しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

食品・飲料

ミネラルウォーターの賢い買い方!水はスーパーや自動販売機で買ってはいけない

2017/05/15

20161030_002

暑い夏も終わり、やっと過ごしやすくなってきた今日この頃。それでも一時は10月で夏日を記録するなど、水分補給はとても大切です。

ワタシはミネラルウォーターを愛飲しているのですが、その理由は値段の安さです。ワタシの心の友と言っても過言ではない、マイバスケットには、500mlが1本53円で売られています。しかし、世の中には上には上がいるもので、この金額よりも安く購入できるお店がたくさんあります。

500mlのペットボトルなら

img_20161029_210515

500mlのペットボトルにこだわるなら、クリスタルガイザーのミネラルウォーターがお勧めです。金額は店によって異なりますが、一般的には48本入りで1500円ぐらいですから、1本33円ぐらいで買える計算です。

このことを知ってからクリスタルガイザーをまとめて購入するようにしています。48本分はかなり量が多く、家の置き場に困るぐらいですが、ワタシの場合は一定数会社に持っていき、ロッカーに保管しています(笑)

500mlのペットボトルならクリスタルガイザーがもっとも安くお得だと思います。

2Lペットボトルなら

img_20161029_210454

同じ水であれば、多めに買ってマイボトルに入れて会社に持っていくというのもありかもしれません。おそらくこちらの商品が最安値ではないでしょうか。

逆算して考えると500mlあたり22円程度なので、先ほどのクリスタルガイザーよりも安くなりますね。ただ、他の容器に移したり、冷蔵庫で保管するなどの手間も必要になりますね。

携帯浄水器

20161030_006

ミネラルウォーターよりも劣りますが、水道水を携帯浄水器に入れて外出時に愛飲する、という方法もあります。価格はピンからキリまでありますが、安いものでは1500円ぐらいから買うことができます。

ただし、携帯浄水器のカートリッジには水量に上限がありますので注意が必要です。最近はセリウム対応など高価なものもあり、浄水の精度も徐々に上がっているのかもしれません。

ウォーターサーバーも一考

20161030_007

自宅にウォーターサーバーを置いて配達してもらうサービスが一般的になりつつあります。このウォーターサーバーのメリットはなぜか水が上手い、ということです。なので、このウォーターサーバーをマイボトルに入れて持ち歩いて楽しむ、という方法も十分ありだと思います。

肝心の価格のほうは若干割高です。例えば業界大手のハワイアンウォーターは、ウォーターサーバーレンタル料金月額572円(初月無料)、ウォーター代は5ガロン(18.9L)で2,280円となります。500MLあたり77円程度となりますので、ペットボトルの購入よりもやや高価です。

ただし、ウォーターサーバーからお湯も簡単に出てきますし、突然の来客など紅茶や珈琲をお手軽にもてなすこともできて便利な面もあります。

将来はちょっぴり贅沢ですが、こんなウォーターサーバーを置きたいなんて思ったりすることもありますね。

12リットル )936円の格安天然水ウォーターサーバー 『富士おいしい天然水』

自販機やスーパーで買うのはやめましょう

20161030_001

同じ水を飲むなら、よほどのこだわりがない限り、価格が安いほうがいいでしょう。上記に挙げた方法であれば毎日の飲料に要するコストをかなり抑えることができます。どのみち、仮にいくら安いスーパーマーケットでも天然水やミネラルウォーターは買ってはいけません。

特に、自動販売機では一部の大手ブランドでは1本500mlのミネラルウォーターが110円で売ってたりしますが、ネット通販の金額の3本分に当たります。なんてバカバカしいことでしょう。

 

-食品・飲料