しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

節税

確定申告前にワタシが感じた3つの疑問

確定申告の準備は順調ですか?

もうすぐ確定申告ですね!

ワタシもそろそろ準備を、と思って、苦虫を噛む思いで昨年の株式運用の損失を積算し始めたところです。

まあ、リスクが付きまとう株式投資だけに、とりかえすときはしっかり取り替えさないとね(笑)

そんな折、最近の税務署の対応など、いろいろと不穏な動きを目にすることがありまして。

今日は、確定申告にまつわる3つの疑問をまとめてみました。

確定申告がらみで感じた3つの疑問

不思議な郵送物?

先日、税務署から郵便が届きましてね。えっ、いよいよワタシの隠し財産がバレたか、というとそんなことはなく(もともとそんな財産はない)。

お手紙を開けてみるとこんなことが書いてありました。

うむ、税金を払う前提で送られてきた通知書のようですが。しかも医療費控除なんかもありますし。

全国津々浦々、こんな郵便のためにどんだけの税金がつぎ込まれているのかと思うと少々疑問ですね。

e-TAXのアンケートが実施されていた

なんかブログネタがないかな、と思いながら国税庁のホームページを見てたんですけど、どうやらe-TAXに関するアンケートを実施しているようなんです。

その中でe-TAXを使っていない人向けのアンケートがあるんですけど、e-TAXを使わない人はこんなページ見ないと思うんですよね。

仮にこのアンケートに答えたところで、アンケート結果を公表するとか、アンケートに基づいてe-TAXが改善されるかも分かりませんね。

スマホサイトが使いにくいという話

今年からe-TAXもスマホで利用できるようになったそうで。でも、このスマホサイト、ネットでも評判が悪いです。それはサラリーマン世帯で、医療費控除を行う人かふるさと納税を行った人など一部の申告者に限定されているからです。

このことについては昨年本ブログでも取り上げていましたが、このことを知らない人にとっては、「所詮役所のやることだ」「スマホサイトと言っても全然便利ではない」と思ったかもしれません。

でも、よく考えてみてくださいよ。あれだけパソコンで膨大なデータを打ち込まなければならない作業をスマホでやろうとしたらどうなると思いますか?

入力画面は小さく、また、ウェブサイトは何ページにも渡り、結局、使いにくいものになるのは目に見えています。

e-TAXのように電子化はワタシ達にとって便利なサービスとなるので賛成ではありますが、今の仕組みや手続きをそのまま電子化したってうまく行くはずがないんですよね。

もう少し簡便な方法で申告できるとありがたいなと思います。

最後に

ijmaki / Pixabay

ということで確定申告前のワタシが感じた疑問をまとめてみました。

とは言え、納税は義務ですからしっかり申告する必要がありますね。ワタシもいつもギリギリになってしまいますので、今年は余裕をもって申告したいと思っています。

関連記事です。

今年からマイナンバーカードなしでe-TAXを使えるようになりました。その時に感じたことです。

マイナンバーカードなしの申告は期間限定とされています。このカードの読み取りに必要な機能付きのスマホをご紹介しています。

-節税