しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

三井住友VISAカード

消費税増税に負けない!三井住友VISAカードとANA JCBプリペイドカードを申込みしました!

2019/10/18

お得なカード2枚を新規申込み

消費税増税が始まる中、世間では色々なクレジットカードやバーコード決済のキャンペーンが実施中です。

ヨメ
いったいなにを使えば一番お得なのか分からないわ~

 

そんな疑問をお持ちの方にワタシの取った行動をご紹介します。

ワタシ自身、LINEペイとかQUICKペイとかバーコード決済のヘビーユーザー。そんなワタシが消費税増税対策の一貫と思われる最もオトクな大キャンペーンを比較した結果をご紹介します。

 

三井住友VISAカード エブリプラスを申込み

20%キャンペーンを実施中。クイックペイやみずほウオレットと利用期限がズレているのがよいです。

特に正月などには出費もかさみますから、有効活用できそうです。

作ったカードは、三井住友VISAカードエブリプラス。エブリプラスなら年会費もかからないので余計な出費につながりません。

ANA JCB プリペイドカードを申し込み

ANA JCBプリペイドカードを申し込みました。これはJCBキャンペーン、QUICKペイでの登録利用で20%還元キャンペーンを実施中です。

現在、ワタシはQUICKペイにはソラチカカードを登録しているのですが、そろそろ上限の5万円に達する見込み。

そもそもソラチカカードは来年以降、解約候補となるクレジットカード。その理由はLINEポイントのメトロポイントへの交換ができなくなったためです。

秋口にはANA JCBプリペイドカードをQUICKペイに登録して20%還元キャンペーンの適用を受けるつもりです。

使わなくなったカードは解約する

年会費無料であっても、使わなくなったクレジットカードは解約するように心がけています。

与信枠を気にするほど収入面を気にしているわけでもないですが、使わなくなったクレジットカードをそのまま持ち続けるのも気持ちが悪いですしね。

JCBカードのキャンペーンを受けるためには、還元される2020年3月までは保有して置く必要があります。解約する際はご注意を。

キャンペーン二重取りで40%還元も?

とあるブログに書いてあったのは、ANA JCBプリペイドカードと三井住友カードエブリプラスを活用した還元方法。

簡単に言うと、三井住友カードからnanacoにチャージし、nanacoからANA JCBプリペイドカードにチャージし、ANAJCBプリペイドカードをクイックペイに登録するのです(ちっとも簡単じゃないか)。

このやり方で最大40%の還元が受けられるそうです。

詳しくはこちらのブログを参考にしてください。

それしてにもスゴイこと知ってますなあ(関心)。

最後に

ということで、三井住友VISAカード、エブリプラスと ANA JCBプリペイドカード を申込みした理由をまとめてみました。

もうスマホのバーコード決済はあまりうまみもなく、当面はクレジットカード、nanaco、クイックペイを中心に決済で使う予定ですが…

ワタシ
これらのキャンペーンが終わったあとの残る道は、クオカードなどの株主優待銘柄を買いまくるしかないかな

 

ということでクオカードの話はまた後日にでも。

-三井住友VISAカード