しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

高配当ファンド(LTI_FUND)

【高配当株投資】高配当ファンドで新規銘柄を購入!今後の資産運用についても考えてみた

2019/08/16

8月は軟調だったので高配当銘柄を購入しました!

昨日は、中小型銘柄でキャピタルゲインを狙ったしがないファンドの話でしたが、今日は、ゆったりまったりの高配当ファンド(通称「LTIファンド)のお話です。

LTIファンドですが、安定的に高配当を得られる銘柄を中心に投資する我が家のオリジナルのファンド。基本、買った銘柄は永久保有がルール。高配当を再投資に回して資産を大膨張(←パクリ)させよう、というのが目的です。

我が家の高配当ファンドの運用ルールこちらをご覧くださいな。

昨今のような軟調な相場では、まさに長期投資家の出番。積極的に買いに走りたいところです。

ということで、この間に投資した銘柄についてまとめてみます。

最近の投資状況

外国株ではエクソンモービルを買い増し

NYダウは日本株ほどではないのですが、少し軟調気味な展開が続いてます。

こんなときこそ、何かを買わないと!ということで株価が急落していたエクソンモービル(XOM)を71.50ドルで15株買い増ししました。

米ドルも追加購入へ

米ドルが一時、105円台後半まで進んだことを確認して、15万円ほど米ドルを購入しました。主に米国株追加購入用です。

これによりキャッシュポジションは約3,820ドルとなりました。さらに大きな下げが来た際に普段は手が届かないような優良株を買えるように準備しておくことにしました。

CFD取引でFTSEを売却

昨年に開設したCFD口座。その後、ずっと放置していたのですが、今年に入ってFTSE100連動のCFDを購入しました。

その矢先に発表されたくりっく365の改悪。今後は年一回の決済が必要となり、長期保有は不可、配当金も安くなるらしい。

ということで、7月末の株高の段階でいったん売却。この資金を日本株口座に入金しました。

くりっく365の改悪以降は店頭CFDというのが良いらしいんですけど、今度ゆっくりお勉強したいと思います。

日本株は2銘柄購入

日本株は2銘柄を追加でコマツ(6301)を2,357円で100株新規購入しました。コマツは中国経済の失速が原因で下げていると思われますが、中国経済はきっと今が底で、これからよくなるのでは?という妄想で新規購入しました。配当利回りは4.75%となかなかの高利回りです。

また、河西工業(7256)を740円で100株新規購入しました。河西工業は、配当利回り4.78%(2020年3月期予想に基づく)で、配当金だけではなくクオカードももらえるとのこと。

100株で1000円分のクオカードがもらえ、さらに2年保有すると2000円に増額されるんですよね。

ということで長期保有前提でこの2銘柄を購入することとしました。

なお、これらについて以下の記事にもまとめてあります。

今後の方針

これは半年を振り返る際にまとめた内容と同一ですが、下半期の目標は節約と無駄遣いの徹底排除にあります。

今年上半期は色々と買い漁りました。洗濯機、食洗器、電動自転車などなど、みんな高いものばかりなんですけどね。

下半期はとにかく節約期間。このような大掛かりな出費はできるだけ控えるようにして節約に励もうというわけ。これの証拠に8月の楽天お買い物マラソンではひとつも買い物を行いませんでした。

また、ボーナスのうち35万円ほど追加資金して、円高傾向のドル円を時間を分散させて少しずつ買い増しを図っていきます。

最後に

ということで高配当銘柄で長期投資を実践する我が家のファンド(LTIファンド)の動きについてまとめてみました。

米国経済は来年にもリセッションか、と言われ、当面の間、資産運用でも厳しい展開が予想されます。

柔軟に、そして無理せずに資産運用を続けていきたいものですね。

 

-高配当ファンド(LTI_FUND)