しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

高配当ファンド(LTI_FUND)

配当金生活を目指す高配当ポートフォリオの運用成績【2019年7月末時点】

2019/08/02

2019年7月の運用結果は??

7月の株式市場ですが、NYダウは史上最高値も更新しましたし、日本株も昨年末のような悲観相場でもなく、堅調に推移しています。

でも、全然楽観的な状況ではないんですよね。

国内では10月に消費税増税も控えていますし。

米国株もリセッションが現実味を帯びてくる中、7月31日のFOMCでは利下げ発表も株価は急落。

ドル円の値動きも含めて波乱含みの展開も予想されます。

とは言え、予想ばかりしていては怖くなって身動きも取れなくなりますしね。余力を充分に確保して相場と向き合っていきたいです。

では、 配当金生活を目指すための高配当ファンド運用成績を確認していきます。

2019年7月の成績

2019年7月31日現在の高配当ファンドの運用成績は以下のとおりとなりました。

区分 比較 リターン
TOTAL RETURN 前月比 +1.16%
年初来 +9.32%
JAPAN STOCK 前月比 +2.63%
年初来 +6.32%
U.S STOCK 前月比 -0.93%
年初来 +14.16%

日本株運用と米国株運用を合計したリターンは前月比+1.16%、年初来+9.32%となりました。

今月は全体に日本株が堅調でした。米国株はやや低調に終わり、米国株の不調を日本株が補う展開となりました。

日本株運用の部

クリックすると拡大されます。

日本株運用は、前月比+2.63%、年初来+6.23%となりました。

今月は、保有株の決算があり、銘柄によって上下マチマチでした。

上昇はSPK、NECキャピタルソリューション、ソニーFHDなど。下落はキヤノン、住友ゴムなどの大型株を中心に下落。

今月は保有株であったユニゾHDがHISからTOBされるとの報道もあり急騰。全て売り切って こともパフォーマンスを押し上げる要因になりました。

このことについてはこちらをご覧ください!

今月の追加投資はなし。ただし、株価下落に備え、35万円程度証券口座に入金しました。

ここはじっとチカラを貯めたいと思います。

なお、決算発表に伴い、通期見通しの修正などは反映していません。

8月発表分も含めてまとめて更新したいと思います。

米国株運用の部

クリックすると拡大されます

米国株は、前月比-0.93%、年初来+14.16%となりました。

保有株は総じて下落。上昇はPMとSOのみという惨憺たる結果となっています。

今月は新規購入もなく、CPをキープ。先月に続き、今月も馬券で儲かった4万円程度をドル転しようと思っています。

今月の米国株の配当金です。

7月は6銘柄から配当を受け取りました。合計額は162.79ドル、円換算で約17,652円でした。まだまだ経済的自由への道は遠いですけど、着実に配当金が増えていることは実感できます。

目標までの進捗状況

では最後に目標までの進捗状況を示しておきましょう。

日本株と米国株の資産は12,820千円となり、今年の目標である11,929千円を超える規模となりました。また、2030年の目標額に対する進捗は35%と上々の成績です。

まあ、リーマンショックみたいなものが来たら一発で株価半分ですからね。まだまだ油断はできない状況にあると思っています。

予定していたボーナスの入金はまだ行っていない状態。先月末に比べても若干円安に振れている状態ですが、さらにドルを追加購入する予定です。

資産運用、がんばりましょう!

 

-高配当ファンド(LTI_FUND)