高配当ファンド

【高配当株投資】投資判断を行うために必要なチェックポイント

株式投資に財務指標の知識は必要?

今日は、株式投資に財務指標の知識は必要か?について述べたいと思います。

先日、株式投資を始めたうちのヨメちゃん。

よめちゃん

この前ネットを見てたらROEとか売上高なんとか利益率とか書いてあったけど、そんな話、アンタから教えてもらってないわ。

 

確かに。でもね、ワタシの立場はこうです。

・ROE、利益率を知ったところで、銘柄の優劣なんてつけられない
・高配当株を選別するのにそんな重要な指標ではない

ということなんです(注:知識としては知っておいて損はないと思いますよ)。

そんなことよりも高配当株を投資する際に必要なチェックポイントがあるんです。

銘柄選別の重要ポイント
  • 過去の配当推移
  • 会社の配当政策
  • 配当性向
  • 昔からある会社
  • 四半期決算チェック

こうした投資方針はシンプルであることがベストです。今日の記事を読んで、皆さん自身の投資基準のヒントになると幸いです。

なぜ財務指標を考慮しないのか

luxstorm / Pixabay

株式投資を行う際は財務諸表を読め、とか言われるじゃないですか。

もちろん、財務諸表を読む力や知識はあったほうがよいでしょう。でも、財務諸表を読めるようになってからでないと株を買ってはダメか、というとそうではありません

というか、株を買うときに財務指標ってあまり関係がないと思うのです(特に高配当株投資の場合は)

代表的な財務指標
  • 売上高営業利益率
  • ROE
  • 自己資本比率

よく言われるのがこれらの財務指標ですかね。でもね、売上高営業利益率やROEって過去の指標ですよね。

この数値が未来永劫続くのことが分かっていればワタシも投資しますけど、永遠に業績右肩上がりの会社なんてめったにないですからね。

 

また、自己資本利益率も確かに高いほうが財務体質は盤石で安全性は高いと言えますが、一方で資産効率も悪いと言えます。

細かい話になりますけど、資本コスト(WACC)の面からも借入金を増やしたほうがコストは安く済みます

例えば大企業と言われるこれらの会社が財務上危険だと言えるでしょうか?

・サッポロHD(25.2%)
・アサヒGHD(37.2%)
・森永乳業(38.7%)
・イートアンド(39.5%)
 ※カッコ内は自己資本比率

自己資本比率は企業の成長ステップによって評価が変わってきます

バリバリの成長株が売り上げが落ちて自己資本比率が下がってくればそりゃあ、心配にもなります。でも、成熟企業に投資する場合に、わざわざ自己資本比率〇%以上じゃないと投資しないっ!とルール付けする必要はないです。

 

なので、これらの指標はあくまで参考程度に見ることとして、その銘柄に投資するかどうか、重要な判断基準にする必要はないと考えます。

高配当株投資に必要なチェックポイント

よめちゃん

それならどんなことに注目すればいいのよ?

 

そこでワタシが推奨したいのが先ほどのチェックポイントです。

銘柄選別の重要ポイント
  • 過去の配当推移
  • 会社の配当政策
  • 配当性向
  • 昔からある会社
  • 四半期決算チェック

 

優先すべきは安定配当

高配当株投資で重要なのは、何より安定配当です。少々業績が悪化したところで安易に減配するような銘柄に投資してはいけません。

このように安定配当を将来長きにわたり続けてくれる銘柄に投資するのです。

  • 配当に対する考え方(配当政策)
  • 事業の継続性と安定性(業績に成長は不要。安定度を優先)

配当政策については、会社のHPや決算説明資料を読めば分かります。特に業績連動型の銘柄に手を出してはいけません。

ワタシ

業績が上がっているときはいいけど、業績悪化すると簡単に減配する可能性もあるからな~

 

その時は過去の配当推移もチェックしておくことです。

例えば、ワタシの場合はリーマンショックが起こった2008年から2009年にかけても減配していない会社を選ぶことで、高配当株投資にふさわしい銘柄なのかをチェックするようにしています

なので、高配当株投資の対象となる銘柄は、ピカピカの新興市場の株ではなく、昔からある古い会社が中心となるのです。

2008年以前の配当金を確認するためにメルカリで数年前の会社四季報CD-ROMを購入しました。

配当性向は常にチェックを

それから、配当性向は重要なポイントでしょう。配当性向が100%を超えるような銘柄(EPSよりも1株配当が大きい銘柄)は投資対象から外すのも一考です。

このあたりは業績面からもチェックできるので、年に2回ぐらい(中間決算と本決算)はチェックすべきだと思います。

最後に

ということで、財務指標と高配当株投資の関係についてまとめてみますと

  • 難しい財務指標を知らなくても高配当株投資はできる
  • 投資するかの判断や会社の配当政策や配当性向をチェックすれば十分
  • 財務指標は株をやりながら少しずつ覚えていこう

こんなところでしょうか。

ワタシ

株式投資ってシンプルに考えることが重要ってつくづく思うよね~

 

参考記事です。我が家の高配当ファンドの運用ルールをご紹介しています。興味がある方はどうぞ。

高配当ファンド、2019年の振り返りと2020年の目標もこちらに書いています。

 

みなさんの参考になれば幸いです。それではまた!

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください