普通のサラリーマンがセミリタイアを目指して
高配当株と節約で悪戦苦闘する姿を綴ります
節税

3月からマイナンバーカードで健康保険証の資格確認が始まります

かなり昔の話ですが、このブログでもマイナンバーカードで健康保険証の資格確認ができる、という記事を書きました。

マイナンバーカードと健康保険証が一体化されるってよ マイナンバーカードと健康保険証が一体化される? 先日、ニュースを見ていましたら、マイナンバーカードと健康保険証が一体化さ...
マイナンバーカードが健康保険証になる!その全容が明らかに? マイナンバーカードが健康保険証になるだって マイナンバーカードでポイント還元25%に賛否両論の世の中ですが、マイ...

ああ、もう1年以上前の話になるのですね…と気が付けばもう2021年3月が目の前ですよ。

わが家の近くの病院に行ってもですね、広報されている感じもしないですし、受付の事務員の人に聞いても…

マイナンバーカード?そうなの?

という答えしか返ってきません。ほんとに3月から始まるの?そんな印象を持っています。

今日は目前に控えた、マイナンバーカードと健康保険証資格確認の直近の状況についてまとめてみることにしました。

そもそもなんでマイナンバーカードを使うのか?

2021年3月から病院の窓口でマイナンバーカードが健康保険証として機能することになります。そのメリットって何があるのでしょうか。

病院側のメリット

マイナンバーカードを使うメリットとしては、健康保険証の資格確認が容易になる、というメリットが病院側にあるそうです。

病院にかかる人がその健康保険組合に加入していないケースもあり、そのときの病院の手間が相当大変なんだそう。

マイナンバーカードを読み取ることで、

  • 健康保険の加入状況が瞬時にわかる
  • 住所、氏名などの個人情報をマイナンバーカードから読み取れ、入力する手間がなくなる

こんなメリットが病院側にあるようです。

患者側のメリット

患者側にもメリットがあるようでして

  • 健康保険証を持ち歩かずに済む
  • お薬手帳との兼用
  • 限度額認定証が不要となる。
  • いずれは診察券や各種医療証と一体化

健康保険証とマイナンバーカードのワンカード化については、マイナンバーカードを持ち歩かなければいけないんでしょ?という印象です。

ただ、将来的に運転免許証も統合化されてくれば、マイナンバーカード1枚あれば済む、という感覚も生まれてくることでしょう。

顔認証の機器はこんな感じ

健康保険証代わりとなるマイナンバーカードは、病院の窓口に設置されている機械に置き、顔認証を行うことで本人確認とします。

マイナンバーカードは病院の窓口の事務員に渡すことがないように配慮されている模様です。

病院の窓口に設置される機械はこんな感じです。

厚生労働省説明会資料から抜粋

カードを読み取れる機能のほか、顔認証を行うためのカメラが実装されています。

マイナンバーカードと資格確認の課題

今年の春から開始となる健康保険証のワンカード化には大きな課題があります。それは顔認証機器の普及率です。

政府はこうしたマイナンバーカード対応の認証機器の普及率を6割としていますが、実際の普及率は約15%程度と低率です(2020年10月現座)。

この理由としては…

  • マイナンバーカードの普及率が上がらない
  • カード対応端末の導入に病院負担が発生する。
  • カード対応による効果が不透明

例えば、マイナンバーカード対応とするためには、機器の導入だけではなく、インターネット回線やこれを接続するための通信機器も必要となります。

NTT東日本のサイトによると、パソコンから認証端末、通信機器などのセット料金は以下のとおりとなっています。

機器台数初期費用
フレッツ光回線1回線32,780円
オンライン資格確認ルーター1台58,300円
オンライン資格確認パソコン1台99,000円
HUB1台2,200円
各種設定作業一式120,450円
項目(ランニング)台数月額費用
回線使用料1回線5,940円
機器保守一式2,200円

国は今後、マイナンバーカード読み取り機器の導入に当たって補助金等を出す予定とのこと。さてはてどれくらい導入が進むことやら…といった印象です。

最後に

ということで今日は、2021年3月から開始予定とされる、マイナンバーカードの健康保険証機能の導入についてご紹介しました。

個人的な意見として、マイナンバーカードに様々な機能が搭載されるようになれば、どんどん便利になってきますから、今回の健康保険証とのワンカード化は賛成ですね。

特にお薬手帳なんて全然使わないですしね、マイナンバーカードにこうした機能がついてくれるととてもありがたいですね。

でも、まだまだカードの普及率などを考えると、こうしたデジタル化の流れが定着するまでに四半世紀ぐらいは時間を要しそうな感じですね。

関連記事です。

【2020年最新版】マイナンバーカード対応スマホについてまとめてみた! マイナンバーカード対応スマホ関連記事へのアクセスが急増中 今日はマイナンバーカード対応スマホ(2020年最新版)の記事を...
マイナポイントがもらえるマイナンバーカードはいつまで申し込むべきか? 今日はマイナポイントがもらえるマイナンバーカードのことについて書きます。 義姉 マイナンバーカード、申し込まなきゃと思いつつ時間...
マイナンバーカードと運転免許証が一体化なるとどうなるのか調べてみました! 今日はマイナンバーカードと運転免許証が一体化することについてまとめてみます。 世の中デジタル庁なるものができてですね、ITを駆使...

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください