しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で、豊かな日常生活を目指します

読書感想文

和田亜希子著「ミニサイトをつくって儲ける法」を読んだ。ブロガーにとっておすすめの一冊

2018/04/09

ミニサイトを作って儲ける法を購入

少々前の話でありますが、和田亜希子著「ミニサイトをつくって儲ける法」を購入しました。ブロガーにとってはとても有益な一冊と感じ、簡単なレビューを書きたいと思います!

ワタシがミニサイトに興味を持ったわけ

この「ミニサイトをつくって儲ける法」を買ったのは、以前からミニサイトというものに興味を持っていたからです。

わがブログは最低でも2日に1回程度の頻度で記事を更新していますが、テーマはバラバラでいわば「雑記」というものに等しい内容です。

サイト自体はテーマを特定の分野に収めたほうがベターと分かっていながらも、特定の分野だけで日々更新するのはとても苦難な道。ワタシにとっては、このことに葛藤も感じながらブログ運営を続けているところです。

完結型のミニサイトなら運営できそう

そんな中、知ったのがミニサイトの存在。ブログが継続的な情報発信ならばミニサイトは完結型のコンテンツの集まりで済みます。これなら、自分が得意とする分野に特化した内容でサイト運営も可能となりそうです。

そんな思いで手にしたのが、ミニサイトを作って儲ける法という本です。

率直な感想

この本はミニサイトの効率的な作成方法がポイントを押さえて書かれていています

アマゾンのレビューなどを見ると、こんなことはネットに書いてある、とか、この本を読んでもうまくいかないとか、そんな批判もあります。

しかし、このようなノウハウものの本の場合は、ネットに落ちている分散化された情報を拾うよりも体系的にまとめられた一冊の本が理解が進みやすいです。

特に、ミニサイト運営に重要な作業項目についても端的にまとめられています。

テーマ決め、タイトル決め、ブログ紹介文の検討、企画書の作成方法、タスク管理などなど、ミニサイト完成に必要な情報がいっぱい掲載されていてとても参考になります

この本に書かれているように、ミニサイトを書き放しにして放置してもアクセスが上がるのかは疑問に思う点もありますが、まずは試してみることから始めてみたいと思っています。

ミニサイトの次のステップも

まずは雑記用ブログで記事を書きまくり、その中から、特定のテーマをスピンオフさせてミニサイト化する、というやり方を提唱しています。

複数のブログを持つことは継続するための負担も増しますが、スピンオフすることを考えれば両立できるような気がします。

また、ミニサイトの運営が軌道にのってくれば、アマゾンで電子書籍(キンドルダイレクトパブリッシング(KDP))も出版することも視野に入ってきます。

ブログ運営の行先が見えてきたような気がします(笑)

最後に

ということで、ミニサイトをつくって儲ける法をご紹介しました。この本が出版されたのは2016年。日進月歩のインターネットサービスにおいても、なお、この本に書かれた内容は風化することなく、現在でも通用する有益な一冊となっています。

これからブログを始めたいと思うヒトやすでにブログ運営している方にも読んで損はないと思いますよ!

他にもこんな本がおすすめです!

カンイチさんの本。とても分かりやすいです。アフィリエイト関連ならこちら。

ワタシももっともっと勉強していきたいと思っています。

それではまた~

-読書感想文