しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

パソコン

初心者が陥りがちなパソコン選びの誤解?コスパに優れたパソコンを買おう!

2019/03/22

パソコン選びを相談されて困ったこと

そういえば、先日、うちの兄にパソコン選びを頼まれましてね。

うちの兄は職人なもんでパソコンとかスマホとかあまり詳しくないみたい。

で、お金はいくらでも出すのでパソコンを選んでくれ、と頼まれたわけです。

初心者が陥りがちな思い込み?

最近のパソコンって昔に比べるとメーカーや機種によって差が無くなっているのが事実。

だから、パソコンに詳しくない人から見たら、「何がどうちがうの」「これやすいけど、本当に動くの?」など疑問に思うのも仕方がありません。

そんな初心者だからこそ疑って欲しい事例を挙げてみました。

日本のメーカーだから安心

ええ、そんなことはないです…

というか日本のメーカーはむしろ避けたいです。

とにかく不要なソフトが多い。富士通のパソコンとか、起動までめちゃめちゃ時間がかかりますからねえ。それでいてパソコン本体の価格も高い。

NEC、富士通などなどメーカー名を知っているとなんとなく安心感があります。でも、今は安くて性能のいいパソコンがいっぱい出てます。

ざっと見た感じですと、同じスペックのパソコンでも数万円ほどの差があるんです。バカバカでしょ?

ムリに日本のメーカーを買う必要もないですね。

最新の商品がベストだと思っている

まあ、これも気持ちは分かります。

でも最新モデルというだけで価格は値上りしていて、中身は現行モデル全然変わっていない、というケースだってあるんです。

最新モデルを買うことがライフワークだったり、他人に自慢したい、などの理由があるならともかく、コスパの優れたパソコンを買おうと思ったら、最新モデルは避けたほうがいいと思います。

エクセル・ワードが必要?

これもよく聞くんですけどね。自宅でExcelってやりますか?

いややるよ、家計簿とか、文章作成するからオフィスソフトは必要なんですってね。

でも最近では便利なものでグーグルスプレッドシートとかグーグルドキュメントとか、ネット上で利用できるサービスがあります。

また、ワタシが使っているWPSなどもExcelやWordなどと互換性もあって便利なんです。

いやパワポが…というのであれば無料ソフトでオープンオフィスなんてソフトもあります。

お仕事で頻繁にプレゼン資料を作ったり、エクセルマクロを利用したり…なんてことがあればオフィスソフトは必要ですが、プライベートで使うレベルならオフィスソフトなんて導入する必要なんてないんですよね。

ワタシが今お勧めしたいパソコン

そんなわけで、始まったパソコン探し。今私があたりをつけている商品をまとめてみます。

DELL XPS13 プレミアム

DELLのXPS13の魅力はベゼル(ノートパソコンのモニタの淵のこと)の薄さ。薄いベゼルによってコンパクトな本体を実現していて携帯性もあります。

スペックもメモリ8GB、Core i7、SSD256GB以上で十分なレベルです。

注意すべき点は、インターフェースにUSBメモリA型がない点。サンダーボルト3(USB-C)対応ということなので、HDMIケーブルは、これまでのUSBメモリを使おうと思うと変換器別売りが必要になります。

あと値段が相応に高いことですかね。

HP Pavilion 13 an0000

ネットやウェブなど中心。でも使い勝手は重視したいという方にはこちら。

今年の2月最新モデルですが、メモリ8GB、Core i5と余裕のスペック。SSD256GBでパソコンの起動も快適。オフィスソフトもついて10万円割れはとても安いです。

レノボ Ideapad 330S

レノボはIdeapad 330 Sでオフィス付きのパソコンがあります。モニタサイズは14インチで少々大きめで、持ち運びには不適かもしれません。でも自宅で使う分には問題はないと思いますし、スペック的にも十分。

レノボと聞くと安かろう悪かろうというイメージもありますが、最近はパソコン事業で富士通と合弁会社を設立するなどパソコン事業に本腰を入れている印象です。

最後に

ということで、初心者の方がパソコンを選ぶ際のポイントをまとめてみました。

事例に挙げた3機は購入候補でして、この中からパソコンを購入する予定でいます。

まずはお店に行って、実際にパソコンを触ってみて、見た目の印象やサイズ感などを確かめてみることをおすすめします。

参考記事です。ワタシが使っている愛機 DELL INSPIRON 5000シリーズも快適でお勧めです。

-パソコン