しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

ブログに関すること

2019年も今日で終わり!我がブログのアクセスランキングを集計してみた

今年も一年間、ご訪問ありがとうございました!

さて、2019年も今日でお別れ、明日から新しい年がスタートすることなります。

毎年、本ブログでは、一年間を振り返る目的で、一年間のアクセスランキングをお送りしています。

今日のブログをお読みいただければ我がブログの全てを読んでくれたも同然です!

今年も多くの方にご訪問いただき、こうしてブログを続けていられるのも、皆様のおかげでありまして、一歩一歩取り組んで行こうという励みになっています。

この場を借りて御礼申し上げます!

ということで、今年一年間の本ブログを振り返ることとします。

ちなみに昨年のアクセスランキングはこちらです。

アクセス数は今年一年で急増

まず今年のアクセス数ですが、2019年1月1日から12月30日までの間で、1,813,222アクセスとなりました。

この数字は昨年1,263,335アクセスの約1.5倍となりました。目標の前年比30%程度アクセス数増を大幅に超過することができました。

今年一年間は、例年に比べGoogleのアルゴ改変などが話題となり、我がブログもその影響を受けて、一時はアクセス数が急減するなど苦労したこともありました。

それでも、このアクセス数を記録することできて、ワタシとしてはとても満足。来年も引き続きアクセス数増に向けて頑張っていきたいですね。

2019年アクセス数ベスト10

それではさっそくですが、2019年アクセス数ランキングをまとめてみます。

なお、カッコ内は前年の順位、そしてタイトルをクリックすればそのページに遷移します。ご興味のある方は是非ご覧ください。

10位 (‐)こどもチャレンジの1年生準備スタートボックスの解約には気をつけろ

まず第10位にランクインしたのは「こどもチャレンジの1年生準備スタートボックスの解約には気をつけろ」という記事です(アクセス数23,518)。

これは実際に我が家であった話で、その解約の複雑さにベネッセの商品の注意点についてまとめてみました。

この記事を更新したのは2017年12月の約2年前のこと。今年に入って少しずつアクセス数も増加し、2年越しのトップテン入りでした。

こんなに時間をかけてゆっくりアクセス数が増加することってあるんですねえ…(不思議)

9位(-)HELLO CYCLINGレビュー~予約方法や料金など使い方のまとめ

9位にランクインしたのは、レンタル自転車のHELLO CYCLINGの使い方をレビューした記事です(アクセス数26,763)

この記事も2018年の夏に作成した記事で、少しずつアクセス数も増加してきました。どちからかというと後程ご紹介する、HELLO CYCLINGを酷評した記事から流入するケースも多かったようです。

記事自体はマニュアル仕立てで書いています。今後もこのようなマニュアルチックな記事を書いていきたいです。

8位(‐)HELLO CYCLINGを実際に使って感じたメリットとデメリット。ユーザさんからいただいた評判や感想など

で、その酷評したという記事はこちら(アクセス数は39,883PV)

最初記事は、HELLO CYCLINGなんて絶対使うな的なタイトルを付けてました。だって、使いにくくてホントに頭にきたんです。

その後に、サービスも改善されてきたので、リライトをかけてきたのですが、リライトをかけているうちに記事のタイトルと内容がかけ離れていき、その結果…

この釣りタイトルはなんだ!とおしかりを受ける記事でした。

ワタシとしては釣りタイトルとしたつもりはなく、内容にあわせて後からタイトルを修正したのですが、以降、この記事のアクセスは激減…

いやあ、やっぱりタイトルによってアクセス数って全然変わって来るんだなあ、と実感しました(今後気を付けます)。

内容自体は、この記事で事前に注意点が分かって良かった、などの声もいただきましてありがたい限りでもあります。

7位(5)クイックチャージ3.0対応の充電器を購入するときはここに気を付けろ

クイックチャージ3.0対応の充電器についてまとめた記事です(アクセス数は53,870PV)

昨年の5位から今年は7位でした。ただ、昨年よりも1.5万アクセスほどPVは上昇しています。

この記事はクイックチャージ3.0対応の充電器を購入したときに、当時詳しく知らない店員さんも多く、ワタシが調べた結果をまとめた記事です。

想像以上に息の長いページとなりました。

6位 (1 )ジャパネットたかたで激安ダイソンDC62WHを買おうとしたところ思わぬ事態に

そして、6位は昨年の1位だった、ジャパネットたかたで激安ダイソンを買おうとしたときの記事です(アクセス数は56,100PV)

昨年のアクセス数146,348PVからは大きく数字を減らしましたが、未だに、ジャパネットたかたでダイソン掃除機を売り出すと、決まってこのページが検索上位にランキングしてくれます。

5位(3)録画した番組をWindows10で見れる!sMedio TV Suite がとても便利

5位は昨年の3位だった、録画した番組をWindows10で見れるsMedio TV Suiteに関する記事です(アクセス数61,151PV)

どうやらこのブログにご訪問いただく方の中には、相応にテレビ好きがいるようなんです。そして、それをパソコンで見たい、と思うひとが多いようなんですよね。

お部屋ジャンプリンクの記事も、ある月ではアクセス数が急増するケースもありましたから。

もう少しブログ運営に時間を取れればうまく連動させてアクセス数を稼げるのにな、と思ったりもします。今後の課題ですね。

4位 (2)アルミホイールを簡単に洗浄するためにお勧めしたい3つの小道具

4位にランクインしたのは、アルミホイールを簡単に洗浄するための小道具について。アクセス数は63,791PV)

経済的自由と関係ない記事のように思えますが、短時間でキレイにできる道具ならそれは時短。我が家の今年のテーマは「時短」でしたからね、十分に時短に番っている内容として記事にしています。

昨年のアクセス数は66,363PVとほぼ今年の同じ数。アルミホイールをキレイに洗うための悩みを持つ人って意外と多いのかもしれませんね。

3位 (9)エコカー減税はいつまで?新車を買うなら2019年3月までがお得です。

いよいよベスト3、第三位はエコカー減税について記載したもの(アクセス数は63,390PV)。昨年のアクセス数は17,483PVなので約3倍超となりました。

特に増税前のアクセスはなかなか高かったような印象です。

それにしても税金とかって年を増すごとにどんどん複雑化していますからね。消費する側にとっては何とかしてほしいものです。

2位 (4)「iPadは使用できません」「itunesに接続」と表示された場合の対処方法

2位は昨年の4位からランクアップの記事、「iPadは使用できません」「itunesに接続」と表示された場合の対処方法についてまとめたものです。アクセス数は76,213PV)

こちらも初回の記事アップは2017年12月。それが今年アクセス数第2位まで上昇しました。

こちらも実際の経験からブログにアップしたもので、未だに、このような警告メッセージで苦しんでいる人がいることを知りました。

今後も末永くこのページが問題解決に役立ってくれることを願うばかりです。

1位 (-)ワンコインでダイソン掃除機をふとん圧縮袋に活用する方法

そして栄えある第1位はワンコインでダイソン掃除機をふとん圧縮袋に活用する方法。アクセス数は83,160PVでした。

この記事は、圧縮袋に掛け布団を収納しようとしたところ、ダイソンの吸入口にある突起物がぶつかって空気を吸引できないことを知ったことがきっかけです。

これだけアクセス数が伸びるということはきっと同じような悩みにぶつかっている方がいるということ。

これからも自分なりの経験から、解決策などを情報発信していけたらいいな、と思っています。

2019年ブログ総括

アクセス数上位の記事から、昨年と比べて以下のことを感じています。

  • 記事ごとにPVの差が縮まって記事に厚みが出てきた
  • 自分なりの悩み、困ったことの解決方法にPVが伸びる
  • 1年前、2年前に書いた記事が上位に食い込むことが多い
  • 金融ネタは伸びない
  • ダイソンの記事は強い

こんなところでしょうか。

最後に

ということで、2019年のアクセス数トップ10をまとめてみました。

経済的自由を目指すブログなんですけどね、上位はダイソンとかiPadとかテレビネタとかそんなんばっかりですわ。でも、読まれているだけありがたいです。

毎日書いている記事はアクセス数を稼げるといいな、と思いつつも、まずは自分でブログを楽しむことを優先にしてきました。

なので、今後もSEOなど綿密に考慮することはないです。

でも、確実に分かったことは、とにかく毎日2000文字以上の記事を書くこと、これだけで相当なアクセス数を稼げるということです。

ネットでもアフィ商材とか売るコンテンツで溢れていますけど、そんなものに手を出す必要もないです。

今後も自分に楽しく、そして自分に正直な雑記ブログとして、続けていきたいと思っています。

来年も引き続き拙ブログをご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 

-ブログに関すること