しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

高配当ファンド(LTI_FUND)

高配当ファンドはこの暴落相場は大チャンス!決して見逃してはいけない

2018/02/12

長期投資家のしがないサラリーマンですおはようございます。

先日の日記では、中小型株でキャピタルゲイン(値幅)をゲットする中小型株運用のリスク管理についてまとめてみました。

ワタシ自身複数の方針に基づく資産運用を行っていますが、今日は、長期投資を前提とした高配当ファンド(LTIファンド)のお話です。

高配当+長期投資家にとって、昨今の暴落相場はさそがしお喜びのことでしょう。なによりワタシもそのひとりです。

日本株の部ではJTを購入。

で、昨今の暴落相場において久々に日本株を購入しました。購入したのはJT(2914)です。日本株の購入は昨年11月のウェルネット以来、大型株で高配当銘柄を購入できたのはとても久しぶりです。

JTは2月6日に2017年12月期の決算を発表。2017年12月期の決算は減収減益、2018年12月期も業績予想は前期並みですが、配当が140円から150円に増配。相場が下落中であることもあいまって、3198円で100株、配当利回り4.69%で新規購入となりました。

改めてみるとすごいチャートですね…。

ただ、高配当ファンドにおいてはチャートなんて気にしません。買える条件を満たしたら積極的に購入を進めていきます。

それにしても米国株でPMやMOを狙っていたのですが、まさか日本株でタバコ関連株を買えると思いませんでした。今後も大型株で高配当銘柄が暴落する場面を期待しています。

米ドルを購入

ドル円が円高に進行したため14万円を入金。1ドル109.15円で1,262.63ドル購入しました。

米国株も不安定な状態が続いていて、高配当銘柄が続々と下落傾向にあります。4500ドルのキャッシュはありますが、今後は追加資金の投入も考えたいと思っています。

その他の投資方針

CFD取引(FTSE100指数連動)

これ以外ではクリック365のCFD取引が有力。口座を作って半年以上経過しますが、これまでずっと様子見の状態でした。

チャートは下振れの状況。今後の下落によっては初のCFD取引にもチャレンジしていきたいと思っています。

外国株インデックス投資の強化

以前から5つのアセットに分けてインデックス投資を行うAMGファンドをこれからも継続していく予定ですが、これは新車を買う目的の積立金。

資産運用として外国株のインデックス投資を強化したいと思い、毎月1万円程度給与口座からネット証券に引き落としを行っているところでした。ただ、ここまでの株高で資金は日本円のままだったんですよね。

ということで、いよいよ株式相場が暴落モードに入ってきたので、そろそろ、外国株のインデックスファンドを開始したいなあと思っています。

子ども用ネット証券での運用開始

かなり前、以前未成年口座を作る記事を書きました。その後どうなったか、というと実はまだ開設できていません。

理由はヨメの銀行印の忘却(よくある話)。結局保護者口座の印鑑変更から手続きをやっているので、ネット証券の開設以前に銀行口座の開設までの道のりも険しそうです。

こちらも手続きが完了次第、外国株インデックス運用を開始する予定です(まだまだ先になりそうですが)。

今後の方針

昨年までのいけいけ相場においては、投資したい意欲を抑え、あまり無理せずに投資を続けてきました。

昨今の世界的な株安を受け、証券口座への入金(増資)タイミングなどの資金管理も重要になりそう。追加投資に息切れしないように気を付けたいものです。

 

-高配当ファンド(LTI_FUND)