高配当ファンド

【高配当株運用】わが高配当株の運用状況~株価上昇によって買いたい銘柄がなくなりました…

今日は我が家で運用している高配当株運用の進捗状況をつらつらと書いていきます。

最近の株式市場は気持ちが悪いほど底堅いです。

米国ではこれから大統領選に突入しますし、冬にかけて日本国内でもコロナウイルスによる経済への影響はさらに深刻化することでしょう。

我が家で運用している高配当株投資ですが、株価が好調な影響もあって、買いたい銘柄がすっかりなくなってしまったのです。

ワタシ

TOBされたドコモを売って、もっと配当金がもらえるように高配当銘柄に乗り換えたいんだけどね…

でも、こんなときこそ焦りは禁物。株が欲しくなっても、焦らずにじっと待つことは重要。わが高配当株投資では追加投資はストップとなりそうな雰囲気です。

今日のブログまとめ
  • 日米株価は絶好調!コロナがなかったことに?
  • こんなときこそ投資方針の再チェックを
  • 待つのも相場を実践する

高値掴みしないように改めて投資方針を再点検してみましょう!

最近の株価動向

最近の日米市場の株価動向ですが、とにかく底堅いです。

最近ではトランプ大統領がコロナに感染、入院したために日米ともに一時的に株価は下げました。

しかし、それ以降も株価は上昇、とにかく地合いがいい状況が続いているんです。

かぶたんHPより

日本株のチャートはもみ合いを続けながらも少しづつ上昇トレンドを形成しているようにも見えます。

かぶたんHPより

米国株は上昇トレンドを形成してきましたが、9月中旬に一時大きく下落。それでも、少しづつ株価は持ち直している状況です。

米国株については、9月中旬の急落が「終わりの始まり」などと言う株クラスタが多かった記憶があります。まだまだ予断を許さない状況にありますが、株価は少しづつ持ち直しているようにも見えます。

株クラの声がいかにいい加減で、当たらないものか身に染みて感じてしまいます。

そう信じられるのは自分だけ。

いずれにしても日本株、米国株ともに大きく上昇し、もはやコロナ前の株価水準まで戻っている状況にあります。

ワタシ

株価的にはコロナショックがなかったことになりつつあるわけだ…(←年初来まだまだマイナス)

投資方針の再点検を重視する

高配当株投資と運用ルール

株は不思議なもので、株価が上昇すると欲しくなるという傾向にあります。

今の株価水準が高いの低いのか、これから上がるのか下がるのか、それは誰にも分かりません。

ただ、できることと言えば、

  • 株価が買える水準まで待つこと
  • 買える水準を再確認すること
  • 買える水準まで下がるのを祈ること

我が高配当株投資の運用ルールはこんな感じです。

わが高配当株投資のルール
  • 配当利回りが4.4%超であること
  • 過去10年間営業利益で赤字がないこと
  • 2009年以降減配がないこと(記念配、特別配は除く)

私は一貫してこのルールを守ってきました。株価がこれらを満たす水準になるまでは積極的に買い、満たさなければ株価水準が落ちてくるまでじっと待つ、これの繰り返しなのです。

詳細のルールはこちらにまとめてあります。

高配当ファンド(通称LTIファンド)の投資方針(1.3版) rawpixel / Pixabay 本ブログでもポートフォリオの見直しが入るたびに更新している高配当ファンド。名称をLTI_フ...

これまでの売買履歴を振り替える

一見、買い場ではないと思われるときこそが実は本当の買い場だったりするわけです。

コロナ禍以降の半年間、先ほど挙げた投資ルールを満たす銘柄はごろごろ発生していました。

ワタシはどんどん買い入れを進め、結果、いくつかの銘柄で減配を食らい撤退を余儀なくされました。

でも、半数以上の銘柄で高配当を維持してくれ、今の時点で大きな含み益を得ることができました。

相場が大きく下落したとき、業績が一時的に悪化したときこそ、大きな買い場。

経済見通しが悪いから、とか、スマホ代削減は国策だから、とか、一見知的で根拠のありそうな理由でも、そんなことで投資判断をしてはいけないってことです。

投資においては絶対ルールを決めて、それを着実に実行する。このことこそ一番大事なんだってことを実感します。

今後の方針

わが高配当株運用の今後の方針ですが、投資対象となる銘柄がない以上、当面の間は様子見、ということになります。ただし、

  • 春先から一方的に上昇し続ける株価
  • コロナの実体経済への影響はこれから
  • 秋から冬にかけてコロナ感染者増
  • 大統領選

などなどリスク要因はいっぱいあるでしょうし、どこかで急落する場面も想像できます。

  • 今は下落に備えて資金をキープする
  • すぐに対処可能となるように監視銘柄を整理する
  • 日々の株価に注視する
  • いつでも買いを入れる心構えをもつ

こんなことを考えて相場と対峙していきます。

最後に

geralt / Pixabay

ということで、今日は、高配当株投資+長期投資の目線で見た最近の相場動向と投資方針について整理してみました。

投資手法やリスク許容度などは個人によって様々です。これからも波乱含みの展開が待っているかもしれません。

そのときの状況に合わせて行動できるように日ごろから準備していきましょう!

関連記事です。

高配当株投資の直近の成績です。まだまだ年初来マイナス、がんばらないと~

配当金生活を目指す高配当ポートフォリオの運用成績【2020年9月末時点】 2020年9月の運用結果は?? 2020年9月の我が高配当ファンドの運用成績を発表します。 9月の株式市場は、日本株もみ合...

最近の購入ではNTTとKDDIです。長期的には良い買い場と思うのですがどうなることやら…((^-^;

【高配当株投資】日本株がもみ合いを続ける中、購入したのはあの話題の銘柄 日本株は相変わらず、もみ合い状態が続いています。ただ、米国株も弱含みの展開となっており、いつ急落してもおかしくない状況と言えます。 ...

コロナショック後に購入した銘柄の売買動向です。うまく行っているものあればうまく行っていないものあり、株って難しいよね!

【高配当株投資】コロナショック以降の高配当株の売買とその後を振り返ろう コロナショックが始まって早半年が経過しようとしています。 わが高配当株運用でも衝撃の暴落に耐え、国内個別株に追加投資を敢行してき...

   

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください