しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

知育・玩具

誰でも作れる!レゴブロックの収納場所&自作ショーケースをご紹介します。

2018/10/03

レゴブロックが大好きなのはいいけれど

我が子はレゴブロックが大好きなんです。

まあ、指先も使いますしね、レゴブロックは子ども用の玩具としてとても良いと思うのですが、問題はその収納場所

 

貯まりに貯まってレゴブロックを収納したいんだけどスペースがない、と困っているご家庭って結構あると思うんですよね。

また、完成したレゴブロックはバラバラにせず、そのまま飾っておきたいと思うお子さんもいるはず。

 

今日はそんなニーズに合ったレゴブロックの収納方法、そしてショーケースの作り方をご紹介したいと思います!

レゴブロックの収納は情報が少ない?

レゴブロックが片付かない…

この問題は以前から我が家でも抱えていました。せっかく完成させたレゴブロックもそこらへんに放置していませんか?

 

放置しておくとせっかく作ったレゴブロックがバラバラになったり部品がなくなったり…

せっかく高いお金を出して買ったレゴブロック、きれいに保存しないともったいないですよね。

 

で、誰か美しくレゴブロックを収納したり、ショーケースに飾ったりする人っていないかな、とネットで調べてみたものです。

そこで分かったことは、レゴの上手な収納方法、飾るのに適したショーケースを購入したといった情報はあまりネットに落ちていない、ということです。

 

また、楽天市場やAmazonなどで「レゴ」「収納」などで検索をかけてみても出てくるのはフィギュアのショーケースばかり。これではレゴブロックは収まり切れません。

そこで考えたのがホワイトボックスを活用する方法です。

ホワイトボックスの付属品を活用する

ホワイトボックスは貧乏くさくてイヤだ…

そんなことをいう人もたくさんいますが、ホワイトボックスこそ色んな用途で使い回しすることができる便利なアイテムだと思っています。

今回使うホワイトボックスも約10年前に買ったものを流用。

そこで、登場するのがこちらです。

カラーボックスの中に棚を増やしたり、引き出しやバスケットを入れることができるレールボードです。今回は棚を増やすことになるので棚板も追加購入しました。

購入する前のチェックポイント

これらの棚板を取り付けるために、事前に以下の点をチェックしておきましょう。

カラーボックスのサイズにあうか

アイリスオーヤマ製の商品になりますので同社のカラーボックスなら問題はないでしょう。

ただ、カラーボックスとかってホームセンターのプライベートブランドでも売ってますしね。また、昔に買ったカラーボックスなんてどこで買ったか分からんですよね。

今回ワタシが使ったカラーボックスはアイリスオーヤマ製ではありませんがちゃんと使えました。サイズを測ったらレールボードや棚板がばっちり入りましたね。

商品によってはこれらのレールボードや棚板のサイズが合わない場合もありますから、購入前にはサイズをきちんと図って使えることを確認するようにしましょう

ワタシが持っている同型のカラーボックスはこちらになります。参考まで。

横置きか縦置きか

カラーボックスを横に置くのか縦に置くのかを決めましょう

なぜならレールボードと棚板は、カラーボックスの置き方によって商品種類が異なるからです。部屋の広さや形状によっても置き方に制約があります。

事前にどこに置くのか、縦置きか横置きかを決めて、これにあった商品を購入しましょう。

組み立て時間はたった5分

ということでさっそく組み立てです。

「組み立て」と言っても商品をビニールから出して、カラーボックスのスペースに入れていくだけ。

説明書ではビス止めすることになっていますが、ビスなんて取り付けなくても組み立て可能。なので工具なども不要ですし、誰でも簡単に取り付けできます。

そして完成へ

ということで完成後の写真はこんな感じです。いくつかのレゴブロックも飾ってみました。

カラーボックスの棚を二段に分けて完成したレゴブロックをきれいに収納してみました。まるでディスプレイに展示しているかのようです。この棚に入りきらないようなものやお気に入りのレゴブロックはカラーボックスの上部に設置。

あと、バラで売られているレゴや余った部品などは個別に封入してトレーに収納。

これならバラバラに部屋中散らかることもなく、きれいに収納できますね。

ということで全体図はこちらです。まだまだ空きスペースもあるのでこれからレゴブロックが増えても安心です。

窓下の空間を使って低層のレゴブロック収納の出来上がりです。見栄えもなかなか悪くなく部屋にマッチしてgoodです。

長期間保存しておくと、どうしてもホコリをかぶってしまいます。なので、後日、カラーボックス前面に透明のアクリル板で開閉可能なトビラを取り付けてあげる予定です。

最後に

ということでレゴブロックをきれいに収納&保存用ディスプレイを自前で作ってみました。

ドライバーやトンカチなど特殊な工具を使うこともないので、非力なお母さんや特別な技術もないお父さんでも気軽にできておすすめです。

レゴブロックの収納場所に困っている方、完成したかっこいいレゴブロックを飾りたいと思っている方はぜひお試しいただけたらと思います。

参考記事です。

カラーボックスを使って、今年小学校に入学した我が子の簡易勉強机を作ってみました。

我が子がお気に入りでみなさんにおすすめするレゴブロックをランクキングにしてみました!

 

-知育・玩具