しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

個別銘柄運用法

株価が絶賛急落中!だからこそ仕込みたい銘柄4選

2019/08/07

NYダウもいよいよ目先天井か?

NYダウの株価下落が止まりません。

NYダウは、FOMCの金利引き下げが限定的だったこと、トランプ大統領が中国への関税を一部大幅に引き下げることから、8月1日から2日にかけて大幅に下落。

一時史上最高値を更新したNYダウは26,500ドルまで下落。日経平均株価先物も20800円台まで連れ安となっています。

わが保有銘柄も当然この下落に巻き込まれて大損害です。

ワタシ
トランプが余計なこと言いだしやがってえええ-

 

こんな風に思っているのはワタシだけではないはず。でも、こんなときだからこそ好業績な銘柄を仕込むチャンス。特に、3月決算の1Qの時期と重なっているので、1Qで好調な銘柄を安く買えるのです。

ワタシが気になる4銘柄

最近、不定期ながら監視銘柄をこのブログに更新しています。ということで、ワタシが気になる4銘柄をまとめてみます。

1967 ヤマト

出典:ヤマトHPより

ヤマトは空調・衛星等の管工事が主な事業内容。先日発表された第一四半期決算は売上高は横ばいながらも、営業利益は倍増の1,003百万円という好決算でした。2Qに対する進捗率は90%超となっています。

好決算の理由は原価の見直し。会社四季報にも記載があるとおり、工場のプレ生産、施工管理の見直しが功を奏し、会社想定よりも効果が早く発出した、というところでしょうか。

株価はこの地合いの悪い中、一時は年初来高値を更新し、陽線で引けるなど強い値動きとなっています。

100株6万円程度から購入できますし、予想PERは7.9倍、実績PBR0.63倍と割安です。

株価(8/2現在)予想PER実績PBR配当利回り
658円7.90倍0.63倍2.13%

9658 ビジネスブレイン太田昭和

コンサルやシステム開発を中心に展開するシステム会社。会計ソフトに強みがあるビジネスブレイン太田昭和にも注目。

先日発表された1Qは売上高、営業利益ともに大幅増収増益を果たしています。

2Qに対する1Qの進捗率は58.77%。そんなに高くないように見えますが、過去2年間は20%台、2Qに利益が集中する特徴があることから今期の業績上振れが期待できそうです。

ビジネスブレイン太田昭和の強みを調べてみたのですが正直分かりません笑

決算説明資料によると、会計ソフト販売とあわせ、これを効果的に運用できる会計コンサルタンティングが軌道に乗っていること、そして会計コンサルティングを起点として、働き方改革によるBPO化、サイバーセキュリティ対策など幅広い分野で収益化につながっている様子が伺えます。

株価はヤマト同様に跳ね上がっている状態ですが、ここは押し目狙いで行きたいですね。

株価(8/2)予想PERPBR配当利回り
2,550円14.87倍1.72倍1.96%

株価指標的にはまあまあ標準的な水準だと思います。

9629 ピー・シー・エー

PCAは会計や販売管理などソフトウエアを販売するシステム会社。先日発表された決算は、大幅増収増益で売上高は前年同期比で+31%、営業利益は5倍を記録しました。

中間期見通しは非公開ですが、通期見通しと比べても営業利益ベースで40%程度を1Qで達成していて、業績の上振れも期待できます。

順調なのは既存のソフトウエア、クラウドサービスなどの売上が好調な点。

働き方改革に伴う勤怠管理のクラウドサービスや消費税増税、給与支払報告書の電子化義務化によるシステム導入需要などが活況とのこと。

株価は一時ストップ高を記録するなど、激しい値動きでしたが、この数日間落ち着いた今はその仕込み時かもしれません。

株価(8/2)予想PERPBR配当利回り
3,985円27.16倍2.16倍0.78%

6670 MCJ

MCJはパソコン製作、販売でブランド名はマウスコンピュータが主力。

先日発表した1Qは増収増益。1Qは好調で営業利益は前年同期比+14.9%となり、1Qベースで過去最高の利益を計上しました。

もともと今期の業績見通しは保守的で、不景気による欧米需要の低迷やCPUの高騰によるコスト増を見込んでいたため。

2019年3月期決算説明資料より抜粋

売上高が想定どおりな点ではやや物足りない内容なのですが、これだけの良い数字を出しながら株価は決算発表後に急落しています。

うむ、場中に買いたかった!とも思ったのですが、週明けは相場全体が軟調にスタートしそうなんで様子見ながら買い注文を入れても遅くはなさそうですね。

株価(8/2)予想PERPBR配当利回り
766円11.02倍1.95倍2.72%

株価指標面ではバランスがいい感じですね。

最後に

ということでワタシが気になる4銘柄についてまとめてみました。

実はまだまだ欲しい銘柄はあるのですが、3月決算の1Qはまだまだ続きますので後日の更新としたいと思います。

株式投資はなかなか簡単ではないですが、この難し時期を乗り切ればアホでも儲かる相場が訪れるはずです。

それまで粘り強く相場に参加していきたいと思っています。

資産運用、がんばりましょう!

-個別銘柄運用法