ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア
会社四季報スクリーニング

会社四季報オンラインのプレミアムプランは加入する価値があるのかファーストインプレッションを公開!

今日は会社四季報オンラインのメリットやデメリットについてまとめてみます。

以前のブログでも書きましたけど、会社四季報CD-ROMが2021年秋に絶版となります。

東洋経済ホームページ9/30付け 会社四季報CD-ROM』休刊のお知らせ

このことはスクリーニングが大好きな自分にとって、大きな痛手となります。できるだけ早く代わりのサービスを探さなければいけません。

世の中には色んな会員サービスがあります。株探の有料サービスとかね。

まずは試しに…ということで会社四季報オンラインのプレミアムプランに登録することにしました。

で、実際に使ってみたところ…

ワタシ

これは超便利!使い続けたいわあ…

実際にどんな風に使い勝手が良いのか、会社四季報CD-ROMを5年間以上使い続けたワタシが、会社四季報オンラインのファーストインプレッションをまとめてみることにします。

会社四季報オンラインのメリット

  1. スクリーニングが超絶便利
  2. 面倒な設定作業が不要に
  3. ワンクリックで多彩なデータを参照可能

会社四季報オンラインのデメリット

  1. とにかく値段が高い
  2. データが豊富な分、見にくい
  3. 必要としない記事がいっぱい

それではひとつひとつ見て行きましょう!

会社四季報オンラインのメリット

スクリーニングが超絶便利

まず一番最初に感じたメリットはスクリーニングが超便利なことです。

よめちゃん

スクリーニングなんてネット証券でもできるでしょ?

そう思う方もいるかもしれません。でもね、ネット証券ではできないようなスクリーニングが豊富に取り揃えているんです。

また、会社四季報CD-ROMとの比較でも、スクリーニング機能は向上しています。

例えば、一番やっかいだったのは連結と単独決算の仕様。

・連結決算銘柄の場合、「連単フラグ」というものを設定してあげないと、個別決算の数字でスクリーニングされてしまったり、

・PLのスクリーニング時には、連結と単独の営業利益などの情報を分けてスクリーニング条件を作成しなければならなかったり…

ワタシ

AND条件とOR条件の使い分けとか結構めんどかったんだよね。

よめちゃん

ちょっと何言っているかよくわからないわ。

会社四季報オンラインでは、ダウンロードデータとして過去10年分の検索が可能になったことから、CD-ROM版よりもスクリーニング条件を作成しやすくなったと言えます。

もちろん、オリジナルのスクリーニング条件も作成可能。例えば、独自の式を用いた企業価値算定やX年間の業績をもとに年率成長率(CAGR)を求めたり。

自分で作成したスクリーニング条件も保存できるのも良いですね。

ワタシ

だらだら書いちゃったけど、要はCD-ROM版と同等かそれ以上の機能はあるってことよ。

パソコンへの設定作業も不要に

会社四季報オンラインは、インターネットで利用するものです。なので利用しやすさも格段に上がりました。具体的には…

  • ソフトウエアを購入する手間がなくなる
  • パソコンにソフトをインストールする手間もない
  • パソコンが壊れてもデータが消えることがない

会社四季報CD-ROMをインストールする際には、一部のフォルダを削除するなど事前準備も必要になります。

【備忘録】「会社四季報CD-ROMの起動に失敗しました」というエラーの対処方法について 会社四季報CD-ROMを愛用しているうえけんですおはようございます。 会社四季報はもっぱらCD-ROM派なのでありますが、...

