しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

子育て

我が子のためにネット銀行の未成年口座を開設するときの注意点はこれ

しがないサラリーマンですおはようございます。

昨日のブログでは、ネット証券の口座開設における準備、と題しまして、銀行口座の開設を先行して行うことが必要であるとの記事を書きました。詳細はこちら。

で、今日は、そのネット銀行に口座を開設するときの注意点をまとめてみたいと思います。

みなさんの中にも我が子のために銀行口座の開設に興味を持っている方もいると思います。また、口座開設をしてみたいと思う一方、めんどくさくて結局何もしていない、するヒマもない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

我が家の場合は、長女がもうすぐ小学生、長男は昨年生まれたばかり。実際に二人分まとめて口座開設の手続きを取ったのですが、ネット証券の口座開設に比べると意外と簡単でした。

ただ、未成年口座の場合は手続きに二週間程度の時間がかかります。だからこそ思い立ったらすぐに行動に起こすことが大切です。

みなさんのお子さんのために口座開設する際の一助となれば幸いです。

未成年口座開設時の基本は窓口?

ネットなどで検索すると、メガバンクなどは実際に銀行窓口に足を運び、そこで開設の申し込みが必要なんて情報もありました。

しかし、どうなんでしょう、平日に銀行に行くなんて仕事で忙しい我々としては不可能ですよね。

また、住信SBI銀行やジャパンネット銀行など15歳未満には口座は開設できないという金融機関もあります。

小学校未満の未成年で口座開設できるネット銀行は、楽天銀行、ソニー銀行、新生銀行など特定の金融機関に限られるようです。

我が家は新生銀行をチョイス

ワタシが我が子のために開設する銀行は新生銀行です。その理由をまとめるとこんな感じです。

  • 残高や入出金をネットで管理できる
  • 口座残高にもよるが、振込手数料が一定回数無料
  • 引き出せるATMが豊富(コンビニ、郵便局など)手数料も無料
  • ワタシのメーン口座が新生銀行だから
  • Tポイントも貯まる

などなど

これ以外にも、新規口座開設の場合は、3か月物の定期預金で特別金利のキャンペーンなども実施中です。

やはり一番大きいのは入出金手数料無料の部分。ネット証券に振り込む際にも手数料を払わなくて済むのが大きいです。

未成年口座開設の注意点

ということで実際に新生銀行で未成年口座を開設してみました。そのときの体験談を踏まえ手順や注意点をまとめてみました。

まずは必要事項の入力

新生銀行のウェブサイトから「はじめてのかたへ」をクリック、口座開設ボタンを押します。規約などを確認して画面遷移して、口座名義の方の氏名、住所などの必要事項を入力するだけです。超簡単でしょ。

申込方法は郵送のみ

新生銀行で口座を新規開設する場合は、(a)スマホアプリ、(b)入力した情報を自分でプリントして郵送して申し込む、(c)入力した情報が印字された用紙を新生銀行から送ってもらい、再度郵送して申し込む、この3つのやり方があります。

未成年口座の場合は、スマホアプリを使うことができません。なので、(b)か(c)の方法で開設することになります。

(b)の方法によれば約2週間で開設可能です。ただ、自分で申し込み用紙を印刷する必要があるので、パソコンから印刷できない場合は(c)による方法となります。

本人確認はシンプル

ネット証券の口座開設時に比べ添付書類もシンプルです。また、普通口座のためマイナンバーの提示も不要です。

親権者(二人)との続柄を記載した書類として住民票の写しか戸籍謄本と附票を提出すればオッケーです。これがなければ、健康保険証と公共料金の請求書・領収書の2点の提出でも代用は可能なようです。

本人確認書類は複雑なので新生銀行のホームページでご確認いただいたほうが確実ですね。

親権者も口座開設していること

ネット証券のときと同様に親権者も新生銀行に口座を開設していることが前提となります。また、未成年者で13歳未満の場合は、法定代理人による取引の届出書の記載も必要なります。

申込は1口座ずつ郵送で

郵送で口座開設する場合、宛先を印刷して封筒に貼って投函することになります。切手代などは不要です。ただ、我が家のように子供二人分の口座開設をする場合は、まとめて封筒に同封せずに、別々に郵送してください、とのこと。

また、添付書類についても二人分ならそれぞれに必要とのこと。住民票の写しを提出する場合はそれぞれ1部ずつ計2部必要になります。うむ、手数料がもったいないけど仕方ないですな。

いよいよ申込みへ

ということですべて書類が同封されていることを確認してポストに投函しました。うーん、二週間後が楽しみですねー。

以上、新生銀行を例にネット銀行での未成年口座開設についてまとめてみました。正直、手続自体は簡単です。

みなさんのお子さんのために口座開設をする場合は、ネット銀行でお手続きされることをおすすめしますよ。

 

-子育て