しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で、豊かな日常生活を目指します

column-investment

株式譲渡益の確定申告で注意したい3つのこと

株式投資大好きしがないサラリーマンですおはようございます。

昨年は株式投資は恵まれた年でした。ワタシもおかげで年収を大いに上回る利益を上げることができまして、ほくほくなのであります。

しかし、もうすぐ、こわい、こわーい確定申告の時期がやってきます。

毎日、毎日、相場としのぎを削って戦って努力している人間から20%も搾取するという努力する人間が報われない国、日本…と非難したところで何も始まりません。何事も早め早めに準備は済ませておきたいところ。

そんな確定申告で忘れると損することをメモしておくことにします。

配当控除

受け取った配当金ですが、受け取り時に20.315%の源泉徴収されます。ただし、確定申告で一部還付される可能性もあります。

これは(1)総合課税として配当控除を受ける(2)分離課税として株式譲渡損と損益通算する、のいずれかの方法をとることができます。

昨年のように恵まれた相場で損失を被った人はあまりいないでしょうから、(1)を選択する人が多いのではないでしょうか。

(1)については条件があり、配当金を含めた課税所得が695万円以下ならお得、というものです。もしもこの金額が上回った場合、税率が上がってしまうので、かえって損になってしまいます。

しがないサラリーマンの源泉徴収票を調べてみたところ、もちろん、695万円以下でしたので配当控除をしたほうがお得、という計算になりました(ああ、しがない給与額だとこと…)。

優待クロスも申告してお得に

いわゆる優待クロスで一般信用売りをした場合、配当調整金(その銘柄の配当金に該当する金額)を支払う必要があるのはご存知だと思います。

この配当調整金ですが、株式譲渡損として譲渡益と損益通算できるとのことです。「配当調整」という文言ですが、配当控除とは違った取り扱いになるのが意外です。

ちなみにわたしの場合は、一般信用売りによる配当調整金を譲渡損として計上してませんでした。みんな知ってるのかなー。一般口座で運用しているは見逃さないように。

そして最後は繰越損失相殺

そして最後に昨年損した金額で相殺。わたしの場合は昨年税金対策でもって損だししましたからね。その分を相殺して最終的な納税額を算出しました。

いやあ、金額は秘密ですが、なかなかの納税額ですのう。

最後に

ということで昨年儲けた分の株式譲渡益と配当金について整理してみました。改めて思うことは、まだまだ経済的自由を手に入れるためには資産規模が小さいし、株式投資によるリターンも大したことないということです。

今年は昨年より難しい相場が続くと思いますが、投資スキルをさらに向上させるように努力する一年にしていきたいです。

 

 

-column-investment