

悪友

マイナポイントの予約って何かい?

 

そう、マイナポイントは予約が必要になるんです。

マイナポイントと言っても新しいポイントプログラムが始まるわけではないですよね。

マイナポイントはお買い物額の25%(上限5000円まで)付与されることになりますが、PayPayのポイントにしたい場合は、PayPayのポイントが付くような予約を、クレジットカードのポイントにしてほしい場合は、そのクレジットカードに予約することになります。

ワタシ

要はもらえるポイントを選ぶために予約することが必要ってことだな

 

で、問題はどの決済サービスに紐づけるのはお得か、という点

予約は一つの決済サービスしか選ぶことはできませんので、失敗は許されません(←大げさ?)

 

§マイナポイント予約の鉄則
  • ポイント還元率ならLINEペイ(ただし条件付き)
  • バランスで選ぶなら楽天Edy
  • 税金や手数料で使うならnanaco
  • 一番はライフスタイルにあわせて選びましょう!

マイナポイントについてはこちらにも詳しく書いてありますので参考にしてください。

独自ポイントキャンペーンを実施する決済サービスも増えてきました!詳しくはこちら。

では、ひとつひとつ見ていきたいと思います!

マイナポイントの付与方法

まず抑えておかなければならないのは、どのようにポイントがもらえるのか、ということ。

最大25%が還元されることになりますが、大きく分けて2つの種類があるのです。

 

〇使った分だけマイナポイントが付与されるもの
 →クレジットカード、QRコード決済
〇チャージするだけでマイナポイントがもらえる方法
 →電子マネー

まずはどちらの方法でマイナポイントをもらうかを考えることをお勧めします。

クレジットカードやQRコード決済に紐づける場合は、使った分だけポイントが25%分上乗せされることとなります。

QRコード決済の場合は、利用できる店舗が限られています。クレジットカードのほうがいろんな店で使いやすいというメリットもあります。

すでに2万円以上のお買い物をする予定がある人向けですね。

電子マネーの場合は、チャージをするだけでマイナポイントがもらえます。

特に利用する目的もないけどとりあえずマイナポイントだけゲットしておきたい場合は、電子マネーをチョイスするべきです。

ワタシ

わしの場合は、お金を使う予定がないので電子マネーかなあ。

 

どの決済サービスから選ぶ?

では、ワタシの独断と偏見で選ぶマイナポイントの予約についてまとめてみたいと思います。

なお、情報には慎重を期していますが、正式には各サービスの公式ホームページにてご確認くださいね。

ポイント還元率ならLINEペイ

ポイント還元率だけを目指すならLINEペイが良いでしょう。

LINEペイはVisa LINEペイカードと紐づけて決済する方法(チャージ&ペイ)の場合、ポイント還元率3%となります。

チャージ&ペイもマイナポイントの対象になるとのこと。おそらく、マイナポイントとは別途このポイント還元を受けることができるはずです(たぶん)

 

§LINEペイの注意点
  • 使える店が限られている
  • Visa LINEペイクレジットカードが必要
  • 使うごとにマイナポイントが還元される

バランス重視なら楽天Edy

楽天

使い勝手とお得さのバランスを考えると楽天Edyがおすすめです。

楽天Edyを選択すると、楽天カードからチャージした金額にあわせてマイナポイントが付与されます。

つまり、使い道がなくても2万円チャージするだけで5000ポイントが貰えてしまうのです。

マイナポイントの期間は2021年3月末までとされていますが、予算を使い切ってしまったらそこで終了といううわさもあります。

まずは早めにマイナポイントを押さえたいのであれば、電子マネーへのチャージが確実ということになるのです。

また、楽天Edyでお買い物すれば、楽天ポイントも1%程度別に付与されますのでよりお得になりますね。

  • 楽天カードでチャージ(0.5%ポイント還元)
  • 楽天Edyで利用(0.5%)
  • マイナポイントで(25%)

合計26%還元となるのです。

楽天EdyはLINEペイやPayPayに比べても導入してるお店も多いので使い勝手にも困ることはないはずです。

ただし、楽天ペイは使える店舗が少ない点と使った分だけがキャッシュバックされる点などの制約もありますのでご注意を

ワタシ

うむ、笑っちゃうぐらいややこしいなあ。

 

nanacoなら税金も手数料も払えちゃう

nanaco

nanacoでもチャージした場合は、マイナポイントが貯まります。

セブンプラスカードからnanacoにチャージすると0.5%のポイントが貯まりますので、合計で25.5%のポイント還元率となります。

ポイント還元率はやや劣りますが、nanacoのメリットは税金や手数料を払えること

普通のお買いものなら、我慢したり、安いもので代用したり、ポイント還元が狙えたりできますよね。

でも、税金はそういうわけにはいきません。

私の場合は、たぶん、nanacoでマイナポイントを受け取り、固定資産税や保育料を払うために消えていくことになるでしょう。

よめちゃん

税金でもらったマイナポイントで税金を払うってなんか腑に落ちないわね…

 

最後に

ということでマイナポイントを予約する際の注意点やポイントについてまとめてみました。

いろいろと書いてきましたが、ワタシの個人的な意見も混ざっています。また、今後もマイナポイント事業の内容が変更になる場合もあります。

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

基本的にはみなさんの生活スタイルにあわせた決済サービスにマイナポイントを紐づけるのがベストだと思います。

みなさんはどのサービスを利用しますか?

 

それでは今日も一日、株に仕事にがんばって行きましょう!

  

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。