しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

節税

住民税非課税相当の収入で現金30万もらえる生活支援臨時給付金ってどんななの??

生活支援臨時給付金について調べてみたよ

世の中、新型コロナウイルスの話題で持ちきりですが、ワタシ達庶民にとって一番気になるのは現金30万円もらえる給付金の存在

正式名称は、生活支援臨時給付金というそうですが、長いので、給付金って言っちゃいます。

で、この給付金、ワタシ達ももらえるの?と気になる人もいるはず…でも、

ワタシ
だって、住民税非課税世帯と同じぐらいの年収じゃないといけないって条件厳しすぎない???

 

ですねー。我が家は共稼ぎだし、給付金のきの字ももらうことはできません。

果たしてこの給付金、どんな人が受け取れるのか調べてみることとしました。

生活支援臨時給付金をもらえるひとってどんな人?

給付金をもらえる条件はふたつ

給付金をもらえる人は以下のいずれかの条件を満たす世帯とされます。

世帯主の月間収入(本年2月~6月の任意の月)が…

(1)新型コロナウイルス感染症発生前に比べて減少し、かつ年間ベースに引き直すと住民税非課税水準となる低所得世帯
(2)新型コロナウイルス感染症発生前に比べて大幅に減少(半減以上)し、かつ年間ベースに引き直すと住民税非課税水準の2倍以下となる世帯

…が対象となるということです。

よめちゃん
んー、ちょっと何言ってんだか分からないわ。

そもそも住民税非課税世帯って何?

そもそも住民税非課税世帯って何かと言えば、その名のとおり、住民税が免除されている世帯のことです。

住民税非課税世帯に該当するのは…

  • 生活保護の生活扶助を受けている人
  • 障がい者、未成年者、寡婦(寡夫)で前年の合計所得金額が125万円以下
  • 扶養家族のない人…前年の合計所得金額が35万円以下の人
  • 扶養家族のある人…前年の合計所得金額が「35万円×(本人+同一生計配偶者+扶養親族数)+21万円」以下の人

今回は、収入が減った人が対象となるので、上の2,3,4番目の人が対象となる、とのことです。

具体的に収入がどれぐらい減ったら該当するの?

さっきの条件の中に触れられていた合計所得金額ってそもそもなによ、と思うひともいるかもしれません。

総務省のHPを見ますと、月収がこれらの金額以下の場合は、給付金の対象となる可能性があるとの記載があります。

  • 扶養親族等なし(単身世帯) 10万円
  • 扶養親族等1人 15万円
  • 扶養親族等2人 20万円
  • 扶養親族等3人 25万円
  • 以降1名増えるごとに5万円プラス

扶養親族とは、一言でいうと、収入がないお子さんや親御さん、配偶者を扶養にとっている場合の人数を言います。

と言っても計算はややこしいのですが、今後は総務省のホームページでも条件に該当する人が分かるような判別方法を公開する予定とされています

生活支援臨時給付金のここが分からん!

他にも総務省のホームページを見ますと、給付金について様々な情報が展開されていましたので参考までに書き留めておきます。

  • 給付金の申請先は市区町村
  • 金額は30万円。支払い方法は原則銀行振り込み
  • 給付時期は市区町村の判断で開始

まだ詳細なことは決まっていないことも多いです。給付金がもらえそうなひとはお住いの役所の広報をチェックしましょう。

申請方法は窓口なの?

受付窓口は市区町村とされていますが、新型コロナの影響で外出自粛の中、わざわざ役所まで足を運ばなければイカンの?そんな疑問も感じます。

総務省のホームページによれば、オンラインで申請できるシステム導入を検討しているとのこと。

ただ、マイナンバーカードが必要になる可能性もありますし、どこまで実用性が高いのかも分かりません。詳細は国の発表を待ちましょう。

よめちゃん
システム作る金があるんならもっと多くの困った人にばらまいたほうが良いと思うな。

 

どんな書類を提出すればよいの?

給付金を受け取るためには、収入が減ったことを証明する書類の提出が必要となります。

果たしてどんな書類でこれを証明しろ、というのでしょう?

総務省のホームページによれば…

” 収入状況に関しては、原則として、本年2月~6月の任意の月の収入がわかる給与明細や雇い主からの証明書、帳簿の一部の写しなどの提出をお願いする予定ですが、そのほか簡便に収入状況を確認する方法についても検討する予定です。 ”

とあります。こうした書類を紛失してしまった場合など、救済が受けられないということになるでしょうか?まだまだ分からないことが多いですな。

給付金ってすぐにもらえるの?

これは申請してすぐにもらえないのではないでしょうか。

  • 申込者が殺到
  • 書類審査
  • 銀行振込手続き

などなど、窓口となる役所の手間も大きいでしょう。

そもそも補正予算はこれからですし、受付開始も5月ぐらいから、と言われています。

緊急経済対策という看板を掲げながらも、実際に給付金をもらえるのは申請して数か月ぐらい先になるのではではないでしょうかね。

最後に

luxstorm / Pixabay

ということでとても気になる生活支援臨時給付金についてまとめてみました。

我が家には、かんけーないやと思っている方も多いと思われますが、所得制限未満の児童手当を受給している場合に、1万円上乗せされる緊急対策も取られる模様です。

新型コロナウイルスの給付金関係は動き出したばかりです。動向についてしっかりチェックしていきましょうね!

それではまた明日!

 

-節税