しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

高配当ファンド(LTI_FUND)

緊急追加資金を投入して新規に購入した銘柄を紹介!ツイッターで話題の銘柄も?

追加資金を投入したワケ

我が家では以下のとおり3つのファンドを運営しています。

今回は受取り配当金を大きく増やすことを目的とした高配当ファンド(LTIファンド)のお話です。

先日の話題にもなりましたが、通信事業者各社の株価が急落。NTTは前日比-700円とストップ安を記録するなど通信事業者株は波乱含みな展開でした。

11月2日に再度下げるようであれば、NTT、KDDIといった安定高配当銘柄を追加購入する予定でした。

このため、ワタシはこの値動きを着目して100万円を緊急に追加投入しました。

購入した新規銘柄はこれ

しかし、NTT,KDDIともに11月2日は上昇してしまったため、この日の新規購入はお預け。特にKDDIは楽天との提携が伝えられる一方で、株価の値動きは上値が重い展開のようにも見えます。もっと下げてくれ!

ただ、10月末の決算ラッシュの中、業績の下方修正を発表した影響で株価が急落していた銘柄があり、こちらを先行して新規購入することとしました。

7442 中山福

中山福は家庭用品の卸大手。鍋、フライパン等のキッチン用品や保存容器の販売がメインです。中山福は10月31日に業績の下方修正を発表。

750円台だった株価は、一気に550円台までに急落しました。

いやあ、このチャート壮観ですね。そしてここに資金を投入するワタシのバカっぷりに称賛の拍手をください。笑

中山福は2009年以降増配傾向にあります。配当性向は35%以上が目標ですが、この間減配はなし(記念配は除く)。

ということで200株、557円で配当利回りは4.8%程度であることから新規購入としました。

5938 LIXIL グループ

LIXILグループは10月31日に通期業績の下方修正を発表。2000円台だった株価は1500円割れまで急落しました。こちらも中山福に負けないぐらい壮観なチャートです。でもワタシはチャートなんて気にしないで買うときは買います。

下方修正の理由は、西日本豪雨などの災害に伴うリフォーム工事の遅延が主な要因とのこと。配当性向30%以上の配当政策ですが赤字計上した折にも2009年以降減配はないことから、1491円で100株を打診買いとしました。配当利回りも4.7%程度での購入となっています。

昨日知ったのですが、今度経営に携わる人物はどうやらとんでもない人だというウワサが??

もっと早く言ってくれ、という感じですが(笑)、ステークホルダーとして今後の経営状況をチェックしていきたい思います。

セクター別の投資割合

ということでわがポートフォリオをセクター別の割合を整理しておきます。

セクター別の割合は、①卸売業、②サービス業、③銀行業となっており、この3つのセクターで40%程度を占めています。資産の分散を図るため、今後はこの3つ以外のセクターを中心にポートフォリオを組んでいきたいところです。

保有銘柄一覧

つづいて保有銘柄一覧です。分散しすぎてスクショも1画面では収まりにくくなってきました。

クリックすると大きくなります

どこまで分散させるのか?分散しすぎは管理が大変になる一方で分散効果は薄れる、という話も聞きますが、個人的には「日経225」ならず「しがない225銘柄」を構築したいと思っているので、貪欲に分散を継続していきます。

なお、今回新規に2銘柄を追加した結果、予想受取配当金は229,000円に増額。でも、まだまだ足りないですね。

今後の投資方針

今後の投資方針は、引き続き安定した配当金を受け取れる会社に投資することに変わりがありません。

参考までにワタシが注目している高配当銘柄を以下のとおり記録していきますので参考にしていただければ、と思います。

なお、このリストは以下の条件で抽出したものです。

  • 2009年以降、減配がないこと(記念配当は除く)
  • 配当利回り4.0%以上であること

条件としてはとてもシンプルですので高配当銘柄運用をおこなっているあなたの参考になれば幸いです。

CODE 銘柄 株価 配当 利回り
2914 JT 2865円 150円 5.24%
5857 アサヒHD 2402円 120円 5.00%
8119 三栄コーポ 3240円 160円 4.94%
7442 中山福 557円 27円 4.85%
4544 みらかHD 2746円 130円 4.73%
5938 リクシルグループ 1514円 70円 4.62%
8219 青山商事 3545円 160円 4.51%
7551 ウェッズ 676円 30円 4.44%
9437 NTTドコモ 2535円 110円 4.34%
7150 島根銀行 1159円 50円 4.31%
1941 中電工 2412円 104円 4.31%
7953 菊水化学工業 377円 16円 4.24%
7593 VTHD 479円 20円 4.18%
7823 アートネイチャー 671円 28円 4.17%
8591 オリックス 1831円 76円 4.15%
9433 KDDI 2410円 100円 4.15%
9696 ウィザス 391円 16円 4.09%
8898 センチュリ21 1232円 50円 4.06%
8214 AOKI-HD 1488円 60円 4.03%
8078 阪和興業 3740円 150円 4.01%

取り急ぎ、高配当銘柄として欲しい銘柄は大型株でかつ保有割合の低いセクターの銘柄。

このことから優先順位としては①8591オリックス、②9433KDDI、③5857アサヒHDの組入れを順次狙ってきたいと思います。

最後に

ということで最近の高配当ファンドの新規組入れ銘柄についてまとめてみました。

今回の組入れ銘柄は二銘柄ともEPSを上回り配当金を予定しており、業績悪化による減配リスクはあります。それを承知で購入することとしました。

今回の追加投資は予定外のことで、ちょっと株にカネ突っ込みすぎか?とも自認しているのですが、これまで自重していろんなチャンスも逃してきた経過もあります。

今回の追加投資により、高配当ファンドへの運用では327万円の追加投資となります。

米国株ではIBMも駄々下がり状態でお買い得状態となっています。こちらも追加資金で購入するか、悩ましところです。

今後も果敢に高配当ファンドでの新規銘柄購入を進めていきたいと思っています。

 

-高配当ファンド(LTI_FUND)