しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

家庭菜園

キッチン栽培セットで家庭菜園に挑戦してみる

2017/02/25

自然派ブロガーのうえけんですおはようございます(いつから?)

まあ、自然派というよりも以前から家庭菜園には興味がありまして。つまるところ家庭菜園で食費の節約につながらないか、と考えているのです。

このことについては以下の記事をご覧ください。

誰でも簡単にできるワタシ流の食費節約術はこれ - うえけんの経済的自由を目指すブログ

我が家ではもっとも生命力の強いといわれるサボテンやポトフといった植物も枯れさせてしまうこともあったので、相当に強靭な生命力をもった野菜が求められるわけですが(笑)

そんな中始まった本ブログの家庭菜園シリーズです。トラブル続出間違いなし、でお送りしたいと思います。

家庭菜園を始めるきっかけ

家庭菜園に興味を持ったのは経済的な理由で、野菜価格の高騰から家計への影響を排除できないか、ということでした。ただ、本当のきっかけはわが子の一言でした。

「野菜を自分で作ってみたい」

おおそうか、じゃあやってみようか、と。最近はスマホやれ、アイカツやれ、関心を持つものがデジタル化されたものばかり。こうした自然に触れ合うことに興味を持ったことは大事にせにゃあアカン(←関東人)。ということで家庭菜園にチャレンジすることになったです。

初心者用の菜園セットで始めることに

これまでの野菜栽培などの経験はゼロです。なのでネットいろいろ調べまくったのですが、冬場でも栽培できる野菜は数少ないというし。また、いきなりプランターを買って、肥料を買って、それでちゃんとできるの?と自問自答しても自信は全くなし。

そこで購入したのが家庭菜園がセットになっている上の写真の商品。

ラディッシュは初心者でも栽培しやすいということもありますし、費用もわずか500円程度。失敗しても全然後悔はありません。種子からプランターから土壌から肥料まで全てそろっているのも安心ですね。

追加購入したもの

キッチン栽培セットはホームセンターで購入しましたが、それ以外のものはできるだけお安く、ということで100円ショップで。

プランターだけ飾るのではちょっと味気ないということでディズニーのガーデンピックを購入。あとちっちゃな赤いジョウロ、そしてシャベルも。

さっそく開封の儀

で、家に帰ってキッチン栽培セットを開けて栽培開始です。まずはプランターに土を入れ、そこにタネを撒きます。

そこに水を入れて完了。いやあ、簡単、簡単。ここにガーデンピックを飾ります。なかなかかわいいですね。

とりあえず、金魚の横に設置しました。この一角が自然コーナーになった雰囲気です。

芽が出るまで20日かかる

ラディッシュはまたの名を二十日大根というように、芽が出て収穫までたった20日間だそうです。その間は、土の表面が乾かないように毎日水を上げる必要があるとのこと。

逆に入れすぎても根が腐ったりしてうまくいかないとのこと。うーん、うまくいくのかなあ、自信がないです。

勉強のため、親子のコミュニケーションのため

 

家庭菜園を行おうと思った動機はどうあれ、わが子が野菜栽培に興味があったことから始めた家庭菜園。野菜がどのような過程で作られるのかとか仮にうまくいかなくてもわが子にとっては色々と経験になるものです。

早く芽が出ないかなあ、と日々楽しみにプランターを眺めていますが、ここから親子のコミュニケーションも図ることもできます。

結局はおとうさんの仕事になりがちなこの手の分野だったりしますが、ゆっくりと時間をかけて、わが子にとってもワタシにとってもよい勉強ができるように継続していきたいと思います。

さあ、なんちゃって家庭菜園、これからどうなるのか?本ブログでも経過を報告していく予定です。

-家庭菜園