高配当ファンド

配当金生活を目指す高配当ポートフォリオの運用成績【2020年8月末時点】

2020年8月の運用結果は??

2020年8月の我が高配当ファンドの運用成績を発表します。

いやあ、安倍首相の突然の辞任には驚きましたね。8年にも渡る長期政権、ワタシ個人としてはアベノミクスによって、準富裕層まで押し上げてくれました。感謝の言葉しかありません。

まずは体調を十分に整えて健康を取り戻していただきたい、本当にお疲れさまでした。

で、世間は次のポスト安倍は誰かという話に映っています。どうやら菅さんが後任となりそうで株をやる人間は一安心というところでしょう。

でもね、首相が誰であっても企業の活動は変わらないわけです。私がやることと言えば、ただただひたむきに配当金で株主還元してくれる銘柄に投資していくだけです。

これからも淡々と高配当銘柄への投資を続けて行きたいと思いますので引き続きよろしくお願いします。

ということで2020年7月の運用成績をまとめていきます。

2020年8月の成績

2020年8月31日現在の高配当ファンドの運用成績は以下のとおりとなりました。

区分 比較 リターン
TOTAL RETURN 前月比 +6.55%
年初来 -8.42%
JAPAN STOCK 前月比 +7.35%
年初来 -12.86%
U.S STOCK 前月比 +5.58%
年初来 -2.25%

日本株運用と米国株運用を合計したリターンは前月比+6.55%、年初来-8.42%となり今月は大幅反発となりました。

安倍首相辞意のニュースで日本株はぐっと下がりましたが、週明けにはほぼ株価が戻った、という印象。

夏枯れ相場ということもありますが、今年は株式運用が熱い8月となりました。

 

日本株運用の部

クリックで拡大できます

日本株運用は、前月比+7.35%、年初来-12.86%となりました。

今月の売買ですが、先日のブログでもアップしたとおり、以下のとおりとなっています。

(買い)
・1413 ヒノキヤグループ
・5214 日本電気硝子
・1948 弘電社
・4634 東洋インキHD
・8008 ヨンドシーHD
・8253 クレディセゾン

(売り)
・5949 ユニプレス
・4636 T&KTOKA
・5110 住友ゴム
・6371 椿本チェイン

長期保有をうたうわがファンドですが、なぜこんなに売買がかさんでしまったのか?詳しくはこちらの記事をご覧ください。

基本的には長期投資のスタンスなのですが、減配を発表する銘柄はさっさと切り捨てて、安定配当を維持している銘柄に乗り換えていく必要があると思っています。

日本株の値動きも底堅くなってきたので、当面売買は行えないかもしれませんね。

米国株運用の部

米国株は、前月比+5.58%、年初来-2.25%となりました。年初来プラスまでもう一歩、といったところ。

今月の売買はありません。

保有株は全体的に堅調。EMR、GPC、TGT辺りが好調でパフォーマンスを押し上げました。S&P500から外れたPFEやXOMは株価が低調に推移しいています。

資金はキープしているのですが、まだまだ買い場ではないとみて様子見が続いています。早く何か買いたい。

ということで今月の米国株の配当金です。

当月は 2銘柄から配当を受け取りました。合計額は約50ドル、日本円に換算して約5,000円程度でだいぶ少ないですね。

まだまだ経済的自由への道は遠いですけど、毎月もっと配当金が貰えるようにひたすら頑張りたいと思います。

目標までの進捗状況

では最後に目標までの進捗状況を示しておきましょう。

総資産残高は、先月の13,477千円から14,733千円に大幅に増加しました。

日本株の値動きなどを見るとまだまだ波乱含みの様相で決して油断はできないですね。

よめちゃん

とりあえず年初プラスが見えてきたわね~

 

節約してお金いっぱい貯めて、どんどんお金を増やしたいですね!

それではまた明日!

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。