ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア
日本株

【高配当株投資】決算発表を受けて保有株の入れ替えを決行しました!

今日は個別株で運用している高配当ファンドの売買履歴をメモしていきます。

2021年3月期決算銘柄の決算発表も落ち着きまして、保有株の決算の結果や今期の配当金見通しなどが発表されました。

基本ワタシが投資を行うときは、永久保有のつもりで購入しますが、保有対象外となった銘柄はバシバシ売却することにしています。

長期投資なんて軽々しく公言するな、と叱られそうな気もしますが…

ワタシ

バフェットだって、長期投資って言いながら結構売買してるよね。

そう、理想と現実は違うのです。

株価の方はガッキーショックやセルインメイも乗り越えたようにも見えますが、夏枯れ相場という言葉があるとおり、このまま方向感のない展開も予想されます。

こんなときこそ、ポートフォリオの徹底管理が必要になります。

そこで今日は我が高配当株投資のポートフォリオ管理の考え方を踏まえ、実際の売買履歴をご紹介します。

高配当株投資の投資対象

我が高配当株投資の対象となる銘柄は、以下の条件を満たしたものに限定しています。

  1. 配当利回り4.4%超
  2. 営業利益ベースで過去10年間赤字がない
  3. 2009年以降減配がない(特別配、記念配は除く)

ひとつの配当利回り4.4%超は投資するときに重視する条件ですが、二つ目と三つ目が保有継続するかどうかの重要な判断基準になります。

つまり、決算の内容で売りと判断されるのは、

  • 営業利益が赤字になった場合
  • 減配となったとき

という二つのパターンのみということになります。

高配当株投資の場合、配当金は再投資に回すなど長期的な投資が前提となりますが…

よめちゃん

安易に減配するような会社の株を持っていても仕方がないわよね

長期投資と売却の考え方

ワタシのこのファンドの投資方針は安定的な配当金を受け取れることになります。

なので、安易に減配するような当初の見込みが外れてしまった場合は、未練がましく保有する必要はないと思っています。

また、減配になった銘柄、赤字になった会社を売却していくことで、投資方針に合わない会社をそぎ落とすことで、将来のじぶん年金に資するポートフォリオが強靭化されていくことにもなるのです。

さらに、決算発表は、自分の投資手法が正しかったのか、という答え合わせでもあります。

先ほどの投資条件は現時点でベストと思われるものです。少しでも良い投資ルールとするために日々改善できるきっかけにもなるのです。

【高配当株投資】負けた個人投資家の含み損が多い銘柄ランキングから学べること 高配当株で惨敗中? 今日は負けた「個人投資家の含み損が多い銘柄ランキング」からこれからの株式投資で負けないやりかたを探っ...

長期投資は目的ではなく、結果でしかありません。

会社は簡単にあなたを裏切ります。見込み違いがあった場合は、より魅力的な銘柄に乗り換える…こうした考えの下私は長期投資を実践しています。

保有銘柄の売買履歴

ということで前置きが長くなりましたが、2021年5月の売買履歴はこんな感じになっています。

売却した銘柄

今回売却した銘柄は以下のとおりです。

売却した銘柄

  • 1883 前田道路
  • 4544 h.uグループHD
  • 6306 日工
  • 6369 トーヨーカネツ
  • 8018 三共生興

いずれの銘柄も減配を発表したことにによる売却となります。

  • 前田道路 2221円で購入、2202円で売却
  • h.uグループHD 2,829円で購入、3,100円で売却
  • 日工 614円で購入、694円で売却
  • トーヨーカネツ 1,960円で購入、2,426円売却
  • 三共生興 320円で購入、501円で売却

今回の売りで機械のセクターの保有銘柄がなくなってしまいました。今後の課題ですね…

購入した銘柄

今回の決算発表を踏まえ、新たに2銘柄追加となりました。

購入した銘柄

  • 9422 コネクシオ
  • 4709 IDホールディングス

コネクシオは1,452円で100株購入、IDホールディングスは1,326円で200株購入となっています。

購入した理由はこちらの記事をご覧ください。

【高配当株投資】まだまだ買える?国内高配当株投資銘柄を探してみた! 我が家では高配当株銘柄を中心に個別株投資を行っている高配当ファンドを運用しています。 最近は、米国株も順調でNYダウは3万4千ド...
暴落したら買いたい高配当銘柄9選 高配当株投資家のうえつん@しがないサラリーマンです。 このブログでは個別銘柄投資で配当金生活を実現するためのプロセスを書き綴って...

最後に

ということで今日は個別銘柄で運用している高配当株投資の売買履歴についてご紹介しました。

売却5銘柄、購入2銘柄でキャッシュポジションが高まったうえ、追加投資資金が100万円以上あるので、余力が十分すぎる状態です。

今後も株価下落時には率先して新規銘柄への投資を決行していきます。

その様子は適宜このブログでもご紹介していきたいと思います。

関連記事です。

【高配当株投資】2021年初!高配当銘柄の新規組入れを決行しました 今日は我が家で運用している高配当銘柄投資の売買についてのご紹介です。 最近は、日米ともに株価が落ちそうで落ちないように見えますが...
DOE(自己資本配当率)のメリットとデメリットを調べてみる 今日はDOEという指標について調べてみることとします。 なぜ、DOEを調べてみることにしたのか? それは、とある銘柄が配当...
【高配当株投資】こんな人は信じてはいけない?高配当株投資家とは思えない6つの発言 最近、株価が好調ですね。そんな中、強気な発言が飛び交うネット界隈。 高配当株投資家と自称しておきながらも、本当に高配当株投資家な...

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください