しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

レビュー

霜降り明星が優勝!2018年M1グランプリの順位やチャンピオンを振り返る

2018/12/04

2018年のM1チャンピオンが決定!

M1グランプリを愛してやまない男、しがないサラリーマンです。

今年の年末恒例のM1グランプリが12月2日行われました。ワタシはこの番組大好きなもんでね、毎年かかさずリアルタイムで見ていますよ。

ちなみに昨年のM1グランプリに関する記事はこちら。

そしてさらに同時並行で録画もして、最低3回は見返しますね。何回か見るとそれでまた別の面白を感じることができるのです。

放送直前のこの日は、我がブログのM1グランプリのページのアクセス数も急増。そっか、M1グランプリでも検索ニーズってあるもんなんだな、と思いこの日記を書いています(半分ホンキ)。

今年のファイナリスト3組

今年のファイナリスト3組は、霜降り明星、和牛、ジャルジャル。

ファイナリスト常連の漫才コントの和牛、独特の世界観を持つジャルジャル、若手で勢いのある霜降り明星。それぞれが力の入ったマイン財を見せてくれました。

優勝は霜降り明星、準優勝は和牛

毎年ファイナリスト常連の和牛は今年も2位。

常に漫才コントと漫才のはざまで評価が大きく変わる和牛のネタですが、ワタシは個人的には一番面白かったのは和牛だったと思うのです。

ファイナリスト常連だけに和牛に対しては笑いのハードルも上がっています。ほかのメンバーだけではなく、過去のM1のネタよりも面白いかどうかがポイントです。

それをもってしても、今年の和牛のネタは超絶でした。特に最後の救急車のくだりは最高で、見ている我々も騙された感じがすさまじかった。

ジャルジャルも面白かった。漫才の決めポーズだけでここまでネタを膨らませるのはとてもくだらないし、バカバカしいが、そこに笑いのツボを感じました。

3組の中で一番面白くなかったのは霜降り明星

勢いと大きなジェスチャー、顔芸で笑わせるスタイルは、M1向けでないような気もします。

でも、優勝は霜降り明星でした。ケチをつけるわけではないですが、審査委員には新勢力の霜降り明星に優勝させたかったんじゃないか、そう勘繰りたくなる判定でした。

そんな議論もできるのもM1の面白さ

だれが一番面白いか、あの判定はおかしいのではないか―そんな議論があるのもM1の面白さだったりするわけです。

実際にTwitterのアンケートを集約してみますと、やはり一番面白かったのは和牛だったようです。


優勝者を的中できるととても嬉しい気持ちになりますね。

最後に

 

ということで2018年のM1グランプリを振り返りました。

テレビではめったに見れないお笑いのガチンコ勝負を無料で見れるなんて超お得ですよね。お笑い好きにとっては超面白いM1グランプリ。今後もDVDなどで販売されることでしょう。その時は要チェックですよ。

 

-レビュー