しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

NifMo

通信速度も良好!料金もお得なNifMoにMNP転入しました

2017/09/03

先日からお届けしている格安SIMシリーズです。

IMG_20160825_093802

今までの記事では3大キャリアから格安SIMに切り換えることで通信費、とりわけスマホ代金の節約が可能になるという記事をアップしました。

格安SIMは本当に大丈夫?通信速度や通話などの使い勝手のこと

しかし、群雄割拠の格安SIM業界、どの格安SIMが最適なのか悩ましく思っているスマホユーザの方もいると思います。そこで、今回ご紹介するのは、通信速度も安定、サポートや信頼性も高い、そして、格安SIMの中でも安い、まさに、三拍子そろった格安SIMと言っても過言ではないNifMoを紹介したいと思います!

※文中の金額は断りのない限り消費税別となります。また、通信費用に関してはユニバーサル使用料は含まれておりません。

MNP転出までの経過

IMG_20160825_110806

我が家では今までIIJ-みおふぉんの格安SIMを使用していました。しかし、ウチの嫁さんがスマホをトイレに水没してしまい、新たにスマホを購入することになったのでした。スマホを水没させたのは実は2度目。なので次に買うときは防水機能つきが必須要件となったわけです。

海外のSIMフリースマホには防水機能付きが少ないので、日本製のスマホから選択することになります。これまではMicro SIMを使ってきたために新端末にあわせてnano SIMへの交換が必要になります。しかし、SIM交換するための交換手数料を払うぐらいなら、新規契約をしたほうが価格面でお得になることが多いのが通信事業者の常であります。

そこで、IIJ-MIOからMNP転出して新たな格安SIMに切り替えることになったのです。

NifMoを選択した理由・・・それは価格

20160815_005

そこで白羽の矢がたったのはプロバイダの老舗、NIFTYがサービス展開している格安SIM「NifMo」です。

NifMoは様々な格安SIMの比較サイトで見る限り悪い評判は聞くことが少なく、何より通信速度が安定していて格安SIMの中でもランキング上位に食い込むことが多い格安SIMです。

実はNifMoは以前から気になっていた格安SIMで、本ブログも以前に記事にしたことがあります。

今すぐ格安SIMを申し込むなら?個人的に評価の高いMVNOを紹介します!

一方で、価格競争の面では、DMMモバイルやイオンモバイルなど新規参入のMVNOに推され気味です。また、サービス面でも各社が月額通信量上限を家族で分け合えるようなシェアプランなど新しいサービスを開始する中、NifMoはサービス拡充と言った展開はあまりなく、個人的には業界の中でも最も地味な存在であるイメージがあります。

しかし、今回NifMoを選択することになったのは、8月までの期間限定となるキャンペーンです。これを利用すると、普通に安い格安SIMがさらにお安く利用できるようになるのです。

キャンペーンでどれだけ安くなるのか

このキャンペーンによるお得な割引プランは、スマホの購入と格安SIMをセットで申込む「機器セット割」が前提条件となります。今年8月中までにこの「機器セット割」を申し込むことで以下のキャンペーンを受けることができます。

機器本体代金からのキャッシュバック

機器本体代金から、プランに応じたキャッシュバックを受けることができます。

データ通信専用/SMS対応タイプ 音声通話対応タイプ
3GBプラン 8,000円 10,000円
5GBプラン 8,000円 10,000円
10GBプラン 8,000円 20,000円

我が家の場合、これまで月額の通信利用は3GBプランでお釣りがくる利用頻度です。3GBプランの場合、10,000円のキャッシュバックを受けることができ、本体が約35,000円ぐらいですので、実質25,000円で日本製の端末が買えてしまうのです。

このキャッシュバックの注意点もあります。

  • キャッシュバックは利用開始して9か月後に振り込まれます。
  • 振込先の口座情報はNIFTYのホームページから登録します。未登録の場合はキャッシュバックが受けられません
  • 一括購入の場合でも、24回の分割払いでもどちらでもキャッシュバックを受けることができます。
  • 分割払いの場合、その代金はNiftyではなくジャックスに支払うことになり、別途審査が入ります。

月額費用も割引で業界最安値水準へ!

