ネット証券

【株式投資】デメリットもありますが、SBI証券でジュニアNISA口座を作ってみました

SBI証券でジュニアNISA口座を作ってみました

今さらながら、SBI証券でジュニアNISAを作りました。今日はジュニアNISAの概要やワタシが今までジュニアNISAを作らなかった理由もまとめてみます。

自分用のメモでありますが、口座を作ったものの、ルールを忘れる心配のある方、これからジュニアNISAを作ろうと迷っている方にも分かりやすくまとめたつもりです。

これから超高齢社会も進行するのが確実な中、我が子には金銭面で苦労はかけさせたくないものですね。

ジュニアNISAの概要と問題点

ジュニアNISAのポイントは以下のとおりです。

 

ジュニアNISAのポイント
  • 利用できるお子さんの年齢は0歳から19歳まで
  • 非課税投資枠は年間80万円
  • 非課税期間は最大5年間
  • 投資可能期間は2023年まで
  • 18歳までに払い出しすると税金がかかる

 

このほか、ジュニアNISAの問題点もたくさんあります。それでは重要なポイントをおさらいしてみましょう!

投資期間に制限あり

ジュニアNISAで注意しなければいけない点は、年齢に応じた制限があることです。

まず、年齢は0歳から19歳までの未成年です。また、投資期間は80万円が上限、2023年で追加投資は終了となっています。

ワタシ

期間が短いわ、非課税枠も少額だし、本当に残念な制度なのよね。

 

2023年以降は、非課税口座枠に移管されるとのことで、どのぐらいの資産が移管できるのかはまだ分からないそうです。

お子さん名義の銀行口座が必要

誰でもNISA口座を作れるわけではなく、本人名義の銀行口座が必要になります。

本人名義の銀行口座はメガバンクなら窓口で作ることができますが、ネット銀行の場合、どこでも銀行口座を作れるとは限りません。

特に小学生以下のお子さんでネットで対応できるのはワタシが知る限り新生銀行のみです。

ワタシ

証券口座を作る前に銀行口座を作らなきゃいかんのよね。

  

それ以外にも、メールアドレスを作成するなどいろんな準備が必要なんですよね。

一番の問題はロールオーバー

2018年にロールオーバーの上限撤廃されて少しだけ使いやすくなりました。

これまでのNISAの場合、80万円買った株が100万円に値上がりして非課税期間の5年間を経過した場合、上限80万円の差し引き20万円分を売却するか、課税口座に移さなければいけなかったんです。

これが2018年から上限が撤廃されて6年目以降も100万円まるまる非課税口座枠とすることができるようになりました。

でもね、このように80万円を超える金額をロールオーバーしたとき、その年の非課税枠は全額使えなくなってしまうんです。ほんとに理不尽な仕組みですわな。

ロールオーバーの問題は昔からワタシも触れてきましたが、NISA恒久化も無理そうですし、改善を見ないまま制度そのものが終了しそうな雰囲気ですね。

文句ばっか言っても仕方がないので、このような仕組みのもと、運用しなければいけないということを肝に銘じておきましょう。

非課税となるケースはどんな場合?

大きく分けてふたつありますね。

株価が値上がりして売却する場合

 配当金を受け取る場合

ただし、配当金が非課税になるのは証券会社を通じて受け取る配当金 (株式数比例配分方式を選択している場合) のみ。銀行口座に振り込まれる場合は税金がかかってしまうので要注意です。

あと、特別分配金(いわゆるたこ足配当)については、もともと非課税なので、NISA口座で配当金を受け取るメリット・効果は半減します。

最後に

ということでジュニアNISAの概要や注意点についてまとめてみました。

今回ワタシがジュニアNISAを作ったのは、子どもの将来のため、というのもそうですが、子ども名義で株を買おうと思った時に、特定口座で作るよりはジュニアNISAで作ったほうが確実にお得だと思ったからです。

ただ、調べてみると想像以上に使いにくくて、ルールも難解だし、面倒くさそうですが。

 

いずれにしても、経済的自由を達成するために、おとーさんは頑張ります!

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

POSTED COMMENT

  1. アバター あらごるん より:

    こんにちは、うえつんさん
    当方も40代でございます。私は過去ナスダックのデイトレードで痛い目あって株には関わりたくないと遠ざけてきました、転機があり最近勉強しております。
    貴殿サイトを参考にジュニアNISAをSBIで開設しました。

    未成年口座ですが私の子供は、たまたまソニー銀行で開設済みでしたので1ステップ飛ばせました。
     質問があります、ご存じなら教えてください。
    ジュニアNISAでETFの購入を考えていて、2023年までは入金して株を買える思います。ただ、ここからが問題でETFの場合は配当が来ますが、2024年以降配当が入ったとしても、もう再投資できないってことなんでしょうか?
     となると、MAX320万円分のETFを購入したとして株数は増やせないので、後は値上がり益だけになり、もしかのタイミングで一括売り払いを狙うようになるのでしょうか。保有していたら配当益は生まれると思いますが。
     この部分の複利が不明でして、ETF買うよりVTIファンドにしておいた方が良いのか悩みます。

    • あらごるんさん
      コメントありがとうございます!

      ワタシはNISA自体制度面で問題があると思っていて、あまり深く考えずにジュニアNISAを開設してしまいました。なので、とても敬服します!

      お問い合わせの件で調べてみたのですが、マネックス証券のHPで見ますと

      ・2028年までは5年間の非課税期間終了時に20歳未満の方が保有する上場株式等は、継続管理勘定(非課税口座)のままロールオーバーできる。
      ・継続管理勘定では売却は可能ですが、新規買付を行うことはできません

      とありました。

      https://info.monex.co.jp/nisa/junior/index.html

      なので、配当金を再投資したい場合は、課税口座を受取先として指定し、課税口座で新規に購入する、という方法しかないのではないでしょうか。
      もしも、解釈が違っていたらご指摘いただけると幸いです!

  2. アバター あらごるん より:

    丁寧なご回答ありがとうございました。
    拝見しておりまして、私の方でもSBIに先日確認の電話してみました。

    おっしゃるように2024年移行は一切投資はできないとのことでしたので、配当などは課税口座に移ることのようです。投資信託の場合も同様になっているらしく口数が増加する事はないとのことでした。無配当の投資信託だったら純資産?であってるのでしょうか、これが増加はしていくというごもっともな回答をいただきました。(苦笑
     課税口座に移ってしまえばジュニアNISA口座ではないので通常通り投資は可能らしいです。
     2024以降でも売却はいつでも可能なようでして、暴落前など緊急事態が起こりそうなら逃げるチャンスはあるようです。当然のように投資は出来ないので現金プールしておくだけになりそうです。ただし、規定年齢までは出金不可は引き続きのようです。
     SBIは言ってましたが、2024年以降の事については未確定な部分もあるとのことでした。
     
     う~ん、こうなると運用コスト面や、もし最悪の時に即売却できるETFが有利っぽく感じますね、ここは現物株でも同じですが。

    • コメントありがとうございます!そして、熱心にお調べする姿勢に敬服いたします。
      やはり、課税口座に移管されてしまうのですね。参考になりました。まあ、NISA口座に関しては期間限定という時点でいろんな歪みが出てきてしまうのかもしれませんね。
      今後ともよろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください