高配当ファンド

【高配当株投資】若いファミリーに送る高配当株運用をおススメする理由

今日は、お子さんのいるご家族に向けて、高配当株投資を勧める理由をまとめてみたいと思います。

ワタシも高配当株投資を続けて丸9年が経過しようとしています。

高配当株で運用する中で、色んな経験もし、本を読むなど勉強もしてきました。そんな中で思うこと、それは…

ワタシ

やっぱり高配当株投資って、やっておいて損はないよな~(しみじみ)

でも、きっとこんな風に思う人も多いと思うんです。

よめちゃん

株?株なんて損するからやめておいたほうがいいって

通りすがり

高配当銘柄って儲からないっていうじゃん、やっぱ成長株のほうが良いよ。

興味はある人

そもそも株なんてどうやっていいか分からないし、難しそうなんだよね。

でも、ワタシは高配当株投資のメリットはたくさんあると思っています。

高配当株運用のメリット
  • 運用ルールが明確で分かりやすい
  • 定期的に配当金がもらえる
  • 日々の値動きにとらわれることがない
  • 長期投資に徹することができる
  • 株に割く時間もそんなに必要がない

もちろん、高配当株もデメリットがあります。このことも踏まえながら高配当株投資についてまとめます。それでは行ってみましょう!

高配当株運用と子育て家族

まあ、よく、株式投資の中では、成長株のほうが良いとか、インデックス運用がベストだとか、色んな議論がネットでも交わされています。

でも、この議論って根本が誤っていると思うんです。

だって、目標って人それぞれなんです。また、どれぐらい儲けたいか、とかどのくらい株に時間を割けるライフスタイルなのかとか、全然違うワケじゃないですか。

一番大事なのはその人にとってぴったりの運用方法を見つけること。

ワタシは子育てや共稼ぎの家族には高配当株投資って向いていると思うんです。

  • 高配当株投資なら定期的に配当金がもらえる
  • 配当金は再投資するのもよし、子育て費用に充てるのもよし
  • 運用にかかる手間が少ない

基本、子育て家族は忙しいんです。

平日は保育園の送迎や小学校ではPTAとかイベントの手伝いとか。

独身のように株中心の生活を送るって絶対にムリなんです。そんな人でも株で資産形成できるのが高配当株投資なんです。

高配当株投資のメリット

では、高配当株投資のメリットをまとめてみたいと思います。

運用ルールが分かりやすい

ここでいう運用ルールとは…

  • どのような銘柄に投資するか
  • どうなったら売買するか

このルールが分かりやすいということなんです。例えばワタシの場合

・安定的に配当を出してくれる会社が魅力的な配当利回りになるまで株価が下がったら買い

・減配か赤字になったら売り

基本的なルールはこれだけです。具体的にはこんなルールを定めています。

  • 配当利回り4.4%超
  • 2009年以降減配がない
  • 過去10年間営業利益ベースで赤字がない
  • 減配または赤字になったら売り

超シンプルでしょ?難しい知識も必要ないですし、時々保有銘柄のチェックをしてあげれば済む作業です。

高配当ファンド(通称LTIファンド)の投資方針(1.3版) rawpixel / Pixabay 本ブログでもポートフォリオの見直しが入るたびに更新している高配当ファンド。名称をLTI_フ...

このようにシンプルなルールで運用できるのがメリットです。

長く続けられることができる

  • ルールがシンプルで負担が少ない
  • 配当金が増えて達成度が見える化される
  • 途中で投げ出したりする要素が少ない

→だから長く続く!

