しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

ブログに関すること

たった48秒のために何故ワタシが90分間の作業を続けられるのか

しがないサラリーマンですおはようございます。

さて今年もあと数日間で終わりですが、今年も無事ブログを更新し続けることができました。これもひとえにこうして訪問してくださるみなさまのおかげです。

このブログを開設した当初は、1週間に2,3回更新だったのですが、今年の2月初めから方針を転換し、毎日1日更新をモットーとしました。これ以降、毎日ブログ更新を継続してきました。

で、今日のテーマは「48秒」です。このブログに関係することなのですが、この48秒の意味、何か分かりますか?

しがない流のブログ更新

48秒の答えは後ほど、ということで、周りからはよく毎日ブログを書けますね、なんてことを言われたりもします。

ただ、実際は毎日書いているわけではありません

決まって書く日は、金曜日の夜、土曜日の早朝、日曜日の早朝のいずれか。この3日間でまとめて一週間分どーんと書くわけです。

ワタシの場合、ブログの記事1本書くのに早くて1時間程度、ボリュームのある文章で写真などの画像を凝る場合は、長くて2時間ぐらいダラダラと書いたりします。

なので、3日間で7本、平均1時間30分としてかかるので、10時間以上ブログ更新に時間を割いていることになります。

48秒の回答

で、先ほどの48秒という数字。

これは我がブログに訪れた方が記事1本に滞在する時間です。つまり、1本の記事を読むのに平均48秒しかかからず、さっさと次のページに行ってしまうのです。

ブログ記事1本書くのに早くて1時間、場合によっては2時間かかるのに、読み手はたった48秒しか見てくれてない、ということになります。

このような書き方をするとブログを書くことって空しいって思うかもしれません。

ブログを毎日書けるわけ

その理由は、ひとつはブログを書くのが純粋に楽しいから、もうひとつはアフィリエイト収入など頑張っただけの成果が見えているからです。

アフィリエイトに関しては毎日更新を貫いていることや、最近ではhttps化を図るなどブログ自身の評価も高まったせいか、弁当代・飲みもの代など一日の支出よりもその日の収入のほうが多くなりました

また、単にカネを稼ぐだけが目的ではなく、基本、こうしてダラダラとブログを書くのがとても楽しいので、毎日更新が継続できているのだと思います。

なお、一日の収入>1日の支出はGoogleアドセンスだけの話で、amazonや楽天アフィリエイト、A8netなどを合わせれば、その差はさらに広がります。

まあ、実際にネタ切れの週なんてことはありますが。その時でも日々ブログネタになりそうなものはスマホ上に記録するなど努力を惜しみません。

経済的自由を実現するための枠組みを作るために

 

ブログというコンテンツが今後SNSの中でどのように位置づけられるのか、未来のSNS予測は困難でしょうが、現時点では大切な収入源のひとつです。

資産運用の中には、お金に働いてもらう、という言葉がありますが、ワタシの場合はお金だけではない、ウェブにも働いてもらってるんだ、ということになります。

給与収入のほか株式運用など複数の収入源を持つことはリスク管理面でも大切だと思います。

その中でも、お金自身に稼いでもらう、ウェブに稼いでもらう枠組みを作り、自分は家計の総司令官のようにマネジメントに徹することが経済的自由への近道だと思っています。

これからもひとつひとつ技術を磨きながら、毎日ブログ更新を続けていきたいと思っています。

 

 

 

-ブログに関すること