機器セット割によって、スマホ本体のキャッシュバックもありますが、なによりうれしいのが月額利用料金の割引です。

3GB+音声通話付プランを例にとると、NifMoの場合は月額1600円で他の格安SIMに比べると安いほうとは言えません。しかし、機器セット割にすると、月額1600円が200円割引きの1400円となります。この価格は業界最安値と言われるほかの格安SIMよりも安い価格設定となります。

格安SIM プラン 料金
NifMo 3GB 1400円
イオンモバイル 2GB 1380円
DMMモバイル 3GB 1500円
IIJ-MIO 3GB 1600円
DTI SIM 3GB 1490円
mineo(Dプラン) 3GB 1600円
BIGLOBE SIM 3GB 1600円
楽天モバイル 3.1GB 1600円
OCN モバイルONE 3GB 1800円
UQ-MOBILE 3GB 1680円
FREETEL 3GB 1600円
U-MOBILE 3GB 1580円

ここで主な格安SIMの価格比較表を作成してみました。NifMoの料金が最も安いのが分かると思います。

実はNifMo以外の格安SIMの月額料金はキャンペーン適用外の正規価格なので一見不正のようにも思えるのですが、NifMoの割引適用期間は24ヶ月となっています。他社のキャンペーンは2か月とか6ヶ月とかかなり短いので、NifMoの割引キャンペーンがいかにお得かが分かりますね。

ただし、上記で挙げたもののうちFreeTelの「使っただけ安心プラン」は3GBで1301円とかなり安くなっています。こちらも興味津々ですね。

肝心の通信速度は?

ということでさっそく乗り換えたNifMo。最も心配なのは品質、とりわけ通信速度ですが、さっそくアプリを使って計測してみました。

Screenshot_20160825-144544

時間帯によってばらつきのある計測値ですが、3回計測して平均下り20Mbps程度、上りは10Mbps程度と値としては遅くない速度だと思います。

ちなみにIIJ-MIOで計測した値はこちらになります。

Screenshot_2016-08-25-14-34-15

さすがに顧客満足度ランキングNO1のIIJ-MIOだけあって通信速度はずば抜けて高いですね。さすがにIIJ-MIOには及ばないものの、NifMoも普通に使えるぐらいの速度だと思います。

その他NifMoをすすめる理由

そのほかNifMoへの切り替えにあたっては大きな問題もなくとてもスムーズです。

  • 申し込みからSIM+端末が家に到着するまでに6日間かかった
  • その間は契約中の既存格安SIMで利用可能
  • NifMoへの回線切り替えはインターネットから専用ウェブサイトにアクセスしてボタンを押下するだけ。
  • 午後3時までに回線切り替えを行えば当日中。これを過ぎると翌日。ワタシの場合は、午前11時前ぐらいに回線切り替え処理を行ってから、約1時間30分弱でNifMoの利用が可能となりました。
  • 端末はAPNの設定などマニュアルを見れば簡単

 端末購入+格安SIM新規申し込みのヒトには特におすすめ

IMG_20160825_093434ということで、NifMoのおすすめポイントをまとめてみましたがいかがだったでしょうか。特にスマホ本体を購入して格安SIMも契約したいと思っているヒトにはうってつけのキャンペーンだと思います。

ワタシの場合は、スマホ本体はFUJITSU ARROWS M03を購入しました。スペックもまあまあですし、防水、ワンセグなどの機能も豊富です。レビュー記事はこちらです!

富士通スマートフォン arrows M-03のファーストインプレッション - うえけんの経済的自由を目指すブログ

 

他にもHUAWEI Ascend P9 LITEなど人気機種も取り扱っているようですので一度調べてみるのも得策だと思います。NifMoのキャンペーンは8月中まで。本当にお得ですので検討してみてはいかがでしょうか。

*----------------------------------------------------------

2016年9月1日追記

NIFMOでは新たに3つのサービスを開始するとのニュースがありました。今後のNifMoのサービス拡大にも期待したいところですね!

トクする仕組みが入ったスマホはNifMo(ニフモ)。



-NifMo