しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

高配当ファンド(LTI_FUND)

【高配当投資】わが高配当銘柄投資の保有銘柄の組み入れを実行しました!

2019/10/09

--------------------------------------------------------------------

★うえつん家の投資方針★

わがうえつん家では経済的自由を一日も早くゲットするために、株式投資で運用中です。キーワードは「攻める」「守る」「備える」の3つです。

個別銘柄で「攻める」

価値に対して割安で放置されている銘柄を中心に国内株で運用するファンドです。ファンダメンタルを重視し、積極的に値幅を取りに行くアクティブ運用で大きく増やします。中小型株を中心のポートフォリオで勝負します。

インデックスファンドで「守る」

大きくは儲からないけど、手堅く運用するインデックスファンドで守備的な運用も実践中です。主に5つのアセットクラスに分けて運用しています。

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式、
  • 外国債券
  • 国内債券

2017年1月から毎月5万円ずつ積立てを開始。楽天カードからクレジット決済で楽天証券を活用中です。

高配当銘柄投資で「備える」

会社の安定性や継続性を重視し、安定した配当政策を取る高配当銘柄に長期的に投資することで、未来の老後に「備える」ファンドです。

買った銘柄は永久保有が原則。対象銘柄は日本株と米国株です。受取配当金を再投資に回すことで資産を雪だるま式に増やします。

--------------------------------------------------------------------

株式投資歴15年以上ですが、まだまだひよっこ。これからもみなさんと一緒に株式投資を学んでいきたいと思っています。

日本株、米国株ともに売買を決行

我が家で運用している高配当銘柄を組み入れた高配当ファンド、保有銘柄の組み入れを実施しました。

おねえさん
こんな波乱含みの相場で、どう行動したらよいかわからないわー

 

ワタシ
こんなに上下大きく変動するなんて…株つらい

 

そんな風に思っている人も多いはず。でも、こんな時こそ、長期投資家、高配当運用の腕の見せ所。今日の記事をお読みいただければ、我が家の高配当投資の投資行動について理解することができます。

興味のある方はどうぞ!

日本株はルール変更による大幅売却と新規1銘柄を組み入れ

先日もブログで書いたとおり、高配当銘柄の投資基準をより厳格にしました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

これから起こりうるリセッションに備え、多少減益でも配当金を減配しない保有銘柄に組み替えていくこととしました。

3銘柄を売却

新たなルールに該当しなくなった銘柄は以下の3銘柄

  • コマツ(6031)
  • DIC(4631)
  • レイズネクスト(6379)

ということで、10月1日に成り行きで売却。幸い両銘柄ともに利益が乗っていたのはラッキーでした^ ^

また、保有中だったレイズネクストは、2020年3月期決算見通しを発表。

業績は減収減益、年間配当を46円→32円に減配するとのことで、対象銘柄の条件を満たさなくなったことから売却となりました。

レイズネクストは旧新興プランテックのときに2011年に683円で購入。以降、配当金をもらいながらここまで運用してきましたが、約8年間の保有でピリオドを打ちました。

トーヨーカネツを新規購入

ということで新たな資金で新規購入したのはトーヨーカネツ。1960円で100株の購入です。

配当利回りは5.10%で100株を購入。2008年以降記念配当を除き減配もないことや貴重なセクター(機械)での高配当銘柄も貴重です。

新中期経営計画も策定し、2030年にはグループ700億円の売上、ROEは8%以上などの目標のもと、安定的な配当政策、幹部主還元に期待します。

米国株はドル転と買い増し

geralt / Pixabay

ドル転を実施

米欧貿易摩擦懸念の影響か、ドル円が一時107円を割る場面も見受けられました。そこで、今回は、ドル円を約20万円ほど入金し、ドル転を実施しました。

新たな米国株の購入のため力を貯めます。

アルトリアグループ(MO)を購入

いろんなブログで買いましているのを見て、刺激されたわけではないんですけど、アルトリアグループ(MO)を購入しました。

購入数は44株、単価40.29ドルでの購入です。これにより、保有数は100株を保有することになります。

米国経済は来年にもリセッション入りと囁かれている中、追加投資するか迷いました。でも、やはり8%台の配当利回りは魅力でしたし、50年連続増配銘柄であること、PMとの合併解消など悪材料出尽くし感もあって購入してみました。

他ではMMMとか優良株が下落中なので、今後の資金計画も考えながら慎重に買い増しを進めていく予定です。

最後に

HypnoArt / Pixabay

ということで直近の我が高配当ファンド(LTIファンド)の運用状況についてまとめてみました。

米中、米欧の貿易摩擦や国内では消費税増税の影響、東京五輪の反動などなど、今後の経済状況はどうなるか分かりません。

こんなときだからこそ、日々銘柄をチェックして安定的に配当金を受け取れるポートフォリオとして点検する必要があると思っています。

資産運用、がんばりましょう!

 

-高配当ファンド(LTI_FUND)