しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

そのほかの格安SIM

子供用スマホにうってつけ!LINEモバイルがベストな理由

2018/09/08

おはようございますしがないサラリーマンです。

先日の日記では、キッズケータイを低価格で安全に使えるようにするため、格安SIMを使ってキッズケータイを自作できないか、という記事をアップしました。

子供用の格安SIMでは、TONEモバイルやFairisiaなどがサービスとして提供されています。

しかし、世間一般に提供されているサービスはどうしても価格も高くなりがちですし、親子利用が前提となるなど様々な制約もあります。

もしも、キッズケータイを月額500円で運用できたらすごいと思いませんか?

もちろん、GPSやおかえり通知などのオプション料金も不要2年契約など契約期間の縛りもないので、違約金の心配もありません。

そんなサービス世の中にあるの?特別な知識が必要なんでしょ?

いえいえ、まったくそんなことはありません。

LINEモバイルを活用

格安キッズケータイを使うために利用するのはLINEモバイルです。

LINEモバイルはその名の通り、株式会社LINEが提供するdocomo系の格安SIMです。

実はワタシはLINEモバイルのメリットってよくわからなかったんです。なぜなら価格が高いから。

例えば3GB音声通話付きSIMの場合、月平均1600円ですが、LINEモバイルの場合は1690円です。

まあ、90円の差なんですけど、全く同じサービスを使うんだったら安いほうがいいに決まっていますよね。

疑問だったカウントフリー

LINEモバイルにはデータ通信にカウントしないカウントフリーサービスという機能があります。

例えばLINEを利用するために必要なデータ通信は使用量としてカウントされません。

他にもインスタグラムやフェイスブック、YouTubeなどもカウントフリーにするメニューもあります。

ワタシ自身、こうしたSNSをデータ通信が逼迫するぐらい使い倒すことはあまりないです。また、YouTubeも外出先でバンバン見ることもないです。

なので、LINEモバイルは値段が高いだけの格安SIMというのが私の中での評価でした。

LINEモバイルのメリット

しかし、いまワタシの中でLINEモバイルの評価は急上昇しています。それはキッズケータイの代用として最も適した格安SIMではないか、と思うからです。

LINE通話が使える

キッズケータイは基本家族同士で使うもの。音声通話までは必要ないですが、緊急時など連絡し合える体制が必要です。

LINE通話なら料金も無料ですし、品質も比較的良いので連絡し合うのにうってつけのサービスです。

また、キッズケータイでの通話制限と同様、LINEに登録した人しか通話できません

LINEの管理者制限がどこまで可能か、我が子にこの機能は使ってはダメとか、運用面での課題もありますが、技術的には問題なさそうです。

LINEがカウントフリー

我が子の場合、LINEを使って画像を送ったりして遊ぶことが多いです。なのでLINEがカウントフリーになることで契約するデータ通信プランも最安値の1GBで済みそうです。

SMSが不要

LINEを利用するためにはSMSでの認証が必要です。しかし、LINEモバイルを利用者がLINEのアカウントを作成する際はSMS認証が不要になります。

なので、LINEだけ使う目的でSMSの導入は不要。通常月120円ぐらいかかるSMSの定額料を節約できるのです。

SMSを使うサービスはLINE以外にもありますけど、まあ、小学生が必要とすることはないでしょう。

特に最近はDMMとかAmazonジャパンを名乗って怪しいショートメールが送られてくることもありますから。ないほうがベターですよね。

セキュリティソフトが無料

何より嬉しいのはiフィルターというセキュリティソフトが無料でついてくること。

iフィルターは危険なサイトにアクセスさせないウェブフィルタリング機能やスマホの利用時間、アプリのインストール制限など、スマホのセキュリティを一元管理できる優れモノです。

iフィルター単体での利用料金は月額300円です。格安SIMの中でもBIGLOBEモバイルが月200円で利用できます。

LINEモバイルは無料で使えるわけですからこれは超お得です。

LINEモバイルの価格

これらすべての機能を合わせて月額なんと500円!なんて安いのでしょうか。

LINEモバイル公式サイトへ

おそらくキッズケータイってお守りみたいなもの。毎日頻繁に使うということはないにしても、イザというときに使える、というのが大事なんですよね。

ならば、そのようなものにはできるだけおカネをかけず、お子さんのための教育や生活用品におかねをかけるほうがよっぽど有益だと思いませんか?

ちょっと知恵を出せば作れる格安キッズケータイ。LINEモバイルの導入をみなさんも検討してみてはいかがでしょうか。

 

-そのほかの格安SIM