しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で、豊かな日常生活を目指します

個別銘柄運用法

先週はMARUWAがストップ高!これからも自分流の株式投資を続けていきます

みなさんおはようございますしがないサラリーマンです。

年明け早々に勢いのあった日本株も2月に入って若干息切れ状態。米国株の値動きも不安定で、株式投資で簡単に儲かるのもいよいよ潮時?といった様相です。

週末のNYダウも大幅マイナスに推移。これからの株式投資はとにかく銘柄選別するスキルにかかってくると思います。

先週の保有株概況

1月のポイントは中小型株で運用しているしがないファンドの主力銘柄、MARUWAが通期業績見通しを上方修正

水曜日にストップ高を記録し、週末も日経平均株価が低迷する中、株価は逆行高に推移するなど、しがないファンドのパフォーマンスに貢献してくれました。

売買履歴ですが、8月中旬に5000円台で仕込み、11月にいったん利確。その後買い戻すなど、ややチグハグなことをしているなあと我ながら思うのですが、まだまだ現在も保有中です。

セラミック基板で世界首位などの強みがあり、スマートフォンなどの小型化・省電力化への対応、通信技術の高速・大容量化など今後の時代に即した技術を併せ持っているのがMARUWAへの投資のきっかけでした。

今期もセラミック部品が半導体向けで好調で、予想どおり業績も絶好調。株価もこれにあわせて上昇しています。

ワタシが心がけていること

 

まあ、Twitterやブログなどでは株クラスターと言われる人たちがたくさんいます。

そんな中でも、とにかくワタシは銘柄選びにはこだわりたい、自分のオリジナルの銘柄で成功したい、という気持ちが強いです。そのことが自分の成長にもつながると信じているからです。

MARUWAなんてのは個人投資家のSNSでどれだけ取り上げられたでしょうか。ワタシが知る限りではあまり目にした記憶もありません。

確かに自己満足…でも

とは言え、上場銘柄は数が限られていますから、オリジナルと言ったってただ単に私が眼にしていないだけの自己満足であることも認識しています。

また、お金を増やすことが目的なのであれば、パクろうが何しようが結果が大事。実際にパクリ投資を実践して好成績をあげている人も散見されますから、このことについて否定する気持ちもないのです。

それでも、SNSから流れてくる情報から一線を画し、会社四季報、企業のIR情報などから自分の頭で考え抜いて投資を決断する、というプロセスを大事にしたいという思いがあります。

MARUWAの投資は今も継続中ですので、大儲けする=成功したことが確定したわけではありません。

しかし、それよりも、銘柄選びから現在に至るまでのプロセスにとても嬉しく感じるのです。

これからも自分流を貫きます

ワタシのポートフォリオは正直個人投資家には見向きもされない銘柄で構成されていることは自覚しています(苦笑)

ただ、まあ、個人投資家ブロガーがみんな同じような銘柄ばかり持っているよりは、一風変わった銘柄で勝負しているマニアックな人間がいてもいいのではないかと。

IPO、セカンダリー、東証1部昇格狙い…どれも全く興味がありません。

また、昨年は地合いもよかったですしね、自分の力だけで成功したと勘違いすることなく、謙虚な姿勢は忘れないようにしたいものです。

これからも自分なりの視点で銘柄選びを決行する自分流を貫き、投資スキルをもっと向上させて、長きに渡り株式投資を続けていけたらいいなと思っています。

*2018年1月31日現在のしがないファンドのポートフォリオは以下のとおりです(上位10銘柄)。

  1. (1)3097 物語コーポ
  2. (3)5344 MARUWA
  3. (2)7747 アサヒインテック
  4. (4)9908 日本電計
  5. (5)8085 ナラサキ
  6. (6)7573 丸文
  7. (7)5461 中部鋼鈑
  8. (-)7713 シグマ光機
  9. (8)6392 ヤマダコーポ
  10. (9)3944 古林紙工

*パクリ投資について調べてみた記事。よろしければご覧ください!

*これからはこのような視点で銘柄選別を行なっていく必要があるかもしれませんね。

 

-個別銘柄運用法