しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

節税

消費税増税対策で拡充された住宅ローン控除についてまとめてみた

消費税対策で住宅ローン控除が拡大!

今年の10月から予定されている消費税増税ですが、住宅購入の冷え込みを避けるために、住宅ローン控除が拡充されることとなりました

今日は消費税増税にあわせて拡充される住宅ローン控除についてまとめてみます。

主な内容はこうです

住宅ローン控除の概要
  • マンションや住宅を買い、居住用として使う人が対象
  • 4000万円を上限に年末残高の1%分所得税が安くなる
  • 所得税でも引ききれない場合は住民税も安くなる
  • 期間は原則10年間。期間限定で13年間まで拡充

この13年間まで拡充されたのが今年の変更点です。

 

ヨメ
あれっ?消費税増税延期されるかもってニュースを見たけど…

 

すみません、この記事書いたのは、そんなニュース流れる前だったもので…

とりあえず更新しちゃいますねー。

持ち家か賃貸かの議論

持ち家か賃貸かの議論ってマネー系のブログでは格好のネタだったりするわけなんですけど、経済的な視点だけで見た場合には、持ち家よりも賃貸のほうが有利でしょう。

 

でも、これってあくまで経済的な損得で見た場合の考え方。

最近の住宅ローン金利は低金利。銀行によっては0.5%を割るプランも提示されています。

ある一定の条件を満たせば住宅ローンを組んでマイホームを手に入れるってのも賢い選択になりえます。

  • 転勤がほぼないようなサラリーマン
  • 終身雇用が約束されているコームイン
  • お金が余って仕方がない資産の持ち主

みなさんにおいては、経済通ぶって、自宅購入は絶対にソン、なんて吹聴しないようにしてくださいね。人によってはいろんなケースがあるんですから。

で、自宅を買う余裕がある人なら、消費税が導入される翌年の年末(2020年12月末)までに買ってしまった方がお得になるんです。

今回の住宅ローン見直しの内容

これまで、住宅ローン控除は毎年拡充されたり、期間が延長されてきました。

今回の見直し内容はこんな感じです。

  • 2019年10月から2020年12月までに住宅を購入して居住した人が対象
  • 減税期間が10年間から13年間に延長。
  • 減税額は年末残高の1%と建物購入価格の3分の2%の低い方
  • 所得税から引ききれなかった場合は住民税からも減税。そのときの減税額は13万6500円が上限。

これらの減税をフル活用するための方法はひとつ。それは…

銀行から借りれる分だけ借りる!

これしかありません。

ぼやぼやしていると減税が受けられずに損に

Alexas_Fotos / Pixabay

住宅ローン控除の期限は2021年12月末までとのこと(まあ、また延長になる可能性もありますが)

で、今回の住宅ローンの3年間期間延長は2020年12月末で終わってしまいます

なので、もう家に住むと決めたら、さっさと物件をきめてしまって2020年12月末までに入居するほうがお得になるんです、

どれぐらい違いがあるんでしょうか。

ためしに、以下の条件でシミュレーションしてみました。

  • 借入金3000万円
  • 元利均等30年払い
  • 金利0.5%
  • ボーナス払い、繰り上げ返済なし。
年数 返済額 年末残高 ローン控除額
1 915,463 29,084,537 290,845
2 920,971 28,163,567 281,636
3 926,512 27,237,055 272,371
4 932,086 26,304,969 263,050
5 937,694 25,367,275 253,673
6 943,336 24,423,940 244,239
7 949,011 23,474,929 234,749
8 954,721 22,520,208 225,202
9 960,465 21,559,743 215,597
10 966,244 20,593,499 205,935
11 972,057 19,621,442 196,214
12 977,906 18,643,536 186,435
13 983,789 17,659,747 176,597

11年目から13年目の3年間の合計は186,400円。

2020年12月末までに住宅を買うのと、2021年1月以降に買うのとでは、約18万円程度の減税分が受けられなくなる計算です。

金利以上に減税効果が得られる?

先ほどのエクセルの計算シミュレーションを再掲してみましょう。

年数 返済額 利息 ローン控除額 差額
1 915,463 177,485 290,845 -113,360
2 920,971 171,977 281,636 -109,658
3 926,512 166,436 272,371 -105,934
4 932,086 160,862 263,050 -102,188
5 937,694 155,254 253,673 -98,419
6 943,336 149,612 244,239 -94,627
7 949,011 143,937 234,749 -90,813
8 954,721 138,227 225,202 -86,975
9 960,465 132,483 215,597 -83,115
10 966,244 126,704 205,935 -79,231
11 972,057 120,891 196,214 -75,324
12 977,906 115,042 186,435 -71,393
13 983,789 109,159 176,597 -67,439

差額の欄を見てのとおり、金利以上に減税枠が大きいということです。

その額は13年間で1,178,400円程度。いわば、国民の税金をいただきながら、マイホームに住むことができている、という状況なのです。

世の中の制度や政策は、公平に、そして弱い者の味方、なんていいますけどね。

しかし、実際は、家を建てたり、マンションを買ったりすることができるような、経済的に余裕のある人にお金が流れていってる訳です。

最後に

ということで、住宅ローン控除の見直しとその効果についてまとめてみました。

こんなお得な制度ですからね、使わないわけにはいかないでしょう。

もしも、これからマイホームを買う予定があるかたは住宅ローン控除のことを念頭にいれながら今後の計画を立てて行って欲しいものです。

あ、住宅ローン控除があるからと言って、身の丈を知らないマイホームの購入は控えておいたほうが良いと思いますが(笑)

それではまた~。

-節税