ショッピング

新型コロナウイルスが蔓延する中、ネットスーパーを利用するときに気を付けること

新型コロナウイルスで物不足が続く…

StartupStockPhotos / Pixabay

新型コロナウイルス発生からはや数か月。ワタシ達も感染しないように日常生活には気を付ける必要がありますが、一番厄介なのは食材などの買い出しに出かけること。

ワタシ

食品スーパーも混雑して濃厚密着状態だし、レジは混んでいるし、買い物も大変なんだよな。

  

そんなときに活用したいのはネット通販。宅急便のお兄さんが自宅まで運んでくれますしね。

でも、そんな便利さに世の中に知れ渡ったのか、最近になってネットスーパーがめちゃ使いにくくなってしまったのです。

今日は最近になって使いにくくなったネットスーパーの実態をまとめてみます。

ネットスーパーを使う場合の注意点

アクセス集中のためログインできない

新型コロナウイルスを避けるため、ネットで買い物しようとする人たちが増えているようです。

先日も、なにげにイトーヨーカドーのネットスーパーにアクセスしようとしたとき、アクセスが集中しすぎてログインすることができなかったんです。

今後も新型コロナウイルスが進行し、緊急事態宣言やロックダウンが宣言されるようになると、国民全体がパニック状態となって、同様のことが起こる可能性があるかもしれません。

配送が遅い

イトーヨーカードの場合、配送は早くて翌々日、遅ければ3日間後の配送となるようです(この辺りは配送エリアによります)。

また、西友ネットスーパーでは、4日後までスケジュールが埋まっているようで、実質、これはネットスーパーが使えない、ということでしょう。

この時期、大事なのは早め早めのお買い物かもしれませんね。

価格が高い

もともとイトーヨーカドーの食料品は安いと感じたことはないんですけど、この新型コロナウイルス発症時以降、特に商品が値上がりしているように思えました。

そこで、先日、かの有名なオーケーに行って買い物した商品とイトーヨーカドーネットスーパーで売られている商品の金額を比較してみることとしました。

商品 オーケー イトーヨーカドー
水2L×6本 348 598
牛乳1L 161 188
卵(赤玉) 218 248
ひき肉(牛・豚あいびき)450g 523 440
サバ3切れ 294 398
天然ぶり切り身(4切れ) 480 798
新玉ねぎ(大4つ) 198 198
パン粉180g 100 138
豚ロースブロック(800g) 768 714
顎だし(18g×14) 189 298
ポークビッツ2袋 229 378
マイタケ 98 98
ニラ 100 138
ごぼう 158
アスパラガス 98 98
スペインにんにく 98 128
イチゴパック(とちおとめ) 409

まあ、イトーヨーカドーとの比較を格安スーパーのオーケーと比較するもの可哀そうにも思えますが…

それにしても、総じてオーケーの20%以上高い値段設定をしていることが分かります。

ネットスーパーは配達してくれますし、多少お金を払っても買い物に行ったり、行った先の売り場で買いたいものを探したりする手間も省けます。

なので、多少値段が高いのもうなずけます。

でも、この値段差は大きすぎるんじゃないですかね

この時期にネットスーパーを利用する場合は、多少の値段の高さも許容してあげないといけませんね。

最後に

nattanan23 / Pixabay

ということで最近になって使いにくくなったネットスーパーの理由をまとめてみました。

今のご時世、不要不急の外出は控えるなど気を付ける点はたくさんあります。ネットスーパーはこれらの問題を解決してくれるものですが、使い過ぎは支出ばかりがかさんでしまいます。

なんでもかんでもネットスーパーに頼りすぎることなく、最低限の利用とすることで無駄な出費を抑えていきたいところですね。

ワタシ

とりあえずセブンアイHDの株価や業績推移を調べておこうかな、なんとなく儲かってそうだし

 

それではまた明日!

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。