ルールがシンプルということは長く続けられる可能性が高いってことです。

だって、毎日何時間もやらなければいけない作業があるなら、そんなの絶対に続けることは無理じゃないですか。

ワタシの場合も高配当株投資にかける時間なんて2週間に1回ぐらいの割合ですよ。これならそんなに負担感もないはずです。

あと、株で長くつけられるコツって精神的なものも多いんです。

実際に株を買って大損してしまって心が折れて辞めてしまった…そんな方もいると思うです。でも、株の世界で一番大事なのは長く続けること

高配当株投資の場合、株の値上がり益を狙うというよりはいかにたくさんの配当金をもらうかが目標になります。

そのような観点で考えると…

  • 株価が下落しても動じなくなる
  • 暴落時には安く買えるので喜びを感じるようになる
  • 追加投資すればするほど配当金が増える

精神的にも安定して運用でき、結果、株式投資を長く続けることができるようになるのです。

安定した配当金を受け取れる

高配当株投資の目標は、いかに安い価格で株を買い、配当金を増やすかにあります。

もちろん、値上がり益で利益を上げることもできますが、それは副次的なものです。

値上がり益を狙う株式投資はいろんなことを考えて毎日運用に時間を割かなければなりません。

  • その会社の業界の伸びはどうか
  • その会社の業績は伸びるのか
  • その会社の成長性とあわせて今の株価は安いのか

などなど(一例だけですが)。要は、この会社の未来と株式市場の評価を予測(想像)して運用しなければいけません。そしてこの作業は簡単なものではないんです。

その点、高配当株運用では難解な予測よりも、過去の実績を重視します。

  • 過去に減配したことはなかったか
  • その会社の配当政策はどうなのか
  • 業績は不況時にも安定しているのか

デビッド・L・バーンセン著の「配当成長株投資のすすめ」という本の中でもこのような一説があります。

健全で安定した企業に再投資した配当を複利運用することが富を築く優れた方法であろう。支払い配当によって増大したキャッシュフローから引き出すことがマーケットタイミングを間違えるというリスクにさらされずに…(済む)防衛的な方法であろう。

デビッド・L・バーンセン著「配当成長株投資のすすめ」より抜粋

まあ要はマーケットタイミングを計るよりも、配当金をもらう投資法の方が堅実でしょ、ということをこの本の中で述べているわけです。

日々の株価は関係がない

株式投資と言う株価を日々チェックして…なんていうイメージがあるかもしれませんが、高配当株運用ではそんなことを気にする必要がありません。

気にするのは、その会社が配当を続けるのか減配するのか、業績は順調なのかという点のみです。

だからxxショックのような大暴落が起きても関係ないんです。

ワタシ

むしろ、安くていい株が買えるよ、ラッキーぐらいなことしか思わんよね。

日々の株価に右往左往しない、どっしりと構えられる投資法であるのです。

受け取った配当金は自由に使える

証券口座に入金して高配当株を買えばそれだけ配当金もたくさん受け取れるようになります。

配当金は再投資するのがベスト。ワタシの場合は、将来のじぶん年金や子どもたちの教育資金を貯めるために配当金を再投資に回しています。

もちろん、ケースによっては自由に使うのもよいでしょう。

自分の趣味のほか、子どもの日用品などに充てるのもよいと思います。こうすることで配当金をもらえる実感も沸き、高配当株投資へのモチベーションも上がってくることと思います。

ワタシ

ただ、株式投資は余裕資金でやるのが鉄則だよ。

高配当株投資の注意点

メリットの多い高配当株投資ですが、当然デメリットもあります。

まず、高配当株投資ではすぐにお金持ちにはなれません。また、大きな儲けも期待することはできません。

配当利回り5%の株を100万円買ってももらえる配当金はわずか5万円程度です(さらにここから税金も引かれる)。

なので、コツコツタイプの投資手法であることを忘れてはいけません。

また、高配当株投資と言っても、配当利回りが高い銘柄を買えばいいというものではありません

配当利回りが高すぎる株を買うと大失敗につながることも多々あります。そこにはちょっとした見極め方が必要です。このことは後日記事にしようかなと思っています。

ワタシ

少なくともネットやマネー雑誌の「高配当株ランキング」を安易に信用にすると事故るから気を付けたほうが良いね。

最後に

ということで、今日は私が忙しい子育て家族に、高配当株投資をおススメする理由をまとめてみました。

これからの将来、子育て家族には不安がいっぱいです。

  • 子どもの教育費用
  • 両親の介護
  • 増大する社会保障費
  • じぶんたちの老後資金

とにかく、カネが必要な世の中なんです。そのためには一日も早い準備が必要になります。

ぜひ、みなさんも高配当株投資、実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事です。

【高配当株投資】日本株が急落した結果、高配当株の追加投資を実行しました! 今日は我が家で運用している高配当株投資の進捗状況を報告します。 先日の記事でもあまりに株価が堅調すぎるので… ワタシ もう...
配当金生活を目指す高配当ポートフォリオの運用成績【2020年9月末時点】 2020年9月の運用結果は?? 2020年9月の我が高配当ファンドの運用成績を発表します。 9月の株式市場は、日本株もみ合...
【高配当株投資】保有中の高配当株は増配と減配とどちらが多かった? 2020年3月期決算銘柄1Qが概ね出そろう。 今日は、昨今のコロナショックで保有銘柄たちの配当金はどうなったのか、確認していきた...

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください