しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

楽天カード

予定していたセブンカードプラスをやめて楽天カードを申し込みました

2017/08/19

先日の日記では、我が家における有利なクレジットカードの在り方について検討しました。

調べて分かった!ワタシにとってお得な最強クレジットカードベスト3 - うえけんの経済的自由を目指すブログ

ベスト3のうち、2つはすでにクレジットカードを作成済みだったので、残る1枚のセブンカードプラスを申し込もうと改めて再確認したところ、以下のことについて確認もれが判明しました。

  • 5%割引はネットスーパーでは対象外
  • そもそも実店舗にはあまり行かないし近くにない
  • nanacoチャージでのポイント還元率0.5%は低いほう

クレジットカードを作るにしても使わなければ意味がありません。また、5%割引はnanacoによる支払いでも対応可能なようです。セブンプラスカードは年間5万円以上使わないと年会費が必要なので、わざわざそんなリスクを抱えなくてもnanacoで決済できれば十分となります。

また、後から知ったのですが、nanacoチャージにポイントが付与されるカードはいくつかあるのですが、0.5%程度の還元率では今一つで、還元率1%が当たり前の世界であることも分かりました。

このことからセブンカードプラスに代わるクレジットカードを検討することになりました。

nanacoにこだわる理由

nanacoにこだわる理由ですが、nanacoを使えてポイントがたまる場合は、現在使っているレックスカードやSUICAよりもポイント還元率が高くなるからです。

SUICAを利用できる店舗はかなり多くて便利です。JR乗車券以外の目的で使用してオートチャージされた場合、ポイントは1.5%付与されることになります。

またレックスカードもポイント還元率は1.5%です。

nanaco経由で支払った場合にポイントが1%付与されると同時にチャージしたクレジットカード側でも1%チャージされれば、ポイント還元率2.0%となります。

また、ワタシが愛用しているビックカメラやコジマ電気でnanaco決済した場合はクレジットカードと異なりポイント満額が付与される、とのことです。

さらにnanacoでは国保などの社会保険料や自動車税なども支払うことができ、ポイントも付与されます。東京都ではクレジット収納が導入されているものの、その手数料は住民側で負担することなります。手数料を加味してもポイントが若干上回るのですが、nanaco経由での支払いのほうがより有利になります。

nanacoでの支払いにこだわっているのは以上の理由によります。

nanacoへのチャージで還元率の高いカード

nanacoへのチャージでポイントが付与されるクレジットカードはたくさんあるのですが、その中でもとりわけ還元率が高いクレジットカードは2つです。それは楽天カードとYahoo!Japanカードでした。有名すぎて笑いも出ませんで、行き着く先はここか?という感じです(苦笑)

ワタシの勝手な印象なのですが、楽天もYahooも企業としてあまり好きなタイプじゃないんですよね・・・

楽天カードのメリット

名の知れたメジャーなカードだけに還元率の高さが本当か、とかサービスの内容は大丈夫なのかといった疑問を持っていたのですが、実際に調べてみると楽天カードのポイントはすごいものがありました。

楽天カードのメリット

  • 通常のポイント還元率は1.0%
  • 楽天市場で買うと常にポイント4倍
  • スマホアプリ経由で楽天市場で買うとポイント5倍にアップ
  • キャンペーン適用時はプラチナ会員でポイント7倍、ダイヤモンド会員で10倍
  • nanacoへのチャージも1%ポイント付与有り

とにかくポイント還元率が高い、というのが楽天カードのメリットです。注意しなければならないのはゲットしたポイントに応じて有効期限が短いものがあるなど、ポイントを利用するときには注意が必要とのことです。

他にも楽天edyに振替えが可能であったり、サークルKサンクスでK新規会員登録しておけば、コンビニの商品と交換が可能になるなど、様々なメリットもありそうです。

YAHOO!JAPAN カードもいいのですが

YAHOO!JAPANカードもよさそうです。楽天カードと同様に年会費は無料、ポイント還元率は1.0%です。ただ、難点といえば、YAHOO!ショッピングで買うとポイントアップするようですが、ワタシ個人としてYAHOO!ショッピングをほとんど使ったことがないんですよね。

付与されるポイントはTポイントというのも心強いです。Tポイントは数あるポイントの中でもたくさんの店舗で使用できるなど使い勝手の良いポイントです。ただ、ポイントの還元率でいうと1.0%と決して高くないので普段使いとしのお得度は下がってしまいますね。

楽天カードに申し込みました

ということで、nanacoポイントに端を発したクレジットカードの見直しですが、楽天カードを新規で申し込むという結論に落ち着きました。

今なら、楽天カードを新規申し込みで6000ポイントをゲットできる特典もあります。ただ、プラチナ会員のヒトは、楽天市場のアカウントサイトから申し込むと10000ポイントをゲットすることができるようです。ワタシはこれを知らずに6000ポイントで新しいカードの申し込みに飛びついてしまいましたが、すでにプラチナ会員のヒトは10000ポイントをゲットできるように気を付けてください。

ということで直近のクレジットカードの見直しは終了を迎えることになります。あとは、クレジットカードをどのような場面で使うのがお得なのか、といったルールを覚えておく必要もあります。

次回はワタシの行動範囲に見る、クレジットカードの使いまわしについて記事にしたいと思います。

-楽天カード