しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

ブログに関すること

人の前で話すこととブログ記事の書き方の共通点~上手にブログを書くにはどうしたらいい?

2019/11/28

まだまだブロガーとしてひょっ子なワタシが感じたこと

本ブログは開設して4年目に入ろうとしています。記事数も1000記事を超えていて…

ワタシ
よくまあ、ここまで続いていることよ…

 

基本、3日坊主のワタシなんですが、ブログ運営は楽しいですねえ、4年目に入っても一向にやめる気持ちも起きません。ただ、自分でも思うのは…

ワタシ
これだけ書いても自分の記事がうまくなったとか全然思えないんだよね~

 

という点です。

先日、体調を崩していて、YouTubeを見る時間があったんですけど、そこで、鴨頭嘉人(かもがしらよしひと)という方の動画が目に入ったんです。

その人はYouTubeで講演会の動画をアップしているんですけど、これがなかなか面白い。とにかく人に聞かせる話し方、こんな風に大勢の人前で話ができたらすごいだろうな、と思ったわけです。

その動画を見て、これってブログの記事を書く時にも通用するテクニックがふんだんに盛り込まれているんじゃないの?と思ったわけです。

人前で話すこととと上手なブログ記事の共通点

ワタシなりに 鴨頭氏の動画を見てブログ運営でも共通する重要ポイントをまとめてみました。

  • 聞き手に話しかけるように話す
  • ユーモア(笑い)も取り入れる
  • 聞き手目線で話をする
  • 相手の反論や考え方、つっこみを交えて話す
  • 話す本人が元気に楽しそうに話す
  • 説明が端的でシンプル、分かりやすくて説得力がある

まあ、こんなところでしょうか。

聞き手に話しかけるように話す

これってブログでも大事だと思います。

自分の考えや感じたことを表明する場がブログでもありますが、分かりやすさや読みやすさを徹底するために、相手に話しかけるように記事を書くのです。

ね、そう思いません??(←こんな感じ??)

ワタシ
あんまり慣れていないのでこれから多用したいと思います

 

読み手の目線で記事を書く

まあ、当たり前のことなんですけどね、これがなかなか難しいんです。自分の言いたいことばっか書いてしまいがちなんですよね。

うむ、気を付けなければ。

相手の反論、突っ込みを想定して書く

これは結構意識して記事を書いています。

例えば…

「LINEペイやペイペイとかお得なのになんでみんな使わないの?こんな風に書くと情報漏洩事故が危ないとか、そんなに得体の知れないものは使いたくない…そんな風に思う人もいるかもしれません

みたいなね。ま、ブログ記事の常套テクニックでもありますが。

このあたりの言い回しは鴨頭氏の講演の中でも多用されていましたね。

元気が良い、楽しく話す

ブログでもこれって大事ですよね。ただ、気分が乗らないときとか時間がないときとか、会社で嫌なことがあったときとか、くら~い記事になってしまうことって結構あるんですよね。

読み手に暗くさせるような記事を書いても仕方がありませんしね。

とりあえず、♪とか!(^^)!とか意味もなく多発したいと思います。

説明がシンプルで適切で分かりやすい

やっぱり、一番大事なのはこれっすよね~。

詳しく説明しようとして文字ばっかり長いようでは、全然ダメなんだわ、きっと。

読み手に伝わりやすい例でサクッと説明しなきゃダメなんだってこと。

最近の動画で感心したのはこちら。

 

残価設定ローンで車を購入することがいかに損かをまとめた動画なんですけど、超分かりやすいんですよね~。

この辺りのテクニックは参考にしたいです。

ブログとYouTubeの長所短所

これからは動画が主流でブログはオワコンなんて声も聞かれます。確かにそのような傾向があるかもしれません。ただ、ブログにもいい点はあるんですよね。

何より、スマホでサクッと読めてしまうこと。Youtubeの場合は音声を聞かないと伝わりませんしね、見すぎると通信量だってバカになりませんから。

そんなブログのメリットを意識しながら今後もブログ運営を行っていきたいです。

最後に

ということでYouTube動画に見るブログ運営に役立つことを中心に見てきました。

基本的にはブログも動画も人に伝えることがメインなので共通する部分は多いです。とりわけ鴨頭氏の動画はとても役に立つと思います。

ただし、鴨頭氏の動画は好みが分かれるらしく、Googleで検索すると「鴨頭 うざい」みたいな検索候補がヒットします。

まあ、講演の内容はともかく、ブログ運営のほか人に伝えることに悩んでいる方には結構タメになると思いますよ。

それではまた明日からも拙ブログをよろしくお願いいたします!

 

-ブログに関すること