しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

高配当ファンド(LTI_FUND)

高配当ファンド(LTI-FUND)の運用状況【米国株編】その2

2016/11/08

20161107_004

現在、ワタシが運用しているオリジナル高配当ファンド(以下、「LTI-FUND」といいます)については、先日の記事でご紹介しました。

このLTI-Fundについては高配当銘柄への投資を行うことで配当金を得て再投資するという複利効果の最大化を図り、将来の配当金生活を目指すものです。

投資先の銘柄は主に日本株が中心ですが、今年に入って米国株の個別銘柄への投資も開始することとしました。

高配当ファンド(LTI-FUND)の運用状況【米国株編】その1 - うえけんの経済的自由を目指すブログ

今日は実際に投資を開始した3つの銘柄を紹介します。

シェブロン (CVX)

シェブロンは石油事業、化学製品事業、採鉱事業、発電事業及びエネルギーサービス事業を行っている会社。上流事業は主に原油と天然ガスの探査・開発・生産、液化天然ガスに関連する加工・液化・輸送・再ガス化、国際石油パイプラインによる原油輸送、天然ガスの輸送・貯蔵・販売、並びにガス液化プロジェクトなど。

下流事業は主に、原油から石油製品への精製、パイプライン・船舶・モーター設備・鉄道車両による原油・精練製品輸送、並びに商品石油化学製品、工業用プラスチック、燃料と潤滑油添加剤の製造・販売を行っています。

予想1株配当は4.29ドルで、配当利回りは4%超。昨今は原油価格の値動きによって軟調に推移していますが、原油業界の一時の危機も乗り越えたように思えます。

エマソンエレクトロニック(EMR)

エマーソン・エレクトリックは工業・商業・消費者市場において製品と技術の設計・供給、及びエンジニアリング・サービスとソリューションの供給を行っている会社。

同社はプロセス管理、産業用オートメーション、ネットワークパワー、商業および住宅ソリューション、および気候技術という5つの事業セグメントを運営します。同社の生産業務は電子機器組立、金属プレス、成形、鋳造、機械加工、溶接、メッキ、熱処理、塗装、組立を含む。平成25年10月、同社はEnardo LLCを買収しました。

1株配当は1.92ドルで3.8%程度。EPSは2.57ドルで、配当性向が若干高めなのが不安点でもあります。

ベライゾンコミュニケーション

ベライゾン・コミュニケーションズは消費者、企業及び政府機関向けに通信・情報・娯楽の製品とサービスを提供する会社です。

同社には2つの事業があり、ベライゾン無線事業は米国において消費者、企業及び政府顧客向けに無線音声・データサービス及び機器を提供している。有線事業は音声、インターネット接続、ブロードバンドビデオ・データ、インターネット、ネットワーク、ネットワークアクセス、長距離通信サービス及びその他の通信用製品とサービスを提供しています。

PERは約14倍、配当利回り4.8%とまだまだ高利回りが続いています。


戦略は長期投資

20161107_003

配当金を享受する目的であることから、トランプリスクや諸々の危機が現れても、基本的に買うことはあっても売ることはない、という方針です。

そのためには今後も高配当利回り銘柄を注視していく必要があります。

米国株だけに情報収集面などで不利な部分もありますが、株主重視が顕著な米国の会社だけにこれからも勉強して、楽しく米国株投資を継続していきたいものですね。

 

-高配当ファンド(LTI_FUND)