自己啓発本

浅見帆帆子著「あなたは絶対!運がいい」を読了しました。

あなたは絶対!運がいいを読んでみた

今日は浅見帆帆子氏のベストセラー「あなたは絶対!運がいい」をレビューしたいと思います。

なぜこの本を読んだのか?

よめちゃん

運を引き寄せて、馬券や株で勝ちたいと思っているからでしょ(呆)

 

まあ、それもありますけどね(;^_^A

 

この本は、あの有名なユーチューバー講演家の鴨頭さんが推奨していた一冊。

何より、自分で自分のことを運がいいな、と思っていると、思っていることが次々に実現するらしい…ほんとかね?

 

このブログでも運についてはこんな記事を書いていました。

 

私たちは、世間一般で言われる「運」について、どうやって立ち向かっていけばいいのか?ワタシが一番興味のあるテーマでもあるのです。

結論から先に言うと、この本のポイントは以下のとおりです。

  • 思うことは現実化する
  • プラス思考で対処する
  • 理想は声に出す、文字を起こす
  • トラブルはレベルアップのチャンスとして捉えよ
  • 良いことも悪いことも自分が引き寄せている

 

よめちゃん

なんかスピリチュアルで胡散臭い感じがするけど…(^-^;

  

そうなんです。

でもね、読んでいるうちに、これって本当にそうかもしれない、と納得しながら読み進んでいったんですよね。

 

もしも、あなたの気持ち次第で運がよくなって、そして人生が変わるとしたら…??

 

そんなことがこの本には書いてあるのです。ご興味のある方もない方もぜひ読み進みください!

「あなたは絶対!運がいい」レビュー

事実はひとつ、感じ方は人それぞれ

ワタシがこの本を読んで感じたのは、

  • 事実はひとつ
  • でも、感じ方は人ぞれぞれ
  • それなら自分に有利に働くように捉えるようにしよう

この本の一番重要なポイントってこれだと思うんです。

例えば、

  • 人から悪口を言われた
  • 仕事でミスした
  • 友人とケンカした

とかよくある話。これって気持ちが落ち込んだり、悩んだりするじゃないですか。

でも、これらをマイナスに捉えるのではなくてプラスに捉えること、つまり…

悪口を言われるぐらい自分のことをねたんでいるんだな、とか。
ミスしたことで自分の弱みが分かったからさらにレベルアップできる、ラッキーだ、とか。
ケンカしたことで相手の言い分も自分の言い分も分かって仲を深めるチャンスだ、とか

 

まあ、ひとつの例ですけど、こうして捉えるようにすれば自然と悩みも減ってくるでしょう、ということです。

これってまあ気持ちの持ちようってことです。

物事の感じ方ってひとそれぞれで許されるのであれば、自分に得するように、つまり自分の人生にプラスに働くように思考すべきなんじゃないか、という理屈です。

運がいいと思うと運がよくなる

自分の人生にプラスに働くように思考するなら、世の中のあらゆることに悩まなくなりますからね。

・運が悪いなあ、ということを感じなくなる
・運が良いことしか意識しなくなる

理屈としては理解できます。すべてのことをプラスに捉える、いうのは簡単だけれども、ちょっとした鍛錬が必要になるかもですが。

アメリカのことわざでもこんな言葉があるそうですよ。

A little pot is soon hot

気持ちの小さい人間はちょっとしことでもすぐに腹を立てる、という意味です。

自分がイヤだな、と思うことはその人のレベルを表しています

嫌なことには理由があるはずです。例えば、仕事がイヤだな、めんどくさいなと思う場合

  • なぜ仕事がイヤなのか、理由を考える
  • 課題に対して原因を探る
  • 原因に対して改善する努力をする
  • これを繰り返す

このことで自由な人生、望み通りの人生に一歩近づいてくる、本書ではこのように説きます。

 

強く思うことで実現する

これは色んな本に書いてある話ですが、自分の理想を実現するんだ、と強く思うことが目標達成の秘訣とされます。

・理想は声に出す
・文字に起こす
・理想を達成した後の様子をイメージして取り組む
・理想を持っていればトラブルは少なくなる

ワタシの場合は、文字に起こすためにこのブログに書いたり、普段持ち歩く手帳に書いたりしていますが、

理想を達成した後のことをイメージして取り組む、という意味では、経済的自由を手に入れたイメージでブログを書いてみる、というのも良さそうです。

最後に

ということで浅見帆帆子氏のあなたは絶対運がいいの感想をまとめてみました。

今日の記事を読んで…

・理屈として都合が良すぎる
・そんなのエビデンスがない

と思った方もいるかもしれません。でも、

病気は気からという言葉もあるように

人間は感情の生き物であるという言葉があるように

考え方で人生変われるのなら、試してみる価値はあるのではないか。

ワタシはそう思いますね。

というか、ワタシはこのような本に10代の頃に出会えていたら、人生は大きく変わっていたのではないか、と。

でも、人生折り返し地点のワタシですが、まだまだ遅くないと信じて、少しずつ鍛錬を続けていきたい、そんな気持ちにさせる一冊。

 

興味のある方はぜひ手に取ってみてください。

それではまた明日!

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。