節税

1人10万円の給付が受けられる仮称特別定額給付金について調べてみました

1人10万円もらえる給付金に変更になった

今日は、1人あたり10万円もらえる給付金(仮称特別定額給付金)について調べてみることにします。

先日発表された生活支援臨時給付金についてはブログでも書きましたが、この施策、世間には受け入れられなかったようで。

よめちゃん

制度の目的は理解できるけどね、ちょっと運用に堪えないルールだったわよね。

 

収入減をどうやって証明するかとか、どうやって審査するのかとか、どうやって不正を見破るのかとか、ちょっと無理筋だった点は否めませんね。

そんなことをつらつらと買いた記事はこちら。

で、今度は1人10万円もらえる制度に変更になったということで、我が家でも何に使おうか考え中です。

ということで、今日は1人10万円もらえる給付金について、つらつらと書きつづっていきたいと思います。

給付金の概要

給付金の内容は今のところ正式に発表はされていませんが、明らかになっているのは1人10万円支給という事実。大人だけではなく、子どもにも支給されます。

なので、我が家4人家族は40万円ももらえることになるんです。

でも、いろいろと問題点もあると思うんですよね。一番の矛盾点は生活支援としながらも国民全員に一律支給される点。

  • 高収入の富裕層にも配られる
  • 金融資産をいっぱい持っている投資家にも配られる
  • 反社会的勢力にも配られる
  • 受刑者にも配られる
  • 収入に影響がない年金受給者、公務員にも配られる
  • DVの場合でも世帯主に配られる

生活支援が目的とされながらも、収入減にならない人たちにもばらまかれてしまうので、なんとなく戸惑いを感じる人も多いようです

リーマンショックの給付金と比較

2009年3月から開始された給付金は…

・1人12,000円
・65歳以上又は18歳未満は2万円

という金額で支給されました。

今回のコロナウイルスについては、何かとリーマンショックと比較されることが多いのですが、給付金に関しては、今回が生活支援という性格が強い一方で、リーマンショックでは経済対策の意味合いもありました。

経済対策なら国民一律に給付することに矛盾はないです。

しかし、給付金の効果は薄く、給付金合計2兆円のうち、個人消費に回ったのは2割程度、経済成長に寄与したのはわずか0.2%とも言われます。

今回撤回された生活支援臨時給付金はこの反省に基づいて設計されたものですが、生活支援と国民全員一律支給という矛盾を抱えた制度になってしまった、と言えるでしょう。

今後はどうなる給付金

まずは国会で補正予算が通ってから給付金の支給が始まることになりますが、早くても5月以降となりそうです。

そんな中でどうやって給付金を受け取れるのかを考えてみます。

給付金の受取り方法

2009年の臨時福祉給付金のときなどをイメージすると、こんな感じになるんじゃないかと予想します。

  • 申請書が世帯主に送付
  • ネットでオンラインか郵送で申請
  • 給付金は口座に振り込みとなる
  • 例外的に窓口申請で現金払い

オンライン申請は、マイナンバーカードを使って可能となる模様。電子証明書で本人確認も迅速に可能だ。

マイナンバーカードがない人やカードリーダー、マイナンバーカード対応スマホがない人は郵送で手続を行うことになる。

原則は銀行振り込みで銀行口座がない人は例外的に現金での給付となろう。

将来は増税される心配も?

ありがたい給付金ではありますが、将来待っているのは増税になるんじゃないかと思うのです。例えば今でも東日本大震災復興を目的とした税金を私たちは負担しています。

・2013年から25年間、復興特別所得税
・2014年から10年間、住民税均等割り1000円上乗せ

今回の給付金は東日本大震災並みの経済対策とされていることから、将来の税負担を心配する人たちも多いようですが、ワタシもそう思いますね。

きっとサラリーマンを中心に狙われることになるでしょうから、あんまり手放しで喜べない事情もここにありますね。

最後に

ということで、1人10万円もらえる給付金制度について、概要や今後の予測なども含めてまとめてみました。

本当に困っている人に給付するということが本来の福祉の姿です。でも、なかなか現実的には難しいですね。

マイナンバーも銀行口座との紐づけが可能ですが、これはあくまでペイオフなど預金保護を目的としたもの。今回のような給付金振り込み目的や災害時などには使えないという現状があります。

まあ、とりあえず支給される40万円、意味のある使い道として真剣に考えていきたいですね。

それではまた明日!

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください