しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

個別銘柄運用法

いよいよ暴落の前兆?今だからこそ個人投資家がなすべきこと

2018/02/03

 

しがないサラリーマンですおはようございます。

日本株は昨年末から年明けにかけて株価も上昇したものの1月末にかけて下落。日経平均は6日間続落、JQ指数やマザーズ指数なども3日間続落となりました。

この数年間は終わってみれば株式投資に適した地合いでした。昨年も北朝鮮リスクなどいろいろとありましたが、結局、ただの押し目でしかなく本格的な暴落は全くなし

しかし、株価はこのまま上がり続けるはずがなく、いつかは株価は下落、またはリーマンショック並みの暴落局面に出くわす可能性だってあります

思い出しますね、スマホで保有銘柄をアサイチチェックしたところ、ほとんどすべての銘柄でストップ売り気配になっている…そんな嫌な光景もそろそろ近づいてくるのではないでしょうか。

今週末は少々株価は戻したものの、今後も不安定な値動きも考えられます。私達個人投資家もそろそろ出口戦略を意識した運用を検討するべきなのではないしょうか。

ワタシが心がけていること

そこでこれからの難しい相場を乗り切っていくためにワタシが心がけていることをまとめてみます。

希望が持てるPFであること

株式投資ってお金を増やすためにやっているわけです。

しかし、多額の含み損を抱えて、含み損で真っ青なネット証券の損益画面を見てもお金を増やそうというモチベーションもあがるはずがありません

そんなときだからこそ業績も順調で株価上昇が見込める銘柄だけに絞り、自信のある銘柄以外は全部切るぐらいの覚悟が必要だと思います。

もう一度自分がなぜこの銘柄を買ったのかも改めて再確認して、頭の中を整理するのもいいかもしれませんね。

株価が底堅い銘柄であること

日経平均が大幅に下落したものの、業績の良い銘柄や人気のある銘柄は下落幅が小さい、または逆行高など本当にいい株は地合いの弱さに負けない独特の値動きをします。

内需株など業績の良い保守的なPFを組むのも一考だと思っています。

ワタシの運用しているしがないファンドですが、日経平均の値動きとはほとんど連動しない銘柄ばかりで、地合いの弱さの影響を受けにくく、とても気に入っています。

資産は10%少ないものとみなす

とは言え、本格的な下落相場来た場合は、業績の良い株や人気のある株もそのまま市場のパニック売りに巻き込まれることが多いです。

株式投資でやられるのは含み益を取り返そうとする行為だと思っていています。

いわゆるアンカリングというヤツで、直近の含み益の印象が強すぎて売りの局面でも判断が遅れたり、溶けた含み益を取り返そうと無理なポジションを建ててしまうケースがそれです。

私なんぞは、運用資産の10%を差し引いた額が真の運用資産だと思うようにしています。

それぐらいの資産のブレは覚悟することで、無理に取り返そうとしてさらに傷を広げることがないように心がけています。

リスク管理は徹底する

最近ですとビットコインの暴落なんかそうですけど、相場から退場することになったか、ということなんです。結局、このような人はリスク管理が徹底されていない、という証拠だと思います。

とにかく一番重要なのは相場から撤退しないこと。資金管理もそうですし、精神的な負担もそうです。

資金面の問題、メンタルの問題で相場から撤退、なんていうことがないように心がけたいですね。

最後に

ということで、いつ起こるか分からない暴落相場への対処方法についてまとめてみました。

いつ起こるか分からないのは暴落相場だけではありません。相場の天井も終わっていなければ分からないものです。そんな気まぐれでよく分からないものに対峙しなければならないのが株式投資の難しさでもあり魅力でもあるのです。

これまでの堅調な地合いにおいては、常に押し目状態であり、とりあえず銘柄を持っておけば報われる相場環境だったと思います。

しかし、これからは違います。まさに下げ相場の訪れこそ、個人投資家の腕の見せ所であり、スキルが試されるときです。

節分天井という言葉もありますが、この週末は今後の投資戦略について考える良いタイミングかもしれませんね。

 

 

-個別銘柄運用法