しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

格安お得なアミューズメント

家族みんなで訪れたい 城島高原パークは価格も安くてとてもオススメ

2017/08/22

先日、大分県にある城島高原パークに行ってきました。

城島とはリーダーのように「じょうじま」と呼ぶのではなく「きじま」と読むのですが、この城島高原パークに訪れたところ、小さなお子さんにオススメのアミューズメントパークでした。

今日は城島高原パークを紹介したいと思います。

城島高原パークを知ったのはとある動画

じつはこの城島高原パークを知ったのは、こちらの動画でした。

実は我が子はかんちゃんあきらちゃんが大好き。その動画の中で楽しく遊んでいた2人を見て、行きたい、行きたいと言ってきかなかったために今回城島高原パークを訪れた、というのがことの経過。

城島高原パークの場所

城島高原パークは別府ICから車で約15分程度の場所にあります。駅からはバスも出ていて、別府駅西口のバスターミナルから約35分です。

 マイカーで行くときは1日駐車料金300円かかります。

城島高原パークに安くいくためには

城島高原パークの料金は上図のとおりとなっています。入場券のほかに乗り物の費用は別料金になりますので注意が必要です。たくさん乗り物に乗って楽しむのであれば、フリーパス(2700円)を買っておくほうがお得になりますね。

ただし、一定の条件を満たすヒトは安く入園できます。簡単に以下のとおりまとめておきます。

ウエブクーポン利用で割引

ウエブクーポンを利用することで大人200円、こども100円の入園料金が割引になります。

お誕生日月

お誕生日を迎える人は無料に、付添いのヒトは割引を受けることができます。ちなみに我が子は5月生まれでして、本人は入園料無料、ワタシも200円ほど割引を受けることができました。この割引を受けるためには本人の誕生日を確認する書類を持参する必要がありますので注意してくださいね

妊娠されているお母さん

妊娠されている場合はチケット売り場で母子健康手帳を見せれば、入園料は無料になります。妊娠されている場合は、アトラクションにはほぼ乗ることは禁止されていますが、園内でお子さんの付き添いをするだけの場合でも入園料は不要となります。とてもありがたいサービスですね。

子どもたちが興味を引く遊びがいっぱい。

さっそく園内に入ってみましょう。

園内には遊園地定番の乗り物がたくさんあります。観覧車、ジェットコースターなどなど。

アトラクション以外にも室内で遊べるおもちゃ王国といったフリースペースがあります。

この建物の中には、定番のリカちゃんやシルバニアファミリーなど子どもたちがとても喜びそうな玩具が並びます。

こちらはちょっと頭を使うちょっと頭を使うコーナやトランポリンや大きな滑り台がある子どもスペース(別料金)もありました。

年齢としては幼児から小学生ぐらいまでなら楽しく園内で遊べそうです。

5歳の我が子が選んだベスト3

ということで、いろいろな遊びがある城島高原パーク。我が子が選んだアトラクションベスト3をピックアップしてみました。

第三位ドラゴンコースター

ドラゴンの頭を施した幼児向けのジェットコースター。小さなお子さんが乗れるジェットコースターってあまり遊園地にはありませんが、このドラゴンコースターなら小さなお子さんでも大丈夫。本人もジェットコースターに乗れて喜びもひとしおのようでした。

第二位脱出の森

第二位は3D迷路の脱出の森。これはっきり言って難しいです。ワタシも最初は手を抜いていましたが、なかなかゴール出来ずで我が子も泣きそうに。それでもすべてのスタンプを押してゴールできたときはわたしも嬉しかったです(笑)

第一位キッズドライビングスクール

敷地内に信号や踏切があり、お子さんが運転できる施設です。ゴーカートのように同じところをぐるぐる回るだけではなく、道路標識を見ながら本番さながらのドライブを楽しめます。

初めて乗る場合は、教習を受けて合格すれば運転免許証ももらえます。合格したことの喜び、街中のような道路を運転できた喜びなどなど二重の喜びだったようです。

城島高原パークの注意点

いろいろと楽しい城島高原パークですが、注意点も難点かあげておきます。

園内は起伏が激しい

園内は意外と山坂があります。なのでベビーカーなどを利用しようとするとかなり疲れると思います。妊婦さんなどはお父さんに子どもの相手をお願いしてレストランでアイスでも食べていたほうがいいと思いますよ(笑)

割引を受けるためには紙に印刷が必要

先ほど紹介した割引クーポンですが、単にスマホやタブレットの画面をスタッフに見せるだけでは不十分で、きちんと紙で印刷していく必要があります。事前にウェブサイトにアクセスして準備を怠らないように注意したいですね。

閉園時間が早い

季節によって変わるかもしれませんが、5月の場合は、施設は4時まで、屋外のアトラクションも5時で終了となります。まだまだ遊びたい、こんなに明るいのに帰るのか、など我が子から詰問されて大変でした。園内を回る場合は事前に計画・研究したいところですね。

とても広い園内で遊びがいがあります。

ということで城島高原パークの概要をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。割引なども駆使すればかなりやすく遊ぶこともできます。設備自体は少々時代を感じさせる印象ですが、アトラクションの種類はとても豊富です。

我が子もまた来たいと無理やり約束させられました(そんな簡単に来れる場所ではないんですけどね)。

城島高原パーク、ファミリーで大分旅行に行く場合などとても思い出になること請け合いです。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

-格安お得なアミューズメント