また、WINDOWSとかOSのバージョンが変われば、うまく動作しないなんて不具合も想定されます。

会社四季報オンラインなら、こうした手間も発生しません。

ワンクリックで様々な情報がアクセス可能に

会社四季報オンラインならワンクリックでいろいろな会社情報を参照することができるのです。

ワタシがありがたいなーと思った機能はこんな感じ

  • 会社四季報最新の紙面
  • 過去の会社四季報
  • 会社HPへの遷移先URL
  • かぶたんへのURLもある

これらの機能がが一画面の中に埋め込まれているので、スムーズに情報を参照することができてしまうんです。

例えば2期前に大幅減収の会社があったとするじゃないですか。このときに何がおこったんだろ?と思ったら、その当時の会社四季報を見て振り返ることができてしまうんです。これ以外と便利。

会社四季報オンラインのデメリット

価格が高い

これが一番のネックです。

プレミアム会員になると月額5,500円かかります。ベーシック会員ではスクリーニング機能が限られるなど、加入するならプレミアム会員ですが、それでも値段が高いんです(←二度目)

この料金を年間に換算すると66,000円です。

CD-ROM版の場合は、7700円×年4回でしたから30,800円でした。これまでの倍以上お金がかかることになります。

うーん、やっぱり値段が高いなーという印象は強いですね。

ワタシ

一回ベーシックで試してみるのもありかもね。。。

業績表示など一部見にくい部分も

データが豊富なのはありがたいのですが、一部見にくい画面もあります。

例えば過去の業績推移など。かぶたんの場合はこうです。

会社四季報オンラインはこうです。

かぶたんの方は縦に眼をやるだけで推移が一目瞭然ですが、会社四季報オンラインの場合は縦罫に情報が羅列されているので、全体の流れをとらえにくいんですよね。

情報の見方になれる必要がありそうです。

必要としない記事がいっぱい

ワタシは以前から会社四季報の記事はほとんど信用しないようにしています。だから。「会社四季報先取り」とか「XX関連銘柄が一押し!」みたいな記事はほとんど(というか全く)読まないんですよね。

会社四季報オンラインの価格が高いのも、会員限定の記事が読めるという影響があると思うのですが、ワタシにしてみたら…

ワタシ

スクリーニングできる機能だけでいいから月額料金下げてくれないかな。

そんな印象です。

会社四季報オンラインを無料で使う方法

この会社四季報オンラインを無料で使う方法があります。それは、会社四季報CD-ROMを購入することです。

会社四季報CD-ROMを購入すれば、2か月間半無料で使えるプレゼントキャンペーンが実施されています。

例えば12月中旬に購入した2021年新春号では、2月末まで、会社四季報オンラインのプレミアムプランが無料で使えます。

つまり、7700円のCD-ROMを購入することで3か月分(5,500円×3月)が無料になるということです。これってすごいお得じゃないですか。

よめちゃん

使わないのに買ったCD-ROMはどうすればいいのよ?

そんな人はキャンペーンのIDコードの入った紙だけを抜き取って、CD-ROM本体はメルカリとかで売ってしまいましょう。

データ更新付きのものなら4,000円ぐらいで売れてしまうのではないでしょうか(相場は各自ご確認ください)

また、ありがたいことに自動更新されないので、期限が来たら利用できなくなります。加入したことを忘れていてもお財布の面からも安心です。

最後に

ということで今日は会社四季報オンラインのメリットとデメリットについてまとめてみました。

ここまで取りとめもなく、価格が高いとか見にくいとか便利…と言ってきましたが、まずは試しに使ってみましょう。

価格以上の価値があるのか、ないのか、それは投資家であるあなた自身が判断するべきことです。

気になる人はぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

会社四季報CD-ROMでスクリーニングして上方修正を狙える銘柄リストを作ってみました スクリーニング大好きしがないサラリーマンですおはようございます。 前回の日記で会社四季報CD-ROMで上方修正を狙えそうな...
本当は教えたくない会社四季報CD-ROMで上方修正銘柄を一発検索する方法 会社四季報ならCD-ROM派、シチューはご飯にかける派のしがないサラリーマンですおはようございます。 先日の日記で、わがし...
会社四季報CD-ROMが安定配当銘柄の検索に役立つ理由 長期投資家の皆さんおはようございます。うえけんです。 いやいや、日本株は堅調ですね。いよいよ日経平均株価は22,000円を...